« Out of Stock | Main | 年末大掃除 »

Dec 27, 2004

イースト・ヴァージニア・ブルースほか

 先週はこれまた聴いたのが3枚。未聴盤は増える一方。とほほ。でも、疲れてるんだろうなあ、音楽に集中できない。肩こりもひどいし。さて。

V.A. - East Virginia Blues (Bluebird 82876 60085 2)
Ocie Stockard & The Wanderers - Western Swing Chronicles Vol.3 (OJL-1002)
Harry Parry & His Sextet - Parry Opus (Vocalion CDEA6101)

east_virginia_blues

 ブルーバードのは、地道にリリースされ続けている「When The Sun Goes Down」シリーズの10集目で、本盤は戦前白人ブルース集となる。実はこのシリーズを買うのはこれが初めてなのだが、まずもって音がいいのに驚いた。高音質だと言うのは聞いていたけど、これほどとは。編集についても有名無名の配分といい、選曲といい、これは大推薦盤。Roy Shafferの歌う「マッチボックス・ブルース」にいたく感動した。
 で、引き続き白人ものを聴くぞ、というわけで、オシー・ストッカード。彼はミルトン・ブラウンのミュージカル・ブラウニーズのオリジナル・メンバーで、テナー・バンジョー奏者。ウェスタン・スウィングがスウィング・ジャズの要素を盛り込んでいるとは言え、これを聴くとその垣根はほとんどないに等しい。技術的にもかなりのハイ・レヴェルで、聴き応え満点。ところでこのレーベルを見て、戦前ブルース・フリークならすぐピンと来ると思うが、そう、オリジン・ジャズ・ライブラリーである。ただかつてのイメージとは違い、ブルースは出していないようだ。
 最後はイギリスの白人ジャズメンで、40年代の録音。クラリネット奏者の彼は、ベニー・グッドマンの影響大といった感じだが、もちろん格は一も二も下。演奏は毒にも薬にもならないといったところ。もう少し聴き込めば印象が変わるかもしれないが、残念ながら今はその気力がない。

|

« Out of Stock | Main | 年末大掃除 »

Comments

はじめまして。「フィドル少年漂流記♪」というブログを作っています。私のHPのゲストブックのメッセージを見逃していました。どうも失礼しました。リンクなどご自由ですので…。今後ともよろしくお願いします。

Posted by: twin_lens | Jan 01, 2005 at 13:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/2392934

Listed below are links to weblogs that reference イースト・ヴァージニア・ブルースほか:

« Out of Stock | Main | 年末大掃除 »