« マースド・ブルー・ノーツ | Main | モートン / ファッツ »

Jan 23, 2005

Madeleine Peyroux

デビュー・アルバム"Dreamland"から実に8年ぶりとなるマデレイン・ペルーのセカンド・アルバムが、昨年ブルース・ファンにお馴染みのレーベル、ラウンダーからリリースされた。

Madeleine Peyroux - Careless Love (Rounder 11661-3192-2)

madelein_peyroux

ペルーというと、ビリー・ホリデイそっくりの歌い口が何かと取りざたされるが、彼女自身のアコースティック・ギターによるジャズ、ブルースの弾き語りも素晴らしく、そうしたシンガーであり、かつプレイヤーであるという部分があまたの美人系女性ヴォーカルとは一線を画しているところであり、彼女のアドヴァンテージとなっているところでもある。またバンドサウンドにしても、そのシンプル指向は非常に好ましいものであった。

今作は、ボブ・ディラン、ハンク・ウィリアムスから、ジョセフィン・ベイカー、そしてもちろんビリー・ホリデイとバラエティ豊かな選曲ではあるが、どれも濃厚なジャズ風味を漂わせ、統一感ある音に仕上がっている。
前作に比べ、バンドサウンドに厚みも加わり、シンプルさという点では多少損なわれてはいるが、彼女のインテリジェンス溢れるスモーキー・ヴォイスは全編にさえ渡っている。女性ジャズ/ブルース・ヴォーカルのお薦めの1枚。

Madeleine

|

« マースド・ブルー・ノーツ | Main | モートン / ファッツ »

Comments

いいもの紹介感謝です。
彼女とWilliam Galisonの共演盤も聴きましたが、
これがまた良かったです。
カーリー・サイモンまで出てくるとはね。

Posted by: すか | Feb 16, 2005 at 02:18

まいどです。
未聴盤を押しのけて聴いてくれたのですね(笑)。
でも気に入っていただけたようで、良かったです。
しかし、もうそこまで聴き進んでおられるとは…。
ところで地震は大丈夫でしたか? 結構強かったようですが。

Posted by: 山崎 | Feb 16, 2005 at 07:49

はじめまして。山崎様。
如月わかめさんのブログからこちらへお邪魔しました。
音源紹介本当にありがとうございます。
貧困になりつつも心が豊かになりました。
なんとMadeleine Peyroux来日予定もあるのですね。
こちらはNine Statesと遠方なので残念です。

山崎様の紹介されてる気になる音源が他にもズラリと......。

Posted by: とりはち | Apr 22, 2005 at 17:01

ようこそおいでくださいまして、ありがというございます。
私も貧困街道まっしぐらですが、ただ自分でも呆れるのは未聴盤が山のようになっているにもかかわらず、CDやらLPを買い続けているということで。まったく何ともはや。
とりはちさんのところへも時々はお邪魔したいと思いますので、その時はよろしくお願いします。

Posted by: 山崎 | Apr 23, 2005 at 00:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/2672148

Listed below are links to weblogs that reference Madeleine Peyroux:

« マースド・ブルー・ノーツ | Main | モートン / ファッツ »