« アルカディア・シャッフル | Main | フェンダー・ギター・スリム! »

Jan 08, 2005

ブルース・カレンダー

驚愕のチャーリー・パットンの全身写真を表紙に、しかも噂のウルトラ・レアな音源を収録したCDまでもおまけに付け、一部にはカレンダーがオマケでは?との声もあったが、ともあれブルース・イメージ社の2004年版ブルース・カレンダーは一躍ブルースファンから脚光を浴びたのである。

2005calendarそして昨年夏に出た2005年版である。大方の予想通り、大幅にパワー・ダウンしての発売となった。
思い返せば2004年版のカレンダーが出たとき、レア音源提供者であるジョン・テフテラーは、キング・ソロモン・ヒルの発掘SPのもう片面を「2005年版カレンダーに付けるぞ!」と言ってお預けとしたのである。昔のテキ屋を彷彿させる、今時珍しいセコイ商法ではあったが、ま、そこまではいい。ところがその後、その肝心の音源をすぐさまヤズーに提供するという、大チョンボをやらかし(もちろん確信犯的行為であろうが)、豪華なおまけというイメージだったCDをホントのオマケにしてしまったのは何ともマヌケな話であった。それでもさすがに目玉がこれじゃだけじゃマズイと思ったか、大盤振舞とばかりに付けた音源がこれまた今さらながらのブラインド・ジョー・レイノルズ。とほほの上塗りか。

そんなことよりカレンダーである。実はこれが以外と実用的な作りになっている。メモを書き込むスペースがあるし。もちろん、当時のSPの宣伝用イラストを各月に配したブルース・ファンの心くすぐるデザインは昨年同様。しかもカレンダーの利点を生かしたブルースマンの誕生日/死亡日といった、嬉しいような嬉しくないような豆知識も満載である。
しかし、難点が一つ。輸入ものであるため仕方がないとは言え、祝祭日が分からないのである。これはカレンダーとしては結構痛い。実は去年も2カ月ほど壁にぶら下げていたが、結局近所の書店でもらったカレンダーに掛け替えてしまった。
そこでそういった点を踏まえ、この際、日本版として大安、仏滅等の入ったものを作ってはどうかと以前から提唱してきたわけだが(誰にだ)、残念ながら今回もそれは実現しなかった。

さて今年はというと、今のところ壁に掛けて使っている。やはり昨年と同じくメモ欄に新年会やら散髪予定日、はたまた「7時半よりゴミ出し説明会」なんていうのを太書きマジックで遠慮無く書き込んでいる。う~む、どうだ、この台無し感。あなたもどうでしょうか。

|

« アルカディア・シャッフル | Main | フェンダー・ギター・スリム! »

Comments

TBありがとうでした。
こちらからもさせていただきましたよ。

いいですねぇ、台無し感。(笑)
それに私も大安、仏滅等が入った日本版をお願いしたいところですが、今年のもそれは無理でしょうねぇ…。

Posted by: lyne | Jul 15, 2005 at 13:39

あのカレンダーの難点はもう一つ。
両面印刷なのですよ。
できれば使い終わった月は小さく切って
メモ用紙として再利用したいところなんですが、
それができんのです。
この点もぜひ改善願えればと思っているのですが。

Posted by: 山崎 | Jul 15, 2005 at 14:52

げっ!
め、め、メモ用紙ですか…。
アタシはお陰さまでそんなにメモ用紙にゃ困ってない(笑)。
多分きっと何かに使えるからってとっておくかな?どうせ何年かして捨てるんだろうけどね(汗)。

Posted by: lyne | Jul 15, 2005 at 19:49

メモ用紙は足りてましたか(笑)。
じゃあ、子供の落書き用にとか…。
え? それも困ってない?

Posted by: 山崎 | Jul 15, 2005 at 20:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/2507902

Listed below are links to weblogs that reference ブルース・カレンダー:

» 早く来い来い・・・ [Blues’n Blog]
「カレンダー」はどこかから貰うもので買うものではないと思っている私ですが、過去に1度だけ、アメリカに旅行した時、向こうのBook Storeでブルース・カレンダーを購入しました。 もう随分前のことで、幾らだったかさえも覚えていませんが…。 その後アメリカに住む友人... [Read More]

Tracked on Jul 15, 2005 at 13:28

« アルカディア・シャッフル | Main | フェンダー・ギター・スリム! »