« モートン / ファッツ | Main | ジョニー・ガルニエリ »

Jan 30, 2005

マウンテン・ジャーニー

今年はオールド・タイム~ヒルビリーといったところを今まで以上に積極的に聴いていこうと思っている。と、そこへちょうどタイミング良く興味を引くコンピが出たので早速買ってみた。
Mountain Journey: Stars Of Old Time Music (Rounder 11661 0546-2)

Come to the Mountain: Old Time Music for Modern Times (Rounder 11661 0547-2)

mountain_journey

come_to_the_mountain

2枚ともラウンダーが持つオールド・タイム系の音源をあれこれと詰め込んだサンプル盤みたいなものとなっている。
オールド・タイムとは言ってもここに収録されているのは70/90年代という比較的新しめの録音ばかりで、門外漢の私には誰が誰だかはさっぱり分からない。ブルース・ファンにも馴染みのある名前といったら唯一コーリー・ハリスくらいか。
しかし、さすがにオールド・タイム系には強いレーベルだけあってどれも聴き応えはあるし、何よりも編集の妙と言うのか最後まで飽きさせることなく聴かせてくれるのが嬉しい。それにしてもオラ・ベル・リードって、何とも言えない良い味してるなあ。


さて、先週のハイライトはこれ。
Willie Hightower (EMI 7423 577136 2 7)

img047ちまたで評判のウィリー・ハイタワー。多少遅れはとったが、アマゾンでもようやく扱うようになったので予約注文。無事入手できた。
実はCCCDということで二の足、三の足を踏ませたが、この際は買うしかない。ほんとはイヤだけど。
ハイタワーの土ぼこり的男っぽい声は、まさに理想のサザン・ソウル声。ひとつ聴いてはため息、ふたつ聴いては涙するといった具合。胸を締め付ける感動の一枚。よし、今週も聴いて感動するぞ。

|

« モートン / ファッツ | Main | ジョニー・ガルニエリ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/2749250

Listed below are links to weblogs that reference マウンテン・ジャーニー:

« モートン / ファッツ | Main | ジョニー・ガルニエリ »