« テイタム・ライヴほか | Main | R&B SINGLES 1942-2004 »

Mar 27, 2005

ピーナッツ・ハッコー

ジャズ・インストゥルメンツの中で、ピアノと並んで最も好きなのがクラリネットだ。クラリネットなんていうと、(少なくとも)ジャズにおいては絶滅が危惧されるほど衰退している楽器だけれど、私が普段聴いている20~40年代のジャズ・シーンでは花形楽器だった。だから私の中では「衰退」なんて言葉とはまったく無縁の今も現役真っ只中の楽器というわけなのである。

peanuts_huckoさて、ピーナッツ・ハッコーというちょっと変わった名前のクラリネット奏者がいる。ベニー・グッドマン・タイプのスウィング・スタイルで、ジョー・マーサラ、ベニー・グッドマン、ジャック・ティーガーデンといったバンドを渡り歩き、70年代にはグレン・ミラー・オーケストラのリーダーとして来日もしている。
ハッコーのクラリネットは余計な装飾を一切排し、メロディをただ吹くだけ。あるのはスウィングのみという、ジャズがまだ難しいことを言わずに分かりやすい言葉で歌っていた良き時代のクラリネットだ。
「分かりやすい」というのは、一方で飽きやすいということでもあるけれど、ハッコーのクラはふとした拍子に口ずさんでしまうほど私の中に焼き付いている。飽きるということは、一人の人間の記憶の中に住み着いてしまうほどの力を持っているということの証でもあるのだ。

ジャケットを載せたタイムレス盤は、40年代半ばグレン・ミラー空軍バンド在籍時のパリ録音で、ジャンゴ・ラインハルトの名前も並んでいる。
Peanuts Hucko - Glenn Miller's G.I.'s in Paris 1945 (Timeless CBC1051)

|

« テイタム・ライヴほか | Main | R&B SINGLES 1942-2004 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/3462881

Listed below are links to weblogs that reference ピーナッツ・ハッコー:

« テイタム・ライヴほか | Main | R&B SINGLES 1942-2004 »