« いづみや | Main | 陶器市 »

Apr 30, 2005

ユタ・ヒップ

jutta_hipp少し前にアル・ヘイグについて触れているとおり、別にオールド・ジャズばかりを聴いているわけじゃない。モダン以降のものだって、たまにだけど聴くのだ。まあ、ヘイグにしたって十分古いかもしれないけど。
で、この『ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップ Vol.1』もモダン・ジャズの中では好きな一枚。いや正確に言えばオールドもモダンも関係ない。別に時代で聴いている訳じゃないし。とにかく昔からこのレコードが好きで、今でも一年に一度、棚から取り出して聴いている。
ユタ・ヒップはドイツのクラブで演奏しているところをレナード・フェザーに見いだされ、55年、アメリカの土を踏むことになる。アルバム・タイトルにあるヒッコリー・ハウスというのはニューヨークにあるステーキ・ハウスで、これはそこでのライヴ録音盤である。
まずフェザーのMCが入り、続いてヒップが今にも消え入りそうな声で曲紹介、1曲目の"Take Me In Your Arms"がスタートする。
緊張のあまり、指がもつれているんじゃないかと思わせるようなガチガチなピアノの音。しかし彼女のピアノはスウィング感にあふれ、そして何よりもプレイから伝わってくるひたむきさが胸を打つ。
演奏が進行するにつれ緊張も和らぎプレイが徐々に精彩さを増し、彼女のピアノがクールかつメロディックに歌い始める。
とてもいいライヴ盤だなと思う。

彼女はブルーノートに本盤を含め3枚のアルバムを残すが、結局のところそれほどの評価・成功は得られず、音楽活動に終止符を打つことになるのである。

|

« いづみや | Main | 陶器市 »

Comments

ギタリストを検索していて、ここに来ました。
音楽しか楽しみのない自分にとって
大変、有益な内容で痛く感激しています。
これからも、ちょくちょく覗かせてくださいませ。

Posted by: ち~旦 | May 02, 2005 at 21:41

ち~旦さん、コメントありがとうございます。
トラックバックまで付けていただいたようですが、実は私、
このトラックバックというのが今イチどう対処すればいいのか
よく分からないので、コメントをいただいて良かったです。
sagaのコンピは私も何枚か持っておりますが、なかなかいいですよね。

リンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。

Posted by: 山崎 | May 02, 2005 at 23:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/3926939

Listed below are links to weblogs that reference ユタ・ヒップ:

« いづみや | Main | 陶器市 »