« アルバート・コリンズ 45s | Main | Hot Club Quartette »

May 27, 2005

Kingfish Blues

tampa_rca好きな戦前のブルースマンを三人挙げよと言われれば、チャーリー・パットン、トミー・ジョンスン、そしてタンパ・レッドということになる(2005年5月現在)。
ロバート・ジョンスンは挙がらない。偏屈だから、私。
この中ではタンパ・レッドがちょいと浮いているように思えるかもしれないが、理由は簡単。とにかく私、この人の声が好きなのだ。

タンパといえば「イッツ・タイト・ライク・ザット」の大ヒットに味をしめて大量に録音された、無反省なホウカム・ナンバーにはうんざりさせられることもあるけれど、その後の汚名返上(?)となったブルーバード録音がたまらなく良かった。
かつて、RCAのヴィンテージ・シリーズの1枚、"Bluebird Blues"に収められていた "Kingfish Blues"の力まず、がならずのちょっと力の抜けたヴォーカル。どちらかと言うとブルースマンらしくない線の細い声なのだが、実に私の好みだったのである。
さてそうなると当然のことながら「もっと!」となるわけだが、その直後にタンパの決定盤と言われていた米国ブルーバードの2枚組LPをタイミング良く入手できた。あの時のこみ上げてくるような喜び!

タンパ・レッドは押しつけがましいところもないし、飄々としていて迫ってくるようなすごみもない。だから飽きずに今でも聴いていられるのだなあ。

|

« アルバート・コリンズ 45s | Main | Hot Club Quartette »

Comments

あ、こんばんワ~
先日はどうも ビックス・バイダーベックさんの
件でアドヴァイスありがとうございました
(なんとか格安でLPゲットできました)、

チャーリー・パットンさんは先日例の映画で
ギター弾くの観られましたが
ムチャクチャ(年季の入った)スケベそうな
手つきで弾いてられたのが印象的、

ロバ・ジョン挙げない?(ギター部門)でも?
偏屈ですネ(僕は修行が足りんみたいデス)。

Posted by: ドクター | May 27, 2005 at 21:21

あ、上記「チャーリー・パットン」さんは
サン・ハウスさんの間違いでした
(僕は修行が足りんみたいデス)。

Posted by: ドクター | May 27, 2005 at 21:27

ギター部門でしたら、ブラック・エイスとか…。
でもピアノの方が好きかなぁ。
はい、偏屈です(笑)。

私はまだその「例の映画」を観てないんですが、
おもしろかったですか?

Posted by: 山崎 | May 28, 2005 at 10:02

映画?ドクターをクリックしていただき
スクロール、左のブルーズのカテゴリーを
クリックいただくと(お恥ずかしくも)
コメント書いてます、

山崎さんなら「ソウル・オブ・マン」の方が
オススメかな?
変態(あ、失礼)偏屈な山崎さんなら
「下らん!」なんちゃって映画館で
暴れ出さないよう(老婆心ながら)
気をつけて下さいますようお願い
しておきます(笑)。

Posted by: ドクター | May 29, 2005 at 16:17

暴れる?私が?
ご心配ご無用。
私は偏屈ではありますが、反面、羊のごとく
気弱でおとなしい人間でもあるのです。

ドクターさんのブログ拝見しました。
いや、前から時々のぞいてはいたのですが、
いつ見てもニーノ・ロータのジャケが出てくるので
なかなか更新しないなぁと思っていたのです。
それがいつの間にか…。
新着記事が下に出てくるのですか?
それにしても「例の映画」、やはり観とかなくては
なりませんね。
今度おじゃまします。

Posted by: 山崎 | May 29, 2005 at 21:27

好きなブルース・メン、3人ですか。う~ん、わたしもロバート・ジョンスンは挙げませんね。ブラインド・ブレイクは真っ先に挙げるんだけどね。ロバ・ジョン、もちろん嫌いじゃないけど、10人選べといわれても入らないか。ごめんね、ロバ・ジョン!

Posted by: つっち~ | May 30, 2005 at 10:48

え?ブラインド・ブレイクが真っ先?!
これは意外でした。私はてっきりロニー・ジョンスンかと…。
で、10人でも入りませんか、ロバート・ジョンスン。
私は20人なら入れてやらないでも(笑)。
ま、大サービスではありますが。
すまん、ロバート!

Posted by: 山崎 | May 30, 2005 at 13:01

パットン・トミジョン・タンパ最高.....
ノアルイズ・マーロン・タイツはじめたころギターのたけまつとギター・デュエットで「Tommy Johnson」という曲やってました。スライド・ギターはじめたころタンパのオープンDのインストばっかやってました。パットンの「Poor Me」ヤズー盤のコード解説読んで弾いてみたんですけど全然あーいうふうにならなかった。
つっち~師匠がブレイクっていうのも山崎さんと同じく意外!ブレイクすか!
ロバート、色男ってのがどうも...
嗚呼ろばーと!

Posted by: ノアレコ阿部 | Jun 01, 2005 at 21:28

阿部さん、まいどです!
その"Tommy Johnson"という曲、ぜひ聴いてみたいなぁ。
それにしても、つっち~御大の「ブレイク真っ先」発言は
波紋を広げておりますねぇ(笑)。
ブレイクといえば、バイオグラフのLPで…って、長くなるので
やめときます。
どなたか、ペグ・レグ・ハウエルが真っ先なんていう好き者の方、
いますかぁ。

Posted by: 山崎 | Jun 01, 2005 at 23:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/4294800

Listed below are links to weblogs that reference Kingfish Blues:

» チャーリー・パットン [ブルースが大好き!]
ブルースをさかのぼっていくと、デルタブルースに あたり、そしてそのデルタブルースの創始者と 言われているのが、チャーリーパットンです。 住んでいた、ドッケリー農場がブルース発生の地と まで言われております... [Read More]

Tracked on Oct 25, 2005 at 07:40

« アルバート・コリンズ 45s | Main | Hot Club Quartette »