« Kingfish Blues | Main | Out of Stock - Vol.2 »

May 28, 2005

Hot Club Quartette

ここ2,3年、「ホット」だの「クラブ」だのといった単語の付いたバンド名をやけに目にするが、要するにこれはジャンゴ・ラインハルトのフランス・ホット・クラブ五重奏団を意識したジャンゴ・フォロワーであることを宣言しているわけである。
私もこの手のものは好きなので、結構買って聴いたりするのだけれど、もう聴いただけではどれがどれやら区別がつかなくなっている。一様にどれも悪くない。が、かといってどれかが飛び抜けて良いこともない。感動がどれも平均的なのである。ま、でも頭二つリードしているのはホット・クラブ・オブ・カウタウンであろうか。
さてそんな中、ホット・クラブ・カルテット(これまた紛らわしい名前)のセカンド・アルバムがリリースされた。

The Hot Club Quartette - Volume 2 (Stringtone ST-002)

hot_club_vol2彼らは平成の上海バンスキング、ジャネット・クラインのバック・バンドを務めるパーラー・ボーイズのメンバーでもある。ま、アメリカ人に「平成の」っていうのも何だが。
ジャネットのアルバムでは彼女の強烈な個性と彼らのスウィンギー、ノスタルジックなサウンドが相まって一つの世界観を描き出しているが、より支配的なのはやはり彼女のあの「独特さ」である。というわけで、彼らのアルバムも彼ら名義のものであるにもかかわらず「インストゥルメンタル・サイド・オブ・ジャネット・クライン」といったイメージで捉えられがちであるのは、彼らの不幸と言えるかもしれない。
とは言え今回のアルバムは、彼らのオリジナル曲とジャンゴの曲とが巧みに絡み合って構成され、一つのコンセプト(ジャンゴ)で貫かれているところはさすが。ところどころもたつき気味になるギターが気になりはするが、彼(Billy Steele)の場合はコンポーザーとしての腕を買うべきかも。

|

« Kingfish Blues | Main | Out of Stock - Vol.2 »

Comments

HCOCのバイオリンのおねいちゃんは
ディランバンドに引き抜かれましたね。
現在もツアー中でしょうけど、自分のバンド
の方はどうするんでしょうか?ディランの方、 ギャラは破格なんでしょうねえ。        第二のスカーレットリヴェラですな。

Posted by: ち~旦 | May 28, 2005 at 10:20

はぁ~、ディランが。そうなんですか…。
しかしこれからっていう有望なバンドを
金の力に物言わせて引っ掻き回すとは。
実にけしからん。

Posted by: 山崎 | May 28, 2005 at 20:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/4307607

Listed below are links to weblogs that reference Hot Club Quartette:

« Kingfish Blues | Main | Out of Stock - Vol.2 »