« Willie Walker/Howard Tate | Main | Kingfish Blues »

May 19, 2005

アルバート・コリンズ 45s

最近入手した、アルバート・コリンズのHallのシングル。彼の極初期のキャリアとなるものである。

Albert Collins - Thaw-Out cw Backstroke (Hall 1925) [45s]

collins_hallA面"Thaw -Out"はブランズウィックのエリントンを思わせるようなジャングル・サウンド! そしてB面の"Backstroke"はテキサス流シャッフル・ビートで、どちらも最高にディープかつアグレッシヴなインストゥルメンタル・ロッキン・ブルースとなっている。
で、これがシングル盤ならではの実に男らしい音圧で迫ってくるんである。まるで猪木の闘魂ビンタを喰らったような衝撃である。喰らったことはないけど。

ところでコリンズというと、アリゲーターを支持する声が圧倒的に大きいようである。しかも判で押したように『フロストバイト』。デビュー・アルバムやインペリアル録音が好き、なんていう意見は滅多にお目に掛からない。
確かにアリゲーター以降のファンキーなサウンドはセールス的にも成功しているし、それはそれで一つの評価になりうるけれど、しかしひょっとするとマスコミ等の評価をそのまま鵜呑みにしているだけで、実はアリゲーターより前なんて聴いたことないっていう人が結構いるんじゃないかと思ったりもするのだが、どうだろうか。実際、インペリアルはコンプリート2枚組があったが廃盤になって久しいし。
それにである。試しにこのシングル曲の入ったデビュー・アルバムのリイシューCDを久しぶりに聴き直してみたのだが、これが何ともトホホな音なのである。こんな蚊の鳴くような音ではいくら初期コリンズの良さを力説してみたところで、その3分の1も伝わらないではないか。ま、べつに力説する必要もないわけだが。

|

« Willie Walker/Howard Tate | Main | Kingfish Blues »

Comments

凶暴なブルースギタリストが割と好みです。他の音楽で凶暴なのは要りませんけど、なんででしょうねえ。ミッキーベイカ-、ゲイトマウス、吾妻さん、そして彼と指で引っ張り上げてドローンするような弾きかたがcoolです。しかし、ブルースのシングル盤とはカッコええですね、大人だ。

Posted by: ち~旦 | May 20, 2005 at 21:32

大人ですか。う~む、確かにいい歳したオッサンですが(笑)。
シングル盤なんて買っているのはですね、単に偏屈なんです。

Posted by: 山崎 | May 20, 2005 at 23:01

ワニ時代は確かに歌は上達しましたね。
でもギターのアグレッシヴさは初期ものの方が凄いです。

最初に聴いたのはIMPERIAL(廉価盤LP)でしたが、このギターはなんなのかと思いました。

デビュー盤の「ザ・フリーズ」/「カンガルー・シャッフル」、
いずれも聴いたのはCDですが、凄いっす。凶暴です。

でも初来日生で見た第1音が一番凄かったですが。

最近はCDでもアナログなりの音に耳(というか脳味噌)が変換してくれるようになりました。

Posted by: すか | May 27, 2005 at 22:16

必ずしもアナログがいいってわけじゃないんですけどね。
LPなんか結構ひどいのがありますし。
特に最近のリマスタリングされたCDは完全にアナログを
凌駕しているものがあります。
ま、すかさんには釈迦に何とやらですか。

Posted by: 山崎 | May 28, 2005 at 10:09

こんにちは。
ブルースは好きでも感覚的にしか聴いていないのでなんですが、アルバート・コリンズの「男らしさ」は充分に理解出来ます(笑)。
・・・ということでTB失礼いたします。

Posted by: lyne | May 30, 2005 at 13:33

どうもです。
TB(トラックバックってこう書くんすか)ありがとう
ございます。
コリンズの肝は「男らしさ」ですか。
なるほど!

Posted by: 山崎 | May 30, 2005 at 16:55

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/4187431

Listed below are links to weblogs that reference アルバート・コリンズ 45s:

» Albert Collins♪ [Blues’n Blog]
Albert Collinsテキサス・ブルースの雄、アルバート・コリンズ。トレード・マークのテレキャスは何故かブリッジカバーをしたまま。彼はブリッジに手を乗せて弾くからなのかしらん?keyはオープンFmだよ〜ん。それ以外の曲はカポ君使用。男らしい!(笑)だいたいがブルースにはこむずかしいコードは必要無い訳で、コードも3つか4つ知っていればOK!ってのが良いよね。♭13(フラット・サー�... [Read More]

Tracked on May 30, 2005 at 11:06

« Willie Walker/Howard Tate | Main | Kingfish Blues »