« Cecil Gant - Vol.5 | Main | Alone with God »

Jul 01, 2005

Circe Link

Circe Link - One Drop Of Poison (Self-released)

circe_linkとうとう来日公演を果たすまでにブレイクしたサーシ・リンクだが、その彼女をディストリヴュートしているCAFE GOATEEの松本さんから、5月末頃だったか彼女の来日公演と同時にニューアルバムが出るという内容のメールをいただいた。で、先日やっと入荷案内の知らせを受けて早速送っていただいた次第。

彼女との出会いは、たまたまのぞいたCAFE GOATEEのホームページだった。そこで見た彼女のファースト・アルバムに興味を引かれて買ったところいたく気に入ってしまい、自分のホームページにもレヴューも書いたのだが、あれが2003年の12月。その後セカンド・アルバムが出たときもすぐに買ったが、そんなこんなであれよあれよという間に人気が拡大、今の状況に至るというわけだ。

彼女の魅力は尊いまでの普通さにある。それはもしかすると計算された普通さなのかもしれないけれど、アーティストである以上、何かしらの個性を売りにするのと同様、普通さを売りにするのだって有効であるはずだ。
松本さんも最初に彼女をCD BABYで見つけてすぐに気に入りコンタクトをとられたらしいが、彼女のそういった飾り気のない普通さが誰の心の中にもすぐにとけ込んでいくのだろう。
それにしても魅力的な歌声だ。透き通るような爽快感、しかもほんのちょっとの妖しさも同居している。何よりも変にこねくり回さない自然な歌い口が実に好ましい。

収録曲のすべてが彼女の手によるものだが、う~ん、ソング・ライティングについては一作ごとに腕を上げている。今回はこれまで以上にジャズ、ブルース、カントリーを消化したサウンドで曲作りにも幅が出てきたが、相変わらずクールでいてどこかノスタルジーを感じさせるところが実にいいなぁ。

|

« Cecil Gant - Vol.5 | Main | Alone with God »

Comments

ウィンザー公が聴いてらっしゃる音楽
(どんなだろ?)私たちも聴いてみたい
(っちゅう)イギリス国民の心境(デス)、

そう、こねくり回さない自然さ
(そういうのがイイですネェ)
僕なんか先日 サザンソウルっちゅう営業
フレーズについつい手を出して
(ヒッドイ目に会いました)

(女子高生が森進一のモノマネしてまんネン)
確かにバックはフェイムの音でしたけど・・
(あのCDはフリスビーとして使います)。

Posted by: ドクター | Jul 02, 2005 at 07:02

CAFE GOATEEさんで買ったので、よそにリンクを貼るのは
気が引けるんですが、CD BABYで試聴可能です。
http://cdbaby.com/cd/circelink3

> (女子高生が森進一のモノマネしてまんネン)
> 確かにバックはフェイムの音でしたけど・・

う~ん、実に気になるなぁ(笑)。
聴きたいような、聴きたくないような。

Posted by: 山崎 | Jul 02, 2005 at 09:14

(覗きには時々来てましたがカキコでは)お久しぶりです~。私の所にミュージックバトンというの回ってきて次に指名させてもらったのですが、終わらせるのも自由ということですのでもしよかったら書いていただけますか、もう回ってきてたりして。トピックと関係なくてすみません。サーシリンクよく知らないんですがバックでMonkeesのマイクネスミスの息子がサポートしてるって事で写真見て盛り上がったりしてました。(実は自分の洋楽入門はモンキーズだったんです)

Posted by: 如月わかめ | Jul 08, 2005 at 23:16

お久しぶりです。わかめさんとこの話になかなか絡めませんが、
いつものぞかせてもらってます。私、小学生の頃は辻堂だったので
駅前の様子なんかが思い出されてなつかしく読みませてもらいました。
ところで、あちこちで目にするミュージックバトンですが、
私にはちゃんと答えられそうなものが一つもないんですよぉ(苦笑)。
そもそも、パソコンにミュージックファイルなんか入ってないし。
頭が爆発しそうになるような質問も…。
というわけで、私のところではバトンは落ちてしまいます。
申し訳ない! わかめさん!

Posted by: 山崎 | Jul 09, 2005 at 07:45

バトン気にしないでくださいね~!
別トピでしたが、うちにもセシルギャントあったので改めて聞いてみたらホントに「旅ゆけば~」みたいだった~(笑)

Posted by: 如月わかめ | Jul 10, 2005 at 00:20

ギャントお持ちでしたか!
う~ん、次郎長伝かぁ。確かに雰囲気ですね。
浪曲向きか、ギャント。

Posted by: 山崎 | Jul 10, 2005 at 08:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/4779409

Listed below are links to weblogs that reference Circe Link:

« Cecil Gant - Vol.5 | Main | Alone with God »