« Alone with God | Main | Jazz Off The Air »

Jul 09, 2005

アーティ・ショウ

any_old_time

Artie Shaw - Any Old Time (RCA Victor LPM-1570) [LP]

アーティ・ショウが好きだなんて言うと、ジャズ・ファンからは軟弱者扱いされるかもしれないけれど、私、彼のクラが結構好きなのである。しかし今、「ジャズ・ファンから~」と書いたが、考えてみると現在ショウがジャズ・ファンから好きとか嫌いとかの範疇にあるのかどうか。結構微妙なセンか。モダン・ジャズ以降のものしか聴かない人にとっては「ショウって、誰?」っていうのもありそうだし。

ショウは、ベニー・グッドマンがキング・オブ・スウィングとして君臨していた30年代半ばから後半、同じクラ奏者として唯一、人気実力共に肉薄するジャズメンだった。特にスローでセンチメンタルな曲を吹かせると、ある意味グッドマンを超えているのではないかと思わせるくらいに素晴らしく、とりわけ歌伴でのクラの歌いっぷりたるや、たまらんものがあるのである。彼はハリウッド女優も取り混ぜ計8回結婚しているが、まあ、こんなふうに横で吹かれればそれもむべなるかな、というわけである。

今回のLPはアーティ・ショウ・オーケストラのフロント・ヴォーカルを務めたビリー・ホリデイ、ホット・リップス・ペイジ、ヘレン・フォレスト、リナ・ホーンらの歌ものがコンパクトにまとめて聴けるのだが、中でもひときわ光るのがヘレン。ビリーがいいというのも分からないでもないが、ここは断然お父さんのアイドル、ヘレン・フォレストを強く推したい。甘くそしてハツラツとしていて、軽くスウィングするヘレンのヴォーカルは癒し効果抜群。しかも美人! 子供にソッポを向かれ、カミさんの怒号におびえと、くたびれた果てたお父さんのハートをわしづかみである。
また、インストもスタンダードが多く、ショウの歌うクラが堪能できるという塩梅。参加ミュージシャンはジョージ・ウェットリング、ヘンリー・アレン、ロイ・エルドリッジ、バーニー・ケッセル、ジミー・シャリーなど、マニアも納得の布陣。ジャケット良し。いいこと尽くめの1枚。「スターダスト」だけがショウではないのである。

|

« Alone with God | Main | Jazz Off The Air »

Comments

アッメリカンなジャケ(素敵ですネ)
やっぱCDの大きさでは半減しますワな、

僕も先日カゴに入って安売りモン(500円)
「THE EESSENCE OF ARTIE SHAW」
ってCD 後学の為衝動買いしました
(得した気分です)

スタンダードばっか19曲 モダンに歪められた
モノしか聴いてない作品の原曲を大事に
演奏されていて 
「あ、この曲 こんなキレイな曲やったんか」
と・・・・・、
これからの季節 夕暮れ時に一杯飲みながら
のBGMにイイっすネ。

Posted by: ドクター | Jul 10, 2005 at 00:12

ご、500円すか…。
アーティ・ショウはメロディをあまりくずさないし、
歌心もあるので曲の良さがしみじみと味わえるんですよね。
しかもそれでいてジャズを感じさせるのは
スウィングしているからという…。
年寄趣味ですかね。

Posted by: 山崎 | Jul 10, 2005 at 08:02

すいません、アーティショウではないんですが
楽団のフロントVOがらみで宿題出されてます(笑)NORA LEE KINGのBECAUSE, I LOVE MY DADDY SOという曲収録盤探しています。
楽団は確かスキーツトルバートだと。どの盤だかご存知ないでしょうか?

Posted by: ち~旦 | Jul 13, 2005 at 13:20

スキーツ・トルバートだったら簡単ですよ。
トルバートは仏クラシックスから2枚出ていますが、
お尋ねの曲が収録されているのは
Skeets Tolbert - 1940-1942 (Classics 993)
です。
それからあともう1枚、ドキュメント盤でも聴けます。
Sonny Boy Williams 1940-1947 (Document DOCD-5521)
これはサニー・ボーイ・ウィリアムス(ウィリアムスンじゃないので
お間違いなく)名義の盤ですが、おまけとしてノラ・リー・キングの
1941-1942の録音が5曲収録されています。

クラシックスのジャズのシリーズの方はずっと活動が停止状態で
入手困難な状態が続いていたのですが、最近また活動を再開した
ようですので、手に入るんじゃないかと思います。
というわけで、どちらでもお好みに合わせてどうぞ。

Posted by: 山崎 | Jul 13, 2005 at 16:10

さっすが!山崎陛下
曲名まで覚えてられるんですかぁ
(僕はどんなジャンルも無理なんですワ)

僕も宿題 お願いしょっかな?
でも宿題考えるだけで3年ほどかかりそうです
(それにしても早起きですネ)。

Posted by: ドクター | Jul 13, 2005 at 22:19

お~、ありがとうございます。
この前、スピリッツオブリズム、タイニーグライムズ、ナットキングコールを買いました。
クラシック盤にはお世話になってるなあ。
ユニ○ンの1780円均一は安いほうですか?

Posted by: ち~旦 | Jul 13, 2005 at 23:26

> ドクターさん

スタンダードや有名な曲ならともかく、いくら何でも
曲名まで覚えてませんよ! たまたまCDを持ってたんで、
すぐに分かっただけのことです。

「それにしても早起き」って、ひょっとして時間を
勘違されているのでは? 夕方なんですが…。
今は朝日が出るのが早いので、起きるのは5時半くらい。
大して変わらないっすか(笑)。

> ち~旦さん

ジャイヴづいてますね。聴きたいものがはっきり
しているときは、やはりクラシックスは重宝します。
それにクラシックス盤でしか聴けないものも結構ありますしね!

値段についてはよくわかりませんが、1780円なら
アマゾンなんかと比べても安いんじゃないでしょうか。

Posted by: 山崎 | Jul 14, 2005 at 09:51

またまた、アーティ無視ですいません!

今日はオフで新宿のそこらへんの店に行きましたが、今は激安CDと称して、量販店にて
50年以上前の音源を集めたジャズ周辺のアーティストのCDを10枚組1480円とかで売ってました。著作権を抜いたら、原価コストって知れてるんですね(笑)これで儲かるんですから。

※それでも、そういうのは買わずに   CLASSICS, PROPER, BLUEMOONあたりに
結構お布施をしそうです。

Posted by: ち~旦 | Jul 14, 2005 at 22:28

出遅れました。

この美女、なんだかフィギアに見えちゃうのは、
「電車男」を見たせいかなぁ(笑)。

一瞬ペネロープかと思ったし(笑)。
髪の色が違う気がするけど。

Posted by: すか | Jul 14, 2005 at 23:47

> ち~旦さん

確かに最近の激安CDボックス、すごいです。
ただ、どれも今ひとつ食指が動かなかったりもしますが。

Classics、BlueMoonと、やはりリイシューものは
ヨーロッパ勢が強いので、当然そうなりますね。
作りもいいですし。
私はお布施を通り越して大散財です。
それからコメントの内容は何でもOKですので!

> すかさん

いろんな見方があるもんです。
でもペネロープって。ま、同世代なので
分かりますけどね(笑)。

私が昔、白楽に住んでいた頃、駅前に確か白鳥座っていう
映画館がありました。今はもうないと思いますが、
そこで観たサンダーバードの映画をふと思い出しましたよ。
昭和42、3年頃の話です。

Posted by: 山崎 | Jul 15, 2005 at 14:42

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/4895375

Listed below are links to weblogs that reference アーティ・ショウ:

« Alone with God | Main | Jazz Off The Air »