« アール・フッカー | Main | カール・クレス »

Jul 22, 2005

続・いづみや

「仙台の佐々木で~す。CD届いたよ。あんがとね!」。この前の日曜日の午後、パソコンに向かっていたところへ仙台の佐々木健一さん(東洋一のゴスペル好き酒屋のおやぢ)から電話が入った。実は数日前に「次号bsr(ブルース&ソウル・レコーズ)にこれこれの原稿を書くんだけど、○○の××というCD、持っていたら貸して」というFAXが来ていたのだけれど、ちょうど持っていたので送ったのだった。

次号はいつにも増してあれこれ記事を書くとのことで、例によってまたしばしブルースの面白話に花が咲いた。話の中身は原稿の内容にも関わることなので、興味ある方は来月発売のbsrを買って下さい。
さて、電話がかかってきたとき、ちょうど私もbsrの原稿を書いていたところだった。私が「頭をひねってるんだけどねぇ、なかなか…」と言うと、「な~に、あんなもん行数決まってるんだから。ちょいちょいっとさぁ」。アドバイスにも何にもならないんである(笑)。
そりゃ佐々木さんは書いても書いても汲めども尽きぬ泉がごときにネタが湧いて出るからいいけど、こっちはもう書くとなると七転八倒、CDだって書き終えた後はもう二度と聞きたくないくらいに聴くのだ。
だから、「マッシー(私のこと)さあ、あんまりこっちの職域侵さないでよ(笑)」って、佐々木さんは到底私の及ぶところじゃありませんてば。

原稿は日曜日に書き始めてやっと今日送れた。ま、実際に書いている時間はほんのわずかなんだけど。

patton_yazoo

※上の画像は本文とは何の関係もありません。

|

« アール・フッカー | Main | カール・クレス »

Comments

マッシ~さん、お疲れさんです。ビールと焼酎と焼き鳥で適当にやってください。ヤズーのパットンのジャケ、むかしはそんなにいいとも思わなかったけど、いまはすごく好きです!最近どこかでイシュマン・ブレイシーの顔が話題になってるみたいです。

Posted by: つっち~ | Jul 22, 2005 at 17:12


 いや〜
 偶然とは言え
 ボクも今日 このYazoo盤
 眺めていました
 つっち〜御大 仰せのとおり
 レコード屋の棚に大量に並んでいた頃は
 大して気にもしなかったのですが
 改めて眺めてみると
 Yazooていいデザインのものが多いです
 デザインは流転する
 ゆうことですやろか

Posted by: がちゃこ | Jul 22, 2005 at 21:13

実は原稿のネタが昨日届いたのよね。
類似穴から3週間以上かかった。
きっとロンドンのテロの影響だろうと勝手に想像。

で、一度は編集に差し替えを申し出て了承を取ったんだけど、
結局元に戻ってしまうことになりました。

原稿?今回は1本だけなので、明朝書きます。
構想はできた(というか書きやすいネタ)なので。

やっと日常生活に戻ってきてます。

Posted by: すか | Jul 22, 2005 at 22:06

> つっち~さん

夕べはもうくたくた。ビールと焼き鳥はうまかったけど、
すぐにバタンキューでした。

パットンはOJLも好きですが、ヤズーも最高っす!
イシュマン・ブレイシーですが、こうも顔のことで
とやかく言われるとは思ってもいなかったでしょうね(笑)。

> がちゃこさん

ヤズーのパットンはご丁寧なことに
この後の白いヤツも買っているのですが、
やっぱりこっちの「赤パットン」がいいです。

がちゃこさんのところにもぶれ~し~が
貼ってあるのには笑いました。


> すかさん

朝書くんですか! 実は私も原稿は朝書きます。
大体夜書くと、その時は一人悦に入って
「お~、これはいい!」なんて書いたつもりのものでも、
次の日読み返すと愕然とすることが多くて。
朝の方が頭がスッキリしていて、しかも邪魔が入らず
集中できるので、専ら朝専門というわけです。

平穏な毎日というのは何より貴重ですね。

Posted by: 山崎 | Jul 23, 2005 at 07:53

本当は「原稿は一晩寝せろ」だそうなんですが。
今回は草取り3時間だけ寝せました(笑)。

Posted by: すか | Jul 23, 2005 at 22:37

私のハードディスクの中には、一晩どころか
寝たきりとなっている原稿が山とあります。

Posted by: 山崎 | Jul 24, 2005 at 06:15

ギョエ~!タダモノじゃないと感じてたンですが(プ、プロの文筆家でいらっしゃいますか)

それに東洋一のゴスペル好き 仙台の・・・あの 音楽には無関係なHPでシャッターに
エリントンさんとキャロウェイさんが描かれてる酒屋さん見たんですが ひょっとして・・・・・

と、とにかくスゴ過ぎる人達が来られてるんですナ(今頃びっくりしてスンマヘン)
いらん事言って 皆様から撲殺されたり回し蹴り受けぬよう(気をつけねば・・・・ドキドキ)。

Posted by: ドクター | Jul 24, 2005 at 09:18

私、プロではありません。
文筆家でもありません。
ブルースとオールド・ジャズの好きな
ただの平凡なサラリーマンです。

Posted by: 山崎 | Jul 24, 2005 at 22:54

はじめまして。

宮城に住むウェスタンスウィング好きな若年寄りです。
今度、「いづみや」の佐々木さんにゲストで参加していただいて、
レコードのみのイベントを開催することとなりましたので、告知させてください。

2005.9.22(木) 21:00~

会場:ランフェール(http://www.theunicornshop.jp/lenfer/)

チケット:1,000円(1ドリンク;door/adv)

DJ:仙台近郊在住若年寄4名

スペシャルゲスト:ゴスペルの聴ける酒屋

           「いづみや」のおやぢ 佐々木 健一氏!!!

GOOD TIME MUSICと佐々木氏一押しの地酒が中心のイベントです。
もちろんそれ以外もありますが…。

それでは、皆様のご参加をお待ちしております。

んで、まず!!!

Posted by: PMJ!!! | Aug 06, 2005 at 11:19

すみませんっ!!!

大事な大事なイベント名入れるの忘れてました!

【純 音 楽 祭】です。

PURE MUSIC JAMBOREE!!!…。

よろしくお願いします~。

んで、まず…。

Posted by: PMJ!!! | Aug 06, 2005 at 11:23

こちらこそはじまして。
レコードのみのイべントですか!
ウェスタン・スウィングがお好きということですが、
マニアックな選曲で挑まれるのでしょうか。

イベントのご成功をお祈り申し上げます。
また佐々木さんの選曲等、ご報告いただけましたら
幸いです。

Posted by: 山崎 | Aug 08, 2005 at 09:05

マニアックで!…と行きたいところなのですが、
私自身はまだウェスタンスウィングのLPを数多く持っていないもので、
スタンダードな選曲になってしまうかと…。
新旧、その他おりまぜる予定ではありますが。


佐々木さんの選曲の件、了解しました。
友人の話では、もうすでに選曲しているとのことです…。

Posted by: PMJ!!! | Aug 08, 2005 at 12:24

私の予想するところでは恐らく佐々木さんは
ヒルビリー系をかけるんじゃないかと。
当たるかな。

Posted by: 山崎 | Aug 08, 2005 at 17:03

実は私も未熟ながら、純音楽祭の一員です。

PMJ!!!さんはじめ、その他の2人も音楽道楽な方々です。
3人は私の師匠です。

私の選曲は、黒人スウィング・ジャイブ系がメインになるかと思います。

佐々木さんには是非、キューバの音楽を期待しているのですが・・・どうでしょうか?

お近くにお住まいの方、興味をお持ちの方、是非いらして下さい。
また、何か質問等ございましたら、気軽にメールを下さい。

宜しくお願い致します。

Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Aug 08, 2005 at 19:17

おや、まあ。皆さんつながっておられたんですか。
佐藤さんはスウィング~ジャイヴということで、
イベントが終わりましたらまたリストを
お知らせいただけると嬉しいです。

ところで、勘違いしてました。
そうか、全員がウェスタン・スウィングとか
そっち系統のレコードばかりをかけるわけでは
ないんですね。
じゃあ、佐々木さんは邦楽かなあ。

Posted by: 山崎 | Aug 08, 2005 at 21:27

リストの件、了解しました。
でも、まだまだレベルが低いので参考になるかどうか・・・でも頑張ります。

メンバーが少人数ですので、時間は沢山あります。
多分新旧OLD TIME MUSIC合戦になることは必死です。

いや~楽しみです。

Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Aug 08, 2005 at 21:50

友人からの情報だと、スタジオ・ワンの前身がどうとか…。
海洋音楽~邦楽といったところでしょうか?


想像するだけで、お酒がおいしくなります。

Posted by: PMJ!!! | Aug 08, 2005 at 21:52

> 佐藤 "the hipstar" 秀樹さん

イベント、盛り上がりますことを!

> PMJ!!!さん

海洋音楽?? まあ、何はともあれ
グッド・ミュージックがかかることでしょう!

Posted by: 山崎 | Aug 09, 2005 at 07:11

海洋音楽とは、佐々木氏の言葉を引用したので、詳細は私も不明です。

ただ、クロンチョン関係のCDをいただいた際にその言葉を発していたような。

過去のお話にすみません。(軽酔:秋味)

Posted by: 今更ながらPMJ!!! | Sep 15, 2005 at 00:37

クロンチョン…。ブンガワン・ソロ? くらいしか知らない…。

DJイヴェント、いよいよ来週ですね。
選曲はもうバッチリでしょうか?
ところで先日、佐々木さんから電話がかかってきました。
で、イヴェントのことを尋ねたら
「今回はまじめに洋楽をかけるよ」と言ってましたよ(笑)。

Posted by: 山崎 | Sep 15, 2005 at 09:15

「Krontjong Orchest Eurasia」
1.Krontjong Bandan
2.Kerroncong Betawi
3.Stamboul.II
4.Kroncong Soerabaia
5.Terang Boelan
6.Djoeli, Djoli Bintang Tiga

・・・私には詳細不明です。

選曲は、多分行き当たりバッタリになるかと。
当日は、仙台のハッチポッチジャグバンドのライブも決定しました。
これでまた酔いどれさんが増員され、セカンドラインウォークのような、
醜態をさらすような状態になりそうです。

Posted by: PMJ!!! | Sep 15, 2005 at 21:42

クロンチョンみたいですね。
でも何て読むんだ、こりゃ?

また結果報告もお待ちしておりますので!

Posted by: 山崎 | Sep 16, 2005 at 00:26

おかげさまで、無事に「純音楽祭」を終えることができました。
来てくださった皆様、関係者の皆様には心より御礼を申し上げます。
次回開催についてはまだ未定ですが、またよろしくお願いいたします。

イベントの詳細については、そのURL(ブログ)に掲載しておりますので、ご覧ください。
佐々木さんのハッスルぶりを堪能していただけると思います。

んで、まず。

Posted by: PMJ!!! | Sep 24, 2005 at 07:24

そのURLって表示はでないんですね。
失礼しました。

名前クリックするんですね。

Posted by: PMJ!!! | Sep 24, 2005 at 07:28

早速拝見しました。
お~! 佐々木さん、盛り上がってるなぁ。
お腹の盛り上がり具合も気になるけど(笑)。
選曲はいかにも佐々木さんらしいというか、
でも今回は王道に近いかな。
ジャグ・バンド(ジャグはいないようですが、
ウォッシュボード・バンド?)の方も女性が
入っていたりして、なかなかに良い雰囲気ですね。

ブログ、お持ちだったんですね。これからちょくちょく
のぞかせてもらいます。

Posted by: 山崎 | Sep 24, 2005 at 19:51

情けないブログですんません・・・。

ジャグ吹きは以前在籍していましたが、現在は活動休止中です。
ちなみに、ウォッシュボードとバンジョーが純音楽祭のメンバーです。
それに私とヒップスターさんの4人でやっております。

Posted by: PMJ!!! | Sep 25, 2005 at 10:28

ブログ、しみじみとした味わいがあってよかったです。

次回、何かやられるときはぜひまたアナウンスしてください。
楽しみに待っております!

Posted by: 山崎 | Sep 26, 2005 at 00:03

大変遅くなってしまいましたが、先日のイベントの私のリストです。
あまりかけた曲を覚えていないので、曲順は不明です。
また、もしかしたら2、3曲多いかもしれません・・・

georgie feyer / espana
carmen miranda / chattanooga choo choo
midge williams and her jazz jesters / in any language
wingy manone / panama
washboard rhythm kings / tiger rag
josh white / john henry
tex williams and his string band / air mail special
lew london / lady be good
georgie fame / eso beso
trojans / leaps & bounds
billy joel / scenes from an italian restaurant
tune wranglers / let's go
roy newman & his boys / rhythm is our business
moon mullican / seven nights to rock
original washboard band / mama don't allow
huey piano smith / don't you just know it
wynonie harris / all she wants to do is mambo
frankie lymon / little bitty pretty one


p.s/three flames / three flames at the bon soir

最近、上記のアナログをやっと購入しました。
金欠ですが、かなりの安値で売っていたので、飛びついてしまいました。
黒い感じがたまらんです。


Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Sep 26, 2005 at 21:15

これはまた佐々木さんもマッ青な渋い選曲。
しかも、つっち~御大が喜びそうなものもチラホラ。
う~む、まいりました!
しかしひょっとして仙台では今こういうのが流行っているとか。
なわけないな。

> p.s/three flames / three flames at the bon soir

これ、私のホームページ(トップページ)に載せてますが、
問い合わせが一番多いのがこのレコードなんです。
レコード店までもが「お客さんからそちらのHPに載せている
レコードを探してくれと頼まれたのだけれど、スミマセンが
タイトル等教えてくれませんか」と(笑)。
で、そうこうするうちあちこちの店でもチラホラ出るように
なったようですが、でもちょっと高いような気も…。
実は2,3日前も某店からのメールに7000円台で載ってましたけど、
これくらいが限度でしょうね。
中には1万円以上付けてるような店もあるそうですが、
需要と供給のバランスとはいってもいくらなんでもと思います。
ちなみに私、なぜだかこれ2枚持ってます(苦笑)。

Posted by: 山崎 | Sep 27, 2005 at 09:52

本当はもっと黒い音楽をかけようと思ったのですが、なかなか難しいものです。
それにしても、健一さんのリストにはテンションが上がりました。

three flamesですが、2300円で購入しました。
絶対そこの店主はこの価値を分からなかったのでしょう。

それとyazooのビデオが届きました。
かなり素晴らしかったです・・・

Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Sep 27, 2005 at 13:22

佐藤さんの選曲だってなかなかどうして。
ミッジ・ウィリアムスが泣けるなぁ。

ところで2300円とはまたバカ安!
ま、私もそれと似たような値段で買ってますけどね。
でも、高いイコール価値が分かってる、ということでも
ないので、いいものをより安く売っているのであれば
そのお店はいいお店だと思いますよ。
なんでもかんでも高い値段つけて売ってる店も多いですからね。

Posted by: 山崎 | Sep 27, 2005 at 15:00

いやいや、まだまだこれからです。
ミッジ・ウィリアムス、本当に素敵ですよね。
深夜に聞くと心に響きます。
音源はswing street(tax)からです。
このアナログ盤、他にもエディ・サウスも大好きです。

それにしても本当に、なんでもかんでも高い値段つけて売ってる店が多いですね。
私の身分では大変です。

それと、今ちょうど秋休みでして、29日に健一さんの所へ泊まりに行くことになりました。
待ち切れません!

Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Sep 27, 2005 at 21:08

Taxの"Swing Street"はジャイヴ・ファンには定盤の感がありますね。
Vol.3までありますが、もう揃いましたか?
ミッジはLPだと単独盤がないのでなかなかしんどいのですが、
同じくTax盤のフランキー・ニュートンでも少し聴けます。
あれはマキシン・サリヴァンのいいところも入っているので
お薦めです。
詳しくは私のHPをご参照ください。

ところで、佐々木さんのところへ泊まりに?!
間違いが起こりませぬよう!(笑)

Posted by: 山崎 | Sep 28, 2005 at 09:39

swing streetは3枚とも揃いました。
マイナーレーベルでこの内容は・・・最高です。
ダックスフンドのマークも素敵ではありませんか!

Tax盤のフランキー・ニュートンですね、根気強く探してみます。

健一さんのところでおもしろい事がありましたら、また書き込ませて頂きます。

Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Sep 29, 2005 at 11:10

それにしても佐々木さんとは親子ほど歳が離れているのに、
共通した音楽の趣味というのはこうやって歳の差を超えた
付き合いを可能にするんだなぁ。
なんて、言うことがおやじくさいか。

しかしせっかくいづみやに行っても旨い地酒が飲めないなんて
気の毒だなぁ。
楽しい話、期待しております。

Posted by: 山崎 | Sep 29, 2005 at 22:44

何とか無事に(?)お泊まりすることが出来ました。

はじめはレコードをガンガン聞いていましたが、深夜1時を回ると健一さん自身の色々なお話を聞きました。

高校の修学旅行と卒業式は出席せずに、アルバイトをしてた(!)とか、
若い頃は絵の方で稼いでいこうと思っていた(!!)とか、
海外からあまりに沢山のレコードを買っていたので、横浜関税所にマークされていた(!!!)とか、
びっくりすることばかりでした。

でも一番驚いたのが、New Orleansの名前の由来がフランスの地名(オルレアン地方)だと言うことでした。
そう、オーリンズを違う読み方をすると・・・オルレアンなんです!!!

レコードだけでなく、地理も凄いんだと思った夜でした。

Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Oct 02, 2005 at 18:36

楽しい一夜だったようで、結構なことでした。

佐々木さん、音楽だけじゃなく地理にも詳しいし(詳しいを
通り越してる?)、絵も上手いし、話もうまいと
まったく多芸な方で退屈しないでしょ?(笑)

Posted by: 山崎 | Oct 03, 2005 at 00:30

なんだか最近、現役の社会の先生と首都当てクイズをしたらしいです(笑)。

また、生まれて初めてSP盤を聴かせて頂きました。
正直、あんなに良い音がするのかと驚きました。
「SP盤まで手をつけたら人生誤るよ。」
とまで脅されてしまいました(笑)。

Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Oct 03, 2005 at 21:33

その社会(地理)の先生は存じている方なのですが、
本人に無断で誰ということは言わないでおきます(笑)。

SPは私も何枚か持っている程度ですが、まあ、あまり
足を突っ込まない方がいいかと。
音は確かにいいですが、そのことが音楽を聴く上での
絶対条件ではありませんからね。

Posted by: 山崎 | Oct 04, 2005 at 00:25

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/5091507

Listed below are links to weblogs that reference 続・いづみや:

« アール・フッカー | Main | カール・クレス »