« 続・いづみや | Main | Belzona »

Jul 30, 2005

カール・クレス

carl_kress

カール・クレスを紹介するとき、大抵「エディ・ラングとともにアーリー・ジャズ・ギターのパイオニアの一人で~」といった書き方をするわけだが、実際のところラングと並べるほどにはその名は知られていない。多分。
確かに草分けの一人であり、レッド・ニコルス、ミフ・モール、ドーシー・ブラザーズ、ポール・ホワイトマン、etcといった数々の有名楽団への参加という経歴も持つのだが、その後の影響力といった面から考えるとラングの足下にも及ばないのである。

クレスのレコードだが、ラングのように無尽蔵にはない。単独盤はキャピトル10インチ盤1枚きりのはずで、これは特にレアといったものではないが、でも滅多に見ない。価格相場は高くもなければ安くもないといった辺り。
で、このキャピトル盤が、正直言ってさほど面白いものではないのである。もちろん全編クレスの圧倒するようなテクニック満載である。が、しかし。こんな手アカの付いた表現は使いたくないが、感心はするが感動はしないの典型みたいな演奏で、まるで胸に響いてこないのである。特に"Jazz In G"なんてのは最悪で、単にテクニックだけをひけらかすようなプレイやアレンジにうんざりしてしまう。強いて言えば"The Goose Form Gander"の1曲が唯一救いか。

じゃあ、クレスは(私にとって)まるでダメなのかというとそうではない。クレスのレコードで一番好きなのがジャズ・アーカイヴ盤"The Guitar Genius In The Thirties"(LP)で、ここに収録されているディック・マクドノウ/カール・クレス・オーケストラがクレスの関わったものの中では聴き応え十分な録音群となっている。このオーケストラ・メンバーの一人、エイドリアン・ロリーニのバス・サックスがインパクト十分! それに相方のギター、ディック・マクドノウがまた素晴らしい! クレスはというと、ここでは出過ぎず引っ込み過ぎず、調和のとれたプレイに終止している。やはりクレスは延々と続くギター・ソロよりもサイドメンに徹しアンサンブルの一つとしてハマっているものがいい。そういった意味ではエドモンド・ホールのブルーノート盤"Memorable Sessions"もお薦めできる。これはチャーリー・クリスチャンがアンプを通さずにギターを弾いてたことで知られる盤だが、このLPのB面にクレスが入っている。
あともう1枚。ヤズーに"Fun On The Frets"という、クレスを中心としたギター・デュオやソロを集めたLPがある。クレスのギターをたっぷりというわけだが、それにしては珍しくこれは悪くない。いや、むしろデュオはかなりいい。というのもこれにはわけがあって、デュオの相方をトニー・モットーラ、ディック・マクドノウが務めているのである。しかし残念ながらこれも未CD。
というわけで、また次回。

|

« 続・いづみや | Main | Belzona »

Comments

あ、コンニチわ陛下 いつもながらマニアックな方の(ご紹介をありがとう)ジャケだけ見ると
ハーブ&ジョー・パスと思いきや(全然違った)
それにしてもバックのCD群に(無言の圧力)を感じつつLPの在庫も想像すると悶絶状態(になります)

20~30年代に活躍された方ですネ、エディ・ラングさんのヤズー盤に
この方とロニー・ジョンソンとのデュオが聴けるみたいですナ

(もちろん)持ってまへんが、僕みたいな素人はこの辺から攻めてみよっかな  と・・・・。

Posted by: ドクター | Jul 31, 2005 at 07:50

いつもコメントいただきまして、ありがとうございます。
エディ・ラングのヤズー盤、エエですよ。
CDにもなってますんで、簡単に手に入りますし。
あとラングとロニー・ジョンスンの共演盤ということでしたら、
"Blue Guitars Vol.1&2"(BGO)もお薦めです。

Posted by: 山崎 | Jul 31, 2005 at 15:59

ヤズー盤(了解スました!)
最近は陛下の影響で先日もオールドを1枚
ゲットしましたゾ、
っちゅうワケで今年は竹竿を諦め 音源購入に
励んでおります
  が ゆっくりまったり聴ける時間も欲しいッス。

Posted by: ドクター | Aug 01, 2005 at 07:51

時間はあるけど、夏はもうまるで聴けません。
私の部屋、クーラーがないので(とほほ)、
音楽を聴けるような状況にないのです。
というわけで、本読んでビール飲んで
あとは寝るという生活です。
しかしこれでは健康に悪いので、リフレッシュに
河原でキャンプして肉でも食おうかと思ってます。

Posted by: 山崎 | Aug 01, 2005 at 11:54

僕のレコ部屋も同様にクーラーなしです。
しゃがんで、レコを探すとドワーっと汗が滴り落ち泣きそうになります。

Posted by: ち~旦 | Aug 02, 2005 at 00:45

おふたりにドツかれそうですが・・・
この春クーラーを付け替えまスた
(どんな熱い音楽にも対応可!)ムフッ、

でも ち~旦は熱海でイイ思いしてきたから
(イイんじゃないスっか)

でも山崎陛下が焼き鳥や肉食うって
(イメージ合いまへん)
で、どんな御本を読まれてるンだろ?
一度庶民にも紹介して下さいヨ。

Posted by: ドクター | Aug 02, 2005 at 11:42

> ち~旦さん

私以外にも、そんな境遇の人っていたんだ(笑)。
私の部屋は亜熱帯地獄でして、心配なのがカビなんです。
ち~旦さん、LPをビニール袋に入れてラックにしまわれてる
ようですが、あれってどうなんでしょうか。
中がむれるような気もするんですが。
やはりジャケット保護の観点からでしょうか。

Posted by: 山崎 | Aug 02, 2005 at 11:55

> ドクターさん

私、青白い顔して部屋にこもって音楽ばかり聴いている
人間ではありませんぞ(笑)。
ベジタリアンでもないし。肉も魚も大好きっす。

「御本」ってのはご勘弁。
そんな高尚なもの読んでませんし、
ドクターさんみたいに中上健次を読んでるような
文学青年でもないんですから。
で、読んでるのは松本清張です(苦笑)。あと坂口安吾。
最近読んだのでは、野田知佑の『本日順風』っていう
人生相談みたいなのが痛快でおもしろかったです。

ち~旦さんは熱海かぁ。ン十年前に行ったきり。
私はちょっと阿蘇に行って来ますよ。

Posted by: 山崎 | Aug 02, 2005 at 16:22

あ、ソゥ・・・・・・・・・(阿蘇へ行かれる?)
チト 淋しい(^_-)かな?

ち~旦は(気にしィ~)だから 絶対ジャケ磨耗(対策)ネ、
あれだけありゃァ カビの入る隙間(有り得まヘン)
ウチなんか「フリー」ひさびさにかけたら(カビカビ状態)(´ヘ`;)
でも陛下が 庶民にも理解できる御本を読んでられまして(何故か 安心)ホッ、

坂口安吾?(音源に似合わず)(失礼)シュールやおまへんか!?
野田さんって(あの カヌー?)きゃッホ~!ワニの肉でバーボンで一杯やりながら 
僕はデュェインと漕ぐから 山崎陛下(ディッキー)ベッツさんと漕いで下ちゃい!

Posted by: ドクター | Aug 03, 2005 at 22:17

お久しぶりです。楽しんでおります。

PIONEERS OF THE JAZZ GUITAR(yazoo盤)に収録されている曲はどうでしょうか?
また、この音源はやはりSWINGしているのでしょうか?

とても気になっております。書き込みお願い致します。

Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Aug 03, 2005 at 22:40

> ドクターさん

夕べはドルフィーの『アウト・トゥ・ランチ』を
聴いておりましたが、サックスが「ブッ」と鳴るたび
額から汗が噴き出して大変でした。

ドクターさんのブログ、リンクさせていただきました。
ですが更新情報が古いみたいなので、Myblog japanに
更新通知(Ping)を送っていただくといいかと。

ベッツもいいけど、ローウェル・ジョージがいいなぁ。

> 佐藤 "the hipstar" 秀樹さん

ひょっとして、ハリー・ギブスンがお好きですか?
お尋ねのヤズー盤ですが、アーリー・ジャズ・ギターの
入門盤としては最適、おすすめしますよ。
ヤズーはとにかく選曲がいいので、ガッカリすることは
まずありません。ご安心を!

Posted by: 山崎 | Aug 04, 2005 at 06:45

回答有り難うございました。
アナログ盤で発見したら、即購入します。

ハリー・ギブスンたまらないですよね。
STASH盤をもっていますが、音が悪くて・・・
おすすめとかありますか?

これから課外です。
受験戦争がんばります。

Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Aug 04, 2005 at 06:58

ハリー・ギブスンならミュージクラフトのやつ(それくらい
しか思い浮かびません)がいいと思います。
ただ入手難かも。

受験勉強がんばってください。

Posted by: 山崎 | Aug 04, 2005 at 09:23

回答有り難うございました。
ミュージクラフトですね、大変参考になりました。

それにしてもカール・クレス、ジャケだけでもold timyです。

また何かありましたら、書き込ませて頂きます。
色々と有り難うございました。


Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Aug 04, 2005 at 18:28

> 佐藤 "the hipstar" 秀樹さん

またいつでもどうぞ。
お待ちしております!

> ドクターさん

さっきのデュェインとベッツ。
オール(パドル)とダッキーに引っかけてあったんですね。
気が付くのが遅かった!
うまい! 座布団3枚!

Posted by: 山崎 | Aug 04, 2005 at 20:22

あ?いや~(そんなつもりじゃ・・)
「アンソロジー」でみんなでカヌー漕いでる画像を想像していただけたら・・・
(座布団5枚)持ってって下チャイ!

あ、リンク 有り難うゴザイマス
(僕もやってみます)なんせPC音痴なモンで 更新通知(Ping)?
(誰かに聞いて)トライしてみます、
んじゃ チカじかスライドについて 更新してみよっかな?

Posted by: ドクター | Aug 04, 2005 at 20:42

デュアン・オールマンの『アンソロジー』ですか!
確かに中ジャケにカナディアン・カヌーを漕いでる写真が!
う~ん、絵になってるなあ。

更新通知(Ping)については、
http://list.myblog.jp/info/help
の真ん中あたりか、もしくは
http://list.myblog.jp/member/bookmarklet
を参照してください。

でも、ブロクの機能に更新情報を自動送信できる
オプションがないですか?

Posted by: 山崎 | Aug 04, 2005 at 21:09

ついに発見して即購入しました。
しかも、ジャズ・アーカイヴ盤とyazoo盤の2枚とも見つけました。

いや~最高ですね!!!
このぐらい控えめの方がお洒落です。

純音楽祭ではスタメン確定です。
あと、そのうち健一さん宅に泊まる予定です。


Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Aug 21, 2005 at 18:37

え、もう見つけました? おめでとうございます。
レコードは、それを欲しいと念じているとわりと
手に入るもんです。
で、良かったでしょ、ジャズ・アーカイヴ盤。
私なんか2枚持ってます(苦笑)。

健一さん宅にですか。飲み過ぎにご注意を。

Posted by: 山崎 | Aug 22, 2005 at 08:03

はじめまして。

私、 The Great Jazz Guitarists というタイトルでブログ(Yahoo! ブログ)を綴っております、string_7_master こと柳武(やなたけ)と申します。

実をいいますと、こちらでのカール・クレスさんのアルバム紹介を拝見したのが
きっかけで、さらにどっぷりと彼の世界にハマってしまいました。
まず、そのお礼をお伝えしたいと思って今回書き込みさせて頂きました。

そもそも、戦前のギタリストに興味を持つようになったのは、
CD「ジャイブ・ギタリスト大全」を発売当時(確か2000年だったでしょうか)に購入したのが始まりでして(解説を魚住泰広さんが書いておられました)、
収録されている古のギタリスト達の演奏、特にカール・クレス氏の演奏が気になって堪らなくなり、
その後いろいろと調べて行くうちに、こちらへ辿り着いたという訳です。

そして、こちらで紹介されたアルバムを手に入れて聴いて、
さらにまた色々な情報を仕入れて・・・と繰り返すうちに、
また新しい(古い?)世界が開けてきて、
この感動&感激、そして捜索&探索および調査の結果を残しておきたい、
そして、それが誰かのお役に立てばと思いブログを初めてみました。
ただ、特に詳細な感想等をコメントしている訳ではないので、
結構ぶっきらぼうな印象を与えるかも知れませんが・・・。
もし、よろしかったら一度ご覧になってみて下さいませ。

The Great Jazz Guitarists
http://blogs.yahoo.co.jp/string_7_master


それから、どなたかにコメントしておられた、

>レコードは、それを欲しいと念じているとわりと
手に入るもんです。

というのは本当ですねー!!
なかなか見つかりそうにないレコードも、
信じてのんびりその時を(笑)待つようにしています♪


あと、勝手ながらリンクの方をさせて頂いておりますが、
よろしいでしょうか?
問題が無ければ、どうぞよろしくお願いいたします!!

それでは、長々と失礼いたしました!!

Posted by: string_7_master | Dec 25, 2007 at 06:58

どうも、はじめまして。
ブログ、早速拝見しました。まだザッと目を通しただけですが、いやこれはスゴイ。クレス、私も好きだけど、こんなにも掘り下げて聴いていらっしゃるとは! ブログの方へは、また後でゆっくりとお邪魔させていただきます。そういえば、見覚えのある名前の方が何名かいらっしゃるようでした。

魚住さんの『ジャイヴ・ギタリスト大全』がきっかけで。そうですか、あれはなかなかに素晴らしいコンピですよね。魚住さんも以前はちょこちょこ顔を出されていたのですが、最近は仕事が相当に忙しいようですっかりご無沙汰しております。
ところで、お礼だなんてとんでもありません。実は、最近少々音楽に食傷気味だったのですが、柳武さんのコメントを読んで、「よし、また聴いてやるぞ!」という闘志が沸々とわいてきました。アーリー・ジャズ・ギター系は以前は時々触れていたのですが、最近は遠ざかっておりましたのでまた何か取り上げたいと思います。

リンクはご自由にどうぞ。私の方もリンクさせていただきました(「BlogPeople」へ登録していただけると、更新情報が入って便利なのですが)。
では今後ともよろしくお願いします。

Posted by: ca-Ym | Dec 25, 2007 at 18:57

リンクさせていただいて、ありがとうございます!
それから、「BlogPeople」へも登録しました。

アーリー・ジャズ・ギター系を含む今後の記事を楽しみにしていますね♪


それでは、また寄らせて頂きますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: string_7_master | Dec 26, 2007 at 06:49

以前からジミー・シャーリーはやりたいと思ってはいるのですが。
まあ、気長にお待ちください。

BlogPeopleでリンクを貼ろうと思ったのですが、
「登録されていません」とメッセージが出て…。
なぜかな。ヤフー・ブログはダメなのでしょうかね。
まあ、仕方ないですね。

Posted by: ca-Ym | Dec 27, 2007 at 00:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/5226612

Listed below are links to weblogs that reference カール・クレス:

« 続・いづみや | Main | Belzona »