« Belzona | Main | 避暑盤 »

Aug 05, 2005

続・ハード・タイム・ブルース

downhome44月の記事で戦前ブルースマン、レーン・ハーディンを取り上げた。彼は戦前にたった1枚のSPを残して消えた謎のブルースマンであるが、最近英エイスからリリースされた"The Modern Downhome Blues Sessions"の第4集に何とそのハーディンの戦後録音4曲が収録されたのである。
まさに青天のヘキレキ。で、その録音というのが変名を使って吹き込まれたもので、アーカンソー・ジョニー・トッドという人物と、さらにリロイ・シンプスンというシンガーのバックでギターを弾いているのがハーディンその人であるというのである。

実はこの二人は、ケントのアーカイヴ・シリーズ(子供のジャケットでお馴染み)の1枚、"Blues From The Deep South"にも収録されていたのであるが、やはり二人とも素性の分からない謎のブルースマンとされてきた人物だった。
本CDのライナーにはこれまでのリサーチとそれに基づく詳細な分析等が記載されている。確かに言われてみればトッドのハイピッチなヴォーカルといい、ちょっとクセのあるギター・スタイルといい、素人耳にも納得がいくほどハーディンに酷似している。それはもう一人のリロイ・シンプスンのバックに聴かれるギターも同様の印象である。
ところでそのシンプスンについてだが、ライナーには彼もまたハーディンではないかとの指摘がなされている。ただ声が違い過ぎるとのことから、現時点では「リロイ・シンプスン with レーン・ハーディン」で決着させているが、やはり「この声」で同一人物説はちょっと無理があるように思われる。

さて、個人的にはとても驚かされた今回のCDだが、ハーディン以外にもアレキサンダー・ムーアやリル・サン・ジャクスンといったダウンホーム・ブルース・ファンにはたまらない音源が目一杯詰まっており、ファン必携の1枚となっている。先に触れたケントのアーカイヴ・シリーズで聴けた音源も多いが、今年入手したCDでは今のところベスト1だな。

|

« Belzona | Main | 避暑盤 »

Comments

えッ、陛下が入手された中でベスト・・・・
(しかし むさ苦・・いや暑苦る・・いや熱いジャケですネぇ~)
しかし こうなると陛下オススメリスト帳っての
作ってレコ屋に行くとき必携品にしなくては
いけませんナ(覚えきれない)(´ヘ`;)

あ、ドルフィーさんはミンガスと演ってる時のや
ソロ(アルバム)では「ヴッ!」よりもフルート
を吹いてるのが「汗」少なくてすみそうですヨ~。

Posted by: ドクター | Aug 06, 2005 at 23:44

ちょっと留守して返事が遅れました。
いや、だからベストとは言っても
「(好き者の)私にとって」ですから(笑)。
少なくとも「ダウンホーム・ブルースには目がなくて!」
という方でないと…。
あいつがいいと言うから買ってみたら何だ!
一体どんな趣味してんだ! 何て苦情を
申されても責任は負いかねますので。

ドルフィーのフルートねぇ。
なるほど。私などには考えの及ばないところでした。

Posted by: 山崎 | Aug 08, 2005 at 09:40

あ、陛下(お帰りなさいませ)
あいつがいいと言うから買ってみたら何だ!
>ご心配無用です(全面的に信頼してますから)
また、ポリシーとして中古のみの購入を心がけてますから
(いつになるかワカリまへん)
しかし先日CD付きの例の雑誌購入しました
(まだ未読ですが)
中古で出回ってるLPをCD化しても 意味無い
気もしますネ。

Posted by: ドクター | Aug 09, 2005 at 17:18

あんまり信用しない方が…。
雑誌、買われたのですか。
そりゃまたエライ出費でしたね。中古CD3枚分?(笑)

それからしつこいようですが、ドクターさんのブログ、
更新通知を送ってくださいな。
更新されたのに気が付かなかったではないですか。
よろしくお願いします。

Posted by: 山崎 | Aug 09, 2005 at 20:00

あ、ごめん(なちゃい)サッパリわかりまヘン、
初期設定では(されてるハズなんですワ)

で、先日(実験的に)書いたンですけど ネ

ま、もチっと(お待ちください)
職場の詳しいヤツにP・ワード教えて入って
(もらってやってもらいますワイ)
陛下からの励ましのお言葉と受けとめて
これからはマジメに更新していく所存でゴザイマス。

Posted by: ドクター | Aug 10, 2005 at 19:28

更新、楽しみにしております。
で、レコードを出し惜しみせず、
もっと羨ましがらせてください。

Posted by: 山崎 | Aug 10, 2005 at 22:02

もっと羨ましがらせてください。
>って?陛下に羨ましがられるようなモノは
所有しておりませぬゾ、

陛下や(ち~旦)元帥閣下のように未聴盤が
何十枚もって(身分ではありません)

一度だけ聴いて「放ったらかし盤」なるモノは
存在しますが・・・・・(笑)。

Posted by: ドクター | Aug 11, 2005 at 04:46

いえいえ、いつも悔しい思いをしておりますよ。

未聴盤、何十枚ぐらいだったらいいんですけどね(笑)。
途中まで聴いてほったらかし、というのもあるけど、
多分それはもう聴かないんだろうなぁ。
「聴かないんだったら買わなきゃいいじゃないか」と
言われそうですが、それができれば…。

ところでドクターさん、朝早いですね!
ひょっとして夜更かしとか?

Posted by: 山崎 | Aug 11, 2005 at 07:32

あ、(失礼)未聴盤は三桁でしたネ
でも そのCD創ったミュージッシャンとか
エンジニアそれにスタジオの掃除のオバハン
(なんかに 申し訳無いという気持ち)から
無理にでも一回は聴きますヨ、

でも二度と聴きたくないヤツとかありますナ
それに自分のレベルが音源についていけて無いヤツとか・・・・・、
一度コレは買うな!聴くな!噴飯モノ特集ってのもアップしてみよっかな?
でも そういうのに限って他HPで絶賛してる人
おられる(から二の足踏むンですワ)

朝早いのは(トシのせいもあるけど)勤務が
めっちゃ不規則で・・・・・
夜更かし?も不倫もしてますが・・・・

Posted by: ドクター | Aug 12, 2005 at 12:45

そうかぁ、未聴のままではミュージシャンに
足を向けて寝れないか。確かに制作関係者にも悪いことを
してるなぁ。う~ん、反省しきり。うそ。
でも取りあえずは乏しい小遣いをはたいて買ってるんだから、
片足くらいは向けたっていいっすよね(笑)。
よし!私もドクターさんを見習って、今日から不倫、もとい、
CDを1枚づつ聴いていくことにしますよ。

「噴飯モノ特集」ぜひやってくだされ。
言いにくいことをズバッと言ってくれると嬉しいなぁ。
な~に、クレームなんて気にすることはありません。無責任。

Posted by: 山崎 | Aug 12, 2005 at 20:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/5322795

Listed below are links to weblogs that reference 続・ハード・タイム・ブルース:

« Belzona | Main | 避暑盤 »