« ワイルド・ジミー・スプルーイル | Main | 音あたり »

Sep 10, 2005

蒐集ノート/8月(2)

colect_aug2

Fats Waller - Swingin' The Organ (RCA LPT-3040) [10"LP]

ファッツ・ウォーラーのLP、特に10インチ盤はほとんど見境なく買ってしまう私である。ダブリのことなんかいちいち気にしない。どうせもう何を買ってもダブっているんだし(笑)。
その昔、レコード・コレクターズの初期の頃にファッツのディスク・ガイドが3回に渡って掲載されたことがある。日本一のファッツ・ファンである椙山雄作氏の持つファッツのコレクションが何百枚と紹介されたのであるが、それはもう圧巻だった。1曲しか入っていないようなオムニバスまでもが蒐集対象なのである。そのすさまじさたるや、まさにファンの鑑、コレクターの鑑だった。
「だった」と過去形で書いたが、椙山氏は亡くなられたのだそうだ。ジャイヴ博士のドクター魚住から以前そのことを教えていただいたのだが、何でも魚住さん、氏亡き後のファッツ第一人者の座は自分が、というようなことを言っていた。で、そのときは黙っていたが、実は私もファッツ・ファンの末席を汚すくらいにはなりたいと日々努力しているというわけである。
さて、このレコードは前々から探していた1枚。タイトルから分かるとおりファッツのオルガンものを集めたアルバムで、ソロはなく、あくまでオルガン独特の哀愁味を帯びた音色とアンド・ヒズ・リズムとの絡みが中心となっている。中でもファッツのハモンドとアル・ケイシーのギターの応酬が聴きものの「ママシータ」が本盤の白眉。

V.A. - Backwoods Blues (Riverside RLP 1039) [10"LP]

以前、RCA"X"シリーズの蒐集報告みたいなものを書いていたが、今度はリヴァーサイドの10インチ盤でもやろうかなと思っている。そこでまず手始めにこの1枚を。
本盤に収められているのはボビー・グラント、バディ・ボーイ・ホーキンス、キング・ソロモン・ヒル、ビッグ・ビル・ジョンスンの4人。当時は素性のはっきりしていなかった(?)ブルースマンも収められているが、ご存じのとおりヒルはその後のリサーチにより正体が判明している。最近、ヒルの幻の1枚だったSPが発見され話題になったのはまだ記憶に新しいところ。
グラント、ホーキンスの二人もヒル同様、デルタ臭漂う深みのあるブルースを聴かせる。ミシシッピ・ブルース好きなら間違いなく唸る。グレート!
最後の一人、ビッグ・ビル・ジョンスンは言うまでもなくビッグ・ビル・ブルーンジーの変名。

|

« ワイルド・ジミー・スプルーイル | Main | 音あたり »

Comments

先日は色々と有り難うございました。

10インチ盤ですか!たまらないですね!
確か、Backwoods Blues の方はブルレコガイドに載っていたような.....

本当に南部を感じます。
2枚とも羨ましい..........

Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Sep 10, 2005 at 20:14

先日は色々と有り難うございました。

おかげさまでアマゾンデビュー果たせました
(まだ 着きませんが・・・・)
山崎サマにあやかろうと 僕も最近ファッツさん入手、
ホンワカした楽曲とあのプロフィール・・・
しかし相当な練習だったんじゃないかと
ピアノの音を聴くと(そんな感じ)します、

しかし10インチ盤って(ガメツイ)僕には
あまり食指動きません
あの中にCD並の容量が入ってれば・・
なんて んな問題じゃ無いッスね

Posted by: ドクター | Sep 10, 2005 at 20:55

> 佐藤 "the hipstar" 秀樹さん

あまりお力にはなれませんでしたが。
ところで『ブルース・レコード・ガイド・ブック』に載ってましたっけ?
しかしあの本、持ってるんですか?中古で?
今では結構プレミアが付いているとも聞きますが。
羨ましいって、私には佐藤さんの若さが羨ましいですよ(笑)。

> ドクター殿

先日はって、何?(笑)
私の方こそ先日コメント付けたのに…ブツブツ。
ま、そんなことよりファッツ、買われたのですか。
何を? CD? LP?

10インチ盤にCDの容量をって、ドクター殿もすっかり
CDづいてしまってるようですね。
でも10インチっていうのはですね、もちろん音も聴けますが、
そもそもは手に持って眺めなめながらニヤニヤするための
ものなんです。

Posted by: 山崎 | Sep 10, 2005 at 23:01

先程確認してみたのですが、鈴木カツさんの

「ジャケットでブルース誕生の地、南部をイメージする。」

というヤツにやっぱり載っていました。
ブルレコガイドは中古で購入しました。
たしか1500円ぐらいだったような・・・・・

絶対泥臭い感じなんだろうな~。
本当にたまらないです。


Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Sep 11, 2005 at 09:47

なるほど、後ろの方ですね。
それにしても佐藤さんはアナログが好きなんですねぇ。
LPは地元のレコード屋さんで?それともやはりネットで?
何かいいのが手には入ったらまた教えてください。

泥臭いかぁ…。う~ん、サム・コリンズとかあの辺の感じです。
たまら~ん!

Posted by: 山崎 | Sep 11, 2005 at 10:10

ファッツ・ウォーラーのLPを集めようと思ったのですが、あまりの多さに断念しました。ファッツ・ウォーラーの10インチ盤(何種類有るか確認していませんが)は、ネットで見つけたら購入するようにしています。

Posted by: jive-king | Sep 11, 2005 at 16:47

お久しぶりです。
う~ん、そうですね、しかし「集める」とか「断念」とか言われると…。
「蒐集ノート」などといってこういう話を書くとややもすると「買った」とか「持ってる」とかそういうことのみに話が終止しがちなんですが、レコード集めて並べることが目的ではなくて、やはりもっと聴きたいとかどんな音なんだろうという中身の音が問題なわけでして。
もちろん私もレアなやつが欲しいとか、あのレコードが!という欲求もあるので、そういう気持ちも理解できなくもないですが、「もの」が欲しいから「もの」を買うんではなくて、基本は音を聞きたいから買っているということでご理解いただければと。
ま、山のような未聴盤を抱えてる私がこんなこと言っても説得力はありませんが(苦笑)。

Posted by: 山崎 | Sep 11, 2005 at 20:15

CDも買わないととは思うのですが、アナログで音源があるならと思うとどうも・・・

HOT DISCさんでもカタログは送って頂いているので機会があれば注文したいと思ってます。

LPは地元でもネットでも買いますよ。
(地元といっても仙台ですが・・・それも電車で1時間もかかります。家は本当にド田舎な所です。)

今日も仙台に行ってきたので、ちょこちょこ買ってきました。
本当に良いのだけを連絡させて頂きます。

Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Sep 11, 2005 at 21:04

こだわりもまたいいではないですか!
ただ最近はCDでしか聴けないものも多いので、
結構悩ましいところかもしれませんが。
しかしお金の方も大変でしょ。バイトしてるんですか?
私が高校生くらいの頃はLP1枚買うのも
悩み抜いた挙げ句に、という感じでしたが。

では報告、楽しみに待ってます!

Posted by: 山崎 | Sep 11, 2005 at 22:19

メールでは色々と有り難うございました。
なんだかちょっとだけ認められた感じがして、とても嬉しいです。

スタッフ・スミスは今のところは初期音源を中心に集めていましたが、後の作品はジャジーなんですか!?たまらないですね。
ヴァイオリン系は私も人種を問わず好きなので、頑張ってみます。

音楽のジャンルは他にも色々と聴きますよ。
多分、健一さんの影響があるのかと思います。

お金の方も、最近はバイトをやめたので(先が大変なので・・・)これからは大変です(笑)。

昨日は本当に有り難うございました。
また何か有りましたら、宜しくお願い致します。

Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Sep 13, 2005 at 21:09

認めるだなんて、とんでもない! 私は単にいいなぁ~と思っただけですよ。
ところでここをのぞかれている方は、きっと佐藤さんのような
若い方が一体何を買ったのか興味があるんじゃないかと思うのですよ、
なにせオッサンばかりですから(笑)。
しかしこのオッサン方がこれまたブルース、ジャズ、ジャイヴに
お詳しい方ばかりなので、今度はここに書かれるとまたいろいろと
コメントがあるかもしれません。ま、ないかもしれませんが…。

スタッフ・スミスの初期以外の録音は「ジャジー」ではなくて
「ジャズ」です。いわゆるヴァイオリン・ジャズ。
ですから初期のものとは全然趣が違います。
それからヴァイオリンでジャイヴっぽいものというと、
スヴェンド・アスムッセンがいます。スタッフ・スミスとの共演
レコードもある人ですが、この人も初期はかなりジャイヴっぽい
ことをやっています。初期のLPはちょっと手に入れづらい
ですが、CDは出てます。興味がありましたら、HOT DISCに
お尋ねいただくといいかと。

ではまたのお越しをお待ちしています!

Posted by: 山崎 | Sep 14, 2005 at 09:13

ご無沙汰しております。
最近また色々と購入したので、今度はこちらに書かせて頂きます。

roy smeck/yazoo
string ragtime/yazoo
the tune wranglers/texas rose
大衆音楽の真実/中村 とうよう

かなりイイ買い物が出来ました。
特にstring ragtimeに収録されている、state st.ragは鳥肌級でした。

スヴェンド・アスムッセンは
hot swing fiddle classics/v.a.
で持っています。
単独盤、頑張って探してみます。

なんだか私自身の蒐集ノートになってますね。
やっぱり恥ずかしいです(笑い)。

Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Sep 19, 2005 at 10:52

すごいハイ・ペース。景気いいんだなあ。
ロイ・スメック、いいっすねぇ。スメックの個人的
おすすめはエンプレスから出ているやつですが、
あ、でもこれはCDでした。
ヤズーの"String Ragtime"は最近某店のサイトで
見ましたが、そこから? これはなかなか出ないので、
見たとき買えですね。
気に入られたという、"State Street Rag"の
Louie Blue & Ted BoganはSP1枚の録音しかありませんで、
残りの1曲がこれもCDですが、ドキュメントで聴けます。
"Hot Swing Fiddle Classics"はフォークリリックのやつですか?
その手のオムニバス盤には必ず顔を出す人です。
単独盤もいろいろ出ています。ものによっては高いですが。

そういえばキャッツ&ザ・フィドルの2枚組を
手に入れたそうですね。佐々木さんから聞きました。
私も以前は宝の1枚でしたが、CD化されてからはポツポツと
見るようになって…。それだけ手放す人も増えてきたということ
でしょうね。と言ってもまだそれほど安くはないようですが。
いや~それにしても根性入ってますね!

書き込みは遠慮なされずにどんどん書いてください。
私、今ちょっとブログを書く余裕がないので、
こうやって書き込んでもらえると非常にありがたいです。
おかげで1回分くらいの記事の量になりましたよ(笑)。

Posted by: 山崎 | Sep 19, 2005 at 16:33

いやいや、もうギリギリのところですよ。
でもネットで見た瞬間買い物かごに入れてしまいました(笑い)。

"String Ragtime"はそのお店だと思います。
あのお店、他にも欲しいのが沢山あるのですが、我慢です。

"Hot Swing Fiddle Classics"はフォークリリック盤のです。
あれもヴァイオリン好きにはたまりません。

キャッツ&ザ・フィドル、健一さんから聞きましたか。
私的には本当に家宝級のアナログ盤です。

実は私、サッカー部でして、かれこれ10年間やっております。
健一さんとサッカーの話もこれからしていこうかと・・・
趣味がドンピシャなのです。

根性があるというのか、ひねくれているのか、もっとCDも買えばいいのにと我ながら思います。

Posted by: 佐藤 "the hipstar" 秀樹 | Sep 19, 2005 at 20:03

ヤズーの"String Ragtime"、"Pioneers Of The Jazz Guitar"、
"Fun On The Frets"。オールド・ジャズ・ファンならこの3枚は
押さえておきたいところですね。え? もう揃った? う~む。
ではもう1枚、いや、これはその内ブログ・ネタに使うので
またいずれということで。

さて、「某レコード店のサイトって、どこ?」というお尋ねのメールを
いただきました。別に隠そうってわけではないのです。当ブログに
リンクが貼ってあるくらいですし。NOAHLEWIS' RECORDです。
私もたまにですが、お世話になってます。ノアレコ阿部さん、いつも
ありがとう!
レコードはノアルイズ、CDは京都のホット・ディスクということでよろしく!
私、別に店の回し者ではありません。誤解無きよう。

Posted by: 山崎 | Sep 20, 2005 at 09:47

いやァ~ なんか陛下楽しそうですネぇ
(陛下が楽しそうだと 僕まで・・)
で、(ウチの奥様に・・)
「PC見て ナニ にやにやしてんのヨッ!」

って変な誤解受けてます、

またまた陛下のオススメですネ
ウッっしゃァ~!買うデぇ!(お小遣いもらえたら)・・・・・、
んじゃ 一度お店の方も覗いてみます。

Posted by: ドクター | Sep 20, 2005 at 23:04

最近、掲示板の様相を呈している当ブログですが、
これはこれでいいもんです。
それにやっぱり、若い人が加わると活気が出ますね。
いや、もちろんドクター殿の老練な味わいもなかなかですがね!

ノアレコはマメにチェックしてるんですが、早い者勝ちということも
あって結構競争率が高いんですよ。だから個人的にはあまり教えたく
ないという気持ちも…。

おすすめといえば、次かその次の記事でドクター殿用に
オールド・ジャズのレコードを2枚ほど取り上げようと
思っていたところです。
今ちょっと立て込んでおりますが、お小遣いを貯めて
待っていてください。

Posted by: 山崎 | Sep 21, 2005 at 07:43

ハぁ 老練な味?
>僕ぁ そんなトシじゃないッスよ
(って若作りしてるだけかな?)
ま、音楽については(陛下から見れば)
幼稚なトコロをウロついとりますが・・・

それにノアレコ?自慢にはなりませんがネ
僕ぁ LPに2000円以上は絶対使いません!
(たぶん 相手にされないですから・・)
(完全にスネてるドクター)
とにかく早期のアップを オン願います。

Posted by: ドクター | Sep 21, 2005 at 23:30

う~ん「老練」と言ったのはですね、歳ということではなしに、
まあ、渋みがあるというか、深みがあるというか…。
え? ますます違う?(笑)

2000円すかぁ。百戦錬磨のドクター殿なら可能でしょうが、
主に通販利用者の私なんかにはチト厳しいですね。

更新は来週になりそうです。

Posted by: 山崎 | Sep 22, 2005 at 08:03

だハッ、なんか苦しい言い訳を迫った気持ち、
マジに2000円が限度で平均1500円です
(だから)ちょっと太っ腹になって わからんモンまで買ってしまう、
でも そこにネ「音の一期一会」があるンです
僅かな予算でデッカイ収穫 支流を見つけて
源流を遡るって状態
最近はオールドジャズとの出会い 陛下のフォローもあって
僕ぁ 幸せだナって感じ
本日はノアレコ訪問 シングル1枚3000円以上(およびじゃない)
あのお店に火炎瓶放り込まれても 僕を疑わないで下さい、
ネットでCD買うの覚えて 今まで気になってた音源 クリックしまくり、
(モンキーのオナニー状態)
自分で自分が怖くなってきました。

Posted by: ドクター | Sep 22, 2005 at 20:07

へぇ~、ドクターさんがネットで、しかもCDを。
人って、こうも変わるもんなんだなあ(笑)。
どんなの買ったかとても気になるのでまた教えてください。

Posted by: 山崎 | Sep 23, 2005 at 10:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/5871573

Listed below are links to weblogs that reference 蒐集ノート/8月(2):

« ワイルド・ジミー・スプルーイル | Main | 音あたり »