« バンジョー夜話~その三 | Main | 久々 »

Oct 30, 2005

試聴ノート/10月

Roland Kirk Quartet - Copenhagen Concert (Lone hill Jazz LHJ10200)

roland_kirkサニー・ボーイ・ウィリアムスン(2世)のコンプリートを目指す上で一番のネックがローランド・カークのコペンハーゲンでのライヴ音源ではなかろうか。サニーボーイはこのライヴに2曲参加しているのだが、しかしこれがカークの10枚組CDボックス・セットでしか聴けないのである。2曲のために赤の他人の10枚組。しかもジャンルがまるで畑違い。もっとも、コアなファンにしてみればサニー・ボーイのファン度を誇示できる絶好のアイテムというわけである。
今は亡き友人、ネットワーク佐藤氏にかつて「サニー・ボーイは全部聴きたいですからねぇ~。思い切って買っちゃいましたよ。うわっはっはっは!」と豪快に笑われたときのあの悔しさ、もどかしさ。ハタから見れば威張る方も威張る方だが、悔しがる方も悔しがる方という、ただのバカ者同士であるわけだが。
で、その買えなかった10枚組セットだが、何と最近コペンハーゲンのライヴ音源のみを2枚組で、もちろんサニー・ボーイの2曲を収録してリリースされたのである。これを朗報と言わずして何と言うか。カーク・ファンにしたって朗報ではないのだろうか。よく分からないけど。ま、カークの1枚目として本盤を買うのはどうかとは思うが。やはり『リップ・リグ&パニック』とかアトランティック盤とかになるんでしょうかね、ドクターさん。
そういえば、今月はサトちゃんの命日にあたる月だった。もう3年か。これでまた少しは追いつけたかな、サトちゃん。

V.A. - Good For What Ails You: Music of the Medicine Shows 1926-1937 (Old Hat CD-1005)

good_for_what_alls_you超スローペースながら出すアルバムすべてがハイ・グレードというオールド・ハットからようやくレーベル5枚目となるアルバムがリリースされた。今回は「メディシン・ショー」をキーワードに組むという、今までにはなかったちょっと変わった趣向によるコンピで、レーベル初の2枚組となっている。
今回のコンピに限らないが、オールド・ハットのいいところは白人黒人問わずに収録しているところにある。ジム・ジャクスン、ヘンリー・トーマス、フランク・ストークスに混じってフランク・ハッチスン、サム・マッギー、エメット・ミラーといった必聴級の白人アーティストが並ぶ。
とかくブルース・ファンは黒人偏重の傾向に陥りがちだが、音楽を縦割りのみで聴くのではなく横割りで聴いてみることで、ブルース、ヒルビリーといったジャンルを越えた戦前ミュージック・シーンのまた違った面白さが見えてくると思う。理屈はともかくご一聴のほど。
前回もだったが、今回もまた72ページに及ぶボリュームたっぷりのカラー・ブックレットが付いている。で、これがまた見応え十分で、これだけでも買う価値があるというもの。
それにしてもショーティ・ゴッドウィン、エエなあ。

※「Yazoo追記」できました。手抜き記事ですが、興味のある方はこちらを。

|

« バンジョー夜話~その三 | Main | 久々 »

Comments

あ、名指しで恐縮ですが(持ってないンですヨ)でも鼻息の荒さは当代随一!って感じですネ
(昔 ハヤノボンペイってのも演ってたけど)
欲しいンだけど(高いデェ~)この人のLP(クソッ! あ、失礼)

で、最近は陛下のお言葉に振り回されっぱなし、アートテイタムのLP買ったらスリム ゲイラードが入ってたりカード申請したけど銀行から音沙汰無し、更新もと思いますがアレサこれさって順番もオモロ無いし(あの女は無視)とか
F・ウォーラーさんのオルガン聴いてギャッビ~ん状態でアタマん中レオ・ワトソンの歌がグルグル回って発泡酒飲んでレコ屋へ押しかけクリスチャンがあって何で「バン」が無いンじゃい~!って食って掛かり(もう発狂寸前)ですワ

荒れ果てた生活状態 社会復帰するまでしばしお待ちを・・・・・・
で、こんどは「オールド ハット」?(う、う~ッム)。

Posted by: ドクター | Oct 30, 2005 at 23:20

追伸 陛下にコペンハーゲンは似合いません!
ココはひとつサトちゃんを偲んで10枚組
(イッときましょう)。

Posted by: ドクター | Oct 30, 2005 at 23:31

早野凡平って、あの帽子(?)をいろんな形にする芸は覚えてるけど
(大正テレビ寄席)。そう言われみればそんな芸もあったような…。
凡平は日本のローランド・カークか。いや逆か。

ところで、う~ん、ドロ沼状態のようですねぇ。
ゲイラードの入ったテイタムっていうのがよく分かりませんが
(スラムじゃなくて?)、ファッツにワトスンにテディ・バンて、
いい趣味だなぁ~(笑)。

オールド・ハットは戦前ブルースが好きな方にはオススメしますが…。
カークの10枚組が似合うなんて言ってその気にさせても
残念ながらもう廃盤です。

Posted by: 山崎 | Oct 31, 2005 at 15:48

陛下、早野凡平ご存知ですか?(結構オトシ)なんですネ
(よく鼻で笛吹いてたじゃないですかぁ)

スリム ゲイラード?(デヘッ)タイニー グライムスの間違いでした(今も酔ってますが)
コレ聴くと天井がグルグル回ってきます(マジ)、
(HALL OF FAME-JAZZ GREATS JG-607)
ジャケ底の破れたのを八百円で・・・・
B面はMary Lou Williams(で 少し酔いをさまそうかな)と・・・・・
ンじゃ今宵はチェスの4枚組レコードのサニーボーイⅡさんでも聴こうかな
(ってコレしか持ってないんですが)
それにしても先日からバビロン先生には引っ張られましたナぁ(笑)。

Posted by: ドクター | Oct 31, 2005 at 18:53

何となく思い出しましたよ。横笛でしたっけ?鼻でピ~ヒャラと
吹いてましたね。しかし何で凡平の話をこんなに続けなきゃ
ならないんだ(笑)。カークはどうなった。

テイタムのレコードとなると非常に気になるんですが、
B面がメアリー・ルー・ウィリアムスっていうと、
ジャズトーン盤と同じ内容なのかなぁ。
テイタムのLPは大体60枚くらい持ってます。

バビロンさんの「あれ」も他の追随を許さない立派な
芸ですね。ま、もっとも誰も追わないか(笑)。

Posted by: 山崎 | Oct 31, 2005 at 20:34

今回も、たまらんですね。
特に2枚目は72ページのブックレット!?
オールド・タイムですね。

それにしてもテイタム60枚所有!?
さ、さすが山崎蒐集家・・・かなりビビッてます。

私事ですが、23枚のレコードを大量購入しました。
主にハーウィン等のオールドジャズです。
先輩方には負けてられません(笑)

Posted by: 佐藤 秀樹 | Oct 31, 2005 at 21:40

この辺を取っかかりとして聴いていけば、また世界が広がると
思いますよ。もちろんコレクションとしても絶好です。

ところでLPをいっぺんに23枚ってすごいなぁ。海外から?
またどんなのを買ったのか教えてくださいな。
メールでもここでもどっちでも結構ですんで。

Posted by: 山崎 | Oct 31, 2005 at 23:38

ハーウィン盤は必ずや制覇したいですね。
コットン・ピッカーズはマッキニーズではないです。
でもこの辺りは即購入決定しました。

次はキング・オリバー、フレディ・ケパード、フランキー・ニュートン等を狙います。

あと、本日オリジンのパットン盤(もちろん再発)が届きました。
最近思うのですが、ヤズーのクラム系ジャケットより、こういう南部っぽい方が好きかと。
もちろん個人的な意見ですよ(苦笑)。

Posted by: 佐藤 秀樹 | Nov 02, 2005 at 21:53

23枚の内訳、すごかったです。
マッキニーズじゃないコットン・ピッカーズを
即決定というのがスゴイ(笑)。

キング・オリヴァーはオールド・ジャズ入門を志す者にとっては
必須ですね。ハーウィン盤は、ヤズーのニック・パールズが
マスタリングを手掛けていて音が良く推薦盤です。
内容としてもサッチモが在籍していた一番いい時期にあたります。
ちなみに同じ内容のものがリヴァーサイドからも出てます。
オリヴァーの推薦盤は他にもありますが、聴いてみて
気に入られたらまたお尋ねください。

ケパードはハーウィンよりもいい内容のものがありますが、
ま、いいでしょう(笑)。

ニュートンは前も言いましたが、タックスですね。
あとそれからジャズ・アーカイヴスにも1枚あります。

オリジンのパットンもいいっすよね。
私もオリジンのジャケ、好きですよ!

しかしホント景気がいいんだなぁ。羨ましい。

Posted by: 山崎 | Nov 02, 2005 at 23:11

山崎さん

 「Yazoo追記」
 正座して拝読いたしました。
 いや〜 オモシロイ オモシロイ
 こんな話 そんじょそこらで話題にはならんので
 もぉ あはは あはは と笑いながら感涙を流した次第です。

 んで さっきYazoo盤をまた引張り出してみたのですが
  L 1004 TEX-ARKANA-LOUISIANA COUNTRY
 L 1008  Frank Stoke's Dream
  L 1027 Clifford Gibson-Beat you doing it
 の4枚がmono盤でした。

 んで ゆっくり見てみると
 おもしろいのを発見したんですけど
 Black~Purple~Redの他に
 Blue ゆうのを見つけてしまいました。
 L 1031 Funny Papa Smithなんですけど
 Side Bは普通のRedなんですけど
 Side Aが深いBlueのレーベルなんですよ
 いや〜 Yazooの遊び心も相当なものですねぇ
 オモシロイ オモシロイ
 ボク Yazooがノベルティで出した
  HEROES OF THE BLUES
 ゆう36枚セットのトレーディングカードも持ってます。
 ああ 昔持ってた Yazoo Tシャツ
 どこへ行ってしもたんやろ...


 

Posted by: がちゃこ | Nov 03, 2005 at 11:34

ただ単にもらった手紙を書き写しただけですし、拝読ってほどの
もんじゃ…(苦笑)。でも喜んでもらえて良かったです。

ところで、ヤズーの「青」(!)を発見されたとか。
そこでお願いなのですが、もしよかったらそのレーベル面の
画像をいただけないでしょうか。ぜひともそのブルー・レーベルも
ホームページの方に並べさせていただきたいのです。
どうぞ、よろしくお願いします。

Posted by: 山崎 | Nov 03, 2005 at 14:53

山崎さん

 Yazoo blueのシャシン
 メールいたしました
 こんどはOJLの深いハナシでも...

Posted by: がちゃこ | Nov 03, 2005 at 17:59

画像、ありがとうございました。
早速アップしました。
スキ者の方、どうぞチェックを。
http://homepage3.nifty.com/bjj/soshi03.html

もし今度グリーンでも発見したらまた
お知らせください。

OJLだと、あれを買い損なったという話くらいしか…。

Posted by: 山崎 | Nov 03, 2005 at 22:49

いやー、青色も登場ですか?がちゃこさんに負けじと、私も見てみましたが、残念無念、金色とかピンク色とかは、出てきませんでした。
しかし、Yazooも大したもんですね?最初から、計画的に30年後の話題を潜ませるとは・・・。

Posted by: バビロン | Nov 05, 2005 at 11:45

何だか知らないけど赤だのピンクだの青だのって、駄菓子屋のくじみたいなお話で私には皆目判りませんが、だいの大人をそんなに夢中にさせるYazooっていったいなんですか…?って今頃聞くなや…みたいな。(笑)

ローランド・カークと言えば、つい最近彼に色々な人が次々に絡む古いビデオを見ましたよ。
バディ・ガイ、クラプトン、スティーブン・スティルス…とにかく笑えました。

Posted by: lyne | Nov 05, 2005 at 12:14

> バビロンさん

ご自分のを確かめられましたか。よ~く分かりますよ、その気持ち。
青が出てきましたからねぇ。緑か黄色あたりもありそうな気が
するんですが…。
ニック・パールズもコレクターですから、将来きっとこうなることを
見越しての仕業だったのかも。

> lyneさん

だからピンクはないってば。
クジって言えばクジみたいなもんです。黒が1等、
紫は特等、カラフルなやつがスカ(笑)。

そういえばカークのそんなヴィデオ、
昔観たような気が(今思い出しました)。
サイケデリックな雰囲気漂う画像で(60年代?)、
ただ音も画質も少々悪かったような。違うかな。

Posted by: 山崎 | Nov 05, 2005 at 23:07

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/6737815

Listed below are links to weblogs that reference 試聴ノート/10月:

« バンジョー夜話~その三 | Main | 久々 »