« October 2005 | Main | December 2005 »

Nov 27, 2005

蒐集ノート/10月

collect_oct

すっかりご無沙汰しておりました。
というわけで、もうすぐ師走だというのに今ごろ10月分です。

Stuff Smith - Sweet Swingin' Stuff (20th Fox 3008)

スタッフ・スミスのアルバムが20th Foxにあることは知っていたが、やっと手にすることができた。
ジャケット裏を見るとメンバーの記載のみで、録音データらしきものは一切書いてないが、本LPは1959年のリリース作品。ということはちょうどヴァーヴ時代にあたる。が、ヴァーヴの作品と比べると、スミスの持つあのうねるようなスウィング感に乏しく、全体的におとなしめ。メロウと表現できなくもないが、やはり物足りなさは隠せない。
スミスの20thフォックス盤はCD化されていないので、どうしても聴きたい場合は本盤を探すしかないが、そうまでして聴かなければならぬほどのものではない。要するに内容はともかく「ちょっとばかり珍しい盤」ということだ。

The Complete Count Basie Vol.1 to 10 1936-1941 (CBS 66101)

どうしてこういうのを買うかなぁ。いや、ボックス・セットの完聴率が恐ろしく悪いのである、私。
エリントンのCD24枚組、ビックスのLP14枚組、ビリー・ホリデイのCD10枚組は何とか最後まで聴いたけど、ルイ・ジョーダンのCD9枚組、ナッシュビル・ジャンプスCD8枚組、レヴェナントのパットン・ボックスCD7枚組、モザイクのT・ボーンLP9枚組などすべて途中で挫折、というかほとんが半分も聴いていないという有り様。しかもベア・ファミリーのネリー・ラッチャーのように挫折どころかシールドされたまんまというのもいくつかあったりするのである。
というわけで、他人事のような言い方だが、今までの経験からするとこのベイシーの10枚組も聴かないな。多分。ただ一つだけ気がかりなのは、このセットには同じく10枚組の続編があることなのである。買うのか、私。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 13, 2005

久々

2年ぶりくらいに風邪をひいた。頭痛と咳がひどく、しばらくの間は早寝を心がけ安静にしておりました。で、やっと調子も戻って、ブログの更新でもと思っていた矢先、今度はbsr誌より原稿依頼。今月は年末恒例の「年間ベスト3」だけ考えればいいから楽勝だなあとのんびり構えていたのだが、急に尻に火がついた状態に。

さて、11月に入ってまったく動く気配のないブログに、例によって何人かの方からご心配というか遠回しな催促のメール(笑)をいただいております。いつもチェックいただき、ありがとうございます。そういうわけで、取りあえず何か一つエントリーしておくかということで、近況報告など書いてみました。と、そこへちょうどBSR編集部よりサンプル盤が到着。これでまたしばらくは原稿書きか。それではまた。

cds_nov

上段左より
V.A. - American Primitive Vol.2 (Revenant RVN 214)
Earl King - The Sonet Blues Story (Universal)
下段
V.A. - New York Jazz Combos 1935-37 (Hep 1077)
Lee Konitz with Warne Marsh (Atlantic)

※画像は本文とは何の関係もありません。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »