« ヴァーサタイル! ロニー・ジョンスン | Main | トッド・ローズ/スウェットマン »

Dec 31, 2005

今年最後の蒐集ノート

原稿も書かなくてはならないのだけれど、ブログも気になる。で、とりあえずこれまでの蒐集ノートのアップ漏れをパパッと出して、今年最後のエントリーといたします。

まずはハーウィンの400番台。ピアノ・フリークにはたまらんシリーズ。いっぺんに4枚。嬉しっ!

herwin400
They All Played The Maple Leaf Rag (Herwin 401)
Piano Ragtime Of The Forties (Herwin 403)
Piano Ragtime Of The Teens, Twenties & Thirties Vol.2 (Herwin 405)
Piano Ragtime Of The Teens, Twenties & Thirties Vol.3 (Herwin 406)

401は全編メイプル・リーフ・ラグというもの。演奏者はモートン、ライオン・スミス、ジェイムス・P、ユービー・ブレイク、etc。残り3枚はタイトルどおりの内容。403はラッキー・ロバーツ、J・ローレンス・クックが嬉しい。また403と406のマスタリングを手掛けているのはヤズーのオーナー、ニック・パールズ。もちろん、さすがの選曲。

次は11~12月に入手したものの中から適当にピックアップ。

collect_dec
Nat King Cole - The King Cole Trio (Jazz Trip JT-VII)
Jaki Byard - Solo Piano (Prestige PR 7686)
Harry Reser - Vamp! (Columbia CL 1285)
Pee Wee Russell - Jam Sessions At Commodore (Commodore DL 30,006)

ナット・キング・コールは、彼の最も古い録音が収められたもの。似た内容のLPがDJMにもある。今となってはさして珍しい内容でもないと思うが、これは1000円ほどだったので。
ジャッキー・バイアードはピアニストとしてはあまり話題になる人ではないけれど、私は好きだな。
ハリー・リーサーはU.S. Columbia盤で、一応これは6eye。内容は彼のダンス・オーケストラもので、はっきり言ってつまらない(笑)。念のため突っ込まれる前に言っておくがこのジャケ、HGの真似をしているわけではないので、ドクター殿。
今年はピーウィーのLPが結構手に入った。中には長年の探求盤も! このコモドアのオリジナル12インチLPも前から欲しかった1枚。これでピー・ウィーのレコード集めもようやく出口が見えてきた?

最後は久しぶりにRCAの"X"シリーズ。

yancey_x
Jimmy Yancey - Blues And Boogie (RCA "X" LX-3000) [10"LP]

ジミー・ヤンシーというと一般的にブギ・ウギのイメージが強いが、スロー・ブルースに絡む彼の朴訥としたヴォーカルもなかなか味があるのだ。

さて、今年も本家CAFE SOCIETYに年末恒例ベスト5をアップしました。興味がお有りの方は、こちらをどうぞ。
では皆様、よいお年を。

|

« ヴァーサタイル! ロニー・ジョンスン | Main | トッド・ローズ/スウェットマン »

Comments

あ、またもや(名指しで)ありがとう御座います、H・Gはヤズーの"Shake Your..."の
最後の方でも聴けますネ?
(ありゃハピ~ッ!と言っとるんですナ)
陛下がジャッキー・バイアードって?めっちゃ嬉しいですワ
ニーノ・ロータのメモリアルで聴ける
「ジェルソミーナ」最高でっせ
この人こそ音楽性のだだっ広い人ですねェ
ピィーウィー・ラッセルさんは何故か僕も30年近く前に買ってました
動機がワカリませんが癒されました

しかし皆さんスゴイし大笑いさせてもらったのもありますが
正直にコメント書くと袋叩き必修科目
になりますンで この辺で寝ます(明日は早朝勤務)
そいじゃ来年もグッドな音源との出会いがありますように・・・・。

Posted by: 2-sleepy改めドクター | Dec 31, 2005 at 22:58

新年早々、ご苦労様です。
バイアードですか。私、ピアノ好きですからね。あとクラもだけど。
バイアードのこれはモダンなファッツ・ウォーラーといった感じで
いいですよね!

とにかく今年もよろしくお願いします!

Posted by: yama | Jan 02, 2006 at 00:05

明けましておめでとうございます。ドクターさん、お勤めご苦労さまです。袋叩きだけはご勘弁願います。お手柔らかにお願いします。今年は"Super-natural"でいきます!(なんのこっちゃって?わかる人にはわかる)

Posted by: T-42 | Jan 02, 2006 at 17:25

おめでとうゴザイマス、T-42大統領閣下
いや、袋叩きは僕がみなさんにヤラれる
っちゅう意味です、
で、「今年は"Super-natural"」?さすが大統領!男らしい!やっぱ自然が一番!

今年からカツラ 外されるンですネ?(あんなモン 要りまへんデ)。

Posted by: ドクター | Jan 02, 2006 at 23:29

京都両巨頭様

「Super-natural」って、頭につけるジェルとかワックスの
ことかなぁと思ってましたが、そうですか、頭ですか。
ドクター殿の言うとおり、男はやっぱりナチュラルが
一番っすね! え? そうじゃない?

正月は届いたカタログを眺めながら楽しく過ごしました。

Posted by: yama | Jan 03, 2006 at 10:26

すっかり遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
実は年末年始にかけて、いざござが有りましてインターネットが全く使えない状態でした。
ですので、やっとベスト5もやっと見れました・・・

ハーウィンの400番台シリーズ最高ですね。
緑色以外初めて見ました。
かなり羨ましいです。

ことしも何がぞ宜しくお願い致します。

P.S/マウンド・シティ・ブルーブロワーズ買いました。
それと健一さんには話してはいたのですが、SP盤も少々・・・泥沼です(笑)


Posted by: 佐藤 秀樹 | Jan 10, 2006 at 19:25

こちらこそ、よろしくお願いします。
今年もまた蒐集報告楽しみにしてます。
佐々木さんも知りたがってるようなので(笑)。

で、マウンド・シティ・ブルー・ブロワーズはガーデニア?
う~ん、相変わらずいいとこ突いてますね!

SP買ってる話は、これまた佐々木さんから聞いてますよ。
私はSPは全然買わないけど、昨年は珍しくモーリス六個を
2枚ほど買いました、って言っても知らないっすよね。
ほうほう、何て言うのはやはりT山氏とU住氏くらいだろうなぁ。

Posted by: yama | Jan 10, 2006 at 23:33

マウンド・シティ・ブルー・ブロワーズはガーデニアです。
このイタリーのレーベル、凄いです。

spの話も聞いていましたか・・・
皆さん、つながっているのですね。

モーリス六個?私もまだまだです。

Posted by: 佐藤少年 | Jan 11, 2006 at 00:52

ガーデニアはイタリア? オランダ? 
プレスがイタリアだったんじゃ…。まあ、いいか。
マウンド・シティ・BBは3枚出てますが、コンプリートですか?
初期のはエディ・ラングが絡んでいていいよねぇ。

六個は知らなくいいですよ。そこまで知ってたら
おじさんの立場がないじゃない(笑)。

Posted by: yama | Jan 11, 2006 at 16:07

マウンド・シティ・BBは3枚ともバッチリですよ!
特にvol.2が大好きです。
健一さんはこれをSPで全て揃えようとしたらしいです。恐るべし。

今年はもっと世界各国の音楽にも手をつける予定です。
あと、ラング並みのギターテクニックも(無理ですね・・・)。
夢ばかり膨らむ冬の夜ってカンジです。


Posted by: 佐藤 少年 | Jan 11, 2006 at 22:49

今年はワールド・ミュージック(死語?)ですか!
さすが、中村とうよう氏を師と仰ぐだけのことは
あるなぁ。すごいなぁ、立派だなぁ。
すごい音でも見つけたらまた教えてください。

Posted by: yama | Jan 12, 2006 at 11:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/7925290

Listed below are links to weblogs that reference 今年最後の蒐集ノート:

« ヴァーサタイル! ロニー・ジョンスン | Main | トッド・ローズ/スウェットマン »