« ガットバケット・トロンボーン | Main | 今年最後の蒐集ノート »

Dec 25, 2005

ヴァーサタイル! ロニー・ジョンスン

読まきゃよかった、観なけりゃよかった、なんていうことは長年本や音楽に接しているとままあるわけである。例えば『アトランティック物語』のリーバー&ストーラーのうんざりさせられるような狡猾さであるとか、また今更な話題だがDVD『アメリカン・フォーク・ブルース・フェスティヴァル』(以下、AFBF)で多くの失笑を買ってしまったジョン・リー・フッカーなどは、近年ダントツの観なきゃよかったである。それにしてもフッカーはあれでかなりのファンを失ったのではないかと推測するのだが。ま、失うまではいかなくともフッカーを見る目は確実に変わったはずだ。
で、フッカーほどではないにせよ、ロニー・ジョンスンもまた同じくAFBFで若干の痛手を負ってしまったのではないかと思うのである。

ロニー・ジョンスンといえばシティ・ブルースにカテゴライズされる一方、「ヴァーサタイル」の代名詞を持つとおり、セッションマンとしてのキャリアは他に類を見ないほど多岐にわたっている。テキサス・アレキサンダー、エディ・ラング、そしてジャズの巨人、デューク・エリントン…。これら全方位的な活躍ぶりは、何にでも対応可能な技術と柔軟な音楽性があればこそ。まさにヴァーサタイルなのである。

といったところでAFBFにおけるロニーである。本編には彼がリード・ヴォーカルをとるトラックもあるが、問題なのはヴィクトリア・スピヴィのバックを務めたトラックの方。彼のMCでヴィクトリア・スピヴィを呼び入れて、サニーボーイらと彼女のバックを付けるのであるが、飄々とした彼の立ち姿、手慣れた感満々な弾きっぷりはハテ、遠い昔どこかで見たような……。そしてしばらくの後「うむ、そうか!」とポンと膝を打ちました、私。見事に重なり合ったその姿は、五千曲のレパートリーを持つという、アコーディオンおじさんの横森良造なんである。
どんなものがきてもそつなくこなせるという自信と余裕から漂ってくる風格。しかし、有り難みというもののまるでなさ。まさしく横森良造(しつこいか)。なんかしみじみするなあ。というわけで、ヴァーサタイルの方向性が横森良造に帰着してしまったのは何とも意外な結末であったが、同時にこのAFBFのロニー・ジョンスンは、彼のレコードの持つ意味を一から考え直させられる映像でもあった。

先日、DVD『THE!!!! BEAT』がやっとアマゾンより到着した。結構安かったので米国アマゾンで買ったのだが($24)、注文出したの6月なんだよなあ。いくらなんでも遅すぎんか。それはともかく、また見て後悔するような映像に出くわしてしまうんだろうか。ブルースも今後さらなる映像化が進むものと思われるが、なんだか予想外の問題をはらんでいそうである。要らぬ心配か。

lonnie_lps

*上段左より
The Best Of Lonnie Johnson (Swaggie S1225)
Lonnie Johnson (RCA PM42390)
*下段左より
Vocals and Instrumentals 1927-1932 (Origin Jazz Library OJL23)
Master Of The Blues Vol.6 (Collector's Classics CC30)

|

« ガットバケット・トロンボーン | Main | 今年最後の蒐集ノート »

Comments

AFBFはそんなに波紋を残した問題作(?)なんですね。
あえて買わないようにします。

でもロニー・ジョンソンは大好きです!
Pヴァインから健一さんが選曲したCDは、長年愛聴しております。

話は変わりますが、健一さん自分の買ったレコードのこと知ってましたよ。
まさか山崎さんとそこまでネットワークが出来ていたとは・・・(笑)

Posted by: 佐藤 秀樹 | Dec 25, 2005 at 18:35

先月だったか、佐々木さんと電話で話したときに
「最近、佐藤青年から何か連絡入ってる?」と聞かれたもんだから、
「そういえば、ハーウィンのLPを大量に買ったとか言ってましたよ」と。
で、「ハーウィン盤を買うなんて、佐々木さんがそそのかしたんじゃない?」
と言ったら笑ってましたよ。

AFBFはマジック・サムの映像を観るのが普通の楽しみ方だと思います。
ですので、私の書いてることは気にしないでください。

Posted by: yama | Dec 25, 2005 at 20:37

なるほど、そう言うことでしたか。
今の時期は健一さんも忙しいかと思ってたので、電話は控えてたんです。

たった2時間ほど前にbsr誌を買ってきました。
皆さん、精力的に活動されてますね。
改めて尊敬します!!!

いい加減、old hatのcd購入した方がいいですよね?

Posted by: 佐藤 秀樹 | Dec 25, 2005 at 22:04

bsrは安くないから、大変ですね。
ありがたいことに私はいつも編集部より送られて来るので
買わずに済むのですが、今月号はまだ来てないのですよ。
明日かな…。

Old Hatはご覧になったとおりですが、でも私の書くことは
あまり参考にしない方がいいっすよ(笑)。

Posted by: yama | Dec 25, 2005 at 23:48

bsr<一度だけ買いました
(書いてある事が あんまし理解できなかった)
横森良三>若いですから・・・知りません、

ロニー・ジョンソン>例のデュオでチト インパクト薄かった ンでオルガンとのデュオを注文
2ヶ月待ってメール来た
本家はもちろん 関連会社どこ探しても無いンだって(無いモン販売すなヨ)

陛下!>DVDまで購買網を?
僕ぁ 原点に立ち戻りたいと・・・・・
しっかし動くマジック・サム(観てみたいナぁ~!)。

Posted by: 2-sleepy | Dec 26, 2005 at 22:55

bsr、まだ来ない…。本屋に行くヒマもないし、ま、気長に待つか。

ロニー・ジョンスンは元々インパクトで勝負するタイプの
ブルースマンではないですからねぇ。スウィングしてるやつも
ありますが、元来が地味な人ですから(たくさん聴くと疲れるかも)。
ところで、オルガンとのデュオって何でしょう?

DVDはまあ、興味を引くものだけ。だけど観るヒマが…。
何年か前に買った10枚セットの『ケン・バーンズ・ジャズ』。
結局まだ最後まで観てないんだ、私。

Posted by: yama | Dec 27, 2005 at 00:29

え、とコレ  Lonnie Johnson & Peetie Wheatstraw
(デュオじゃないンっすかネ?)

「Blues in My Soul 1937/1946」なんかソソるタイトルだったモンで・・・・・
地味、控えめ、横森良三、
アニー・ローリーのバックをしてるの聴いた時
(シッヴイ おっさんやナ)と思いました

たくさん聴くと(お腹一杯?)なるほど。


Posted by: 2-sleepy | Dec 27, 2005 at 08:27

横森良造をちょっとおちょくったような書き方をしてしまいましたが、
あー見えても実はアコーディオン・ジャズの最高峰、アート・ヴァン・ダムを
神様と崇めているのだそうで、ミュージシャンとしてその見識の
高さには頭が下がるものがあるのです。
この辺のことはだいぶ以前に読んだ『アコーディオンの本』(春秋社)
で知ったのですが、結構おもしろい(珍しい?)本でした。
そうだ、「バンジョー夜話」やめて「アコーディオン夜話」を
始めようかなぁ。

ピーティ・ウィートストローはピアニストです。なんでオルガンと
思われたんだろ?
それから、アマゾンで見たら「1点在庫あり」、24時間以内の発送と
なってましたが。急がれたし。

※ちなみにですが、このCDジャケに写っているピアニストは
ピーティではなくて、ブラインド・ジョン・デイヴィスです。

Posted by: yama | Dec 27, 2005 at 16:52

アリ?ピアノでしたか ジャケ見たらオルガンに見えました
(ファッツさんのオルガン聴いた 後遺症かも)

あ、そのアマゾンで1点残ってたら ウチに送ってくる手はずだったンですがネ
(なんか気が抜けてもうた)
ハラ立つンで会員制の日記にボロクソ書いときましたが・・・・、
で、本日はヤボ用ついでに(デヘッ?)大阪出て 
ヒサビサのLPゲットデイになりました
(結構 収穫ありましたヨ~!)。

Posted by: 2-sleepy | Dec 27, 2005 at 18:06

成果のほど、また楽しみにしております!
LPは私もちょこちょこ買ってはいるんですが、
時間がなくてなかなかアップできません。
相変わらず未聴盤は山積みだし、
のんびりCDを聴く時間が欲しいです。

Posted by: yama | Dec 27, 2005 at 22:36

記事に関係なくてすいません。

今年もお世話になりました!

今から、仕事で川崎大師カウントダウンです。
たこ焼きとかを売るわけじゃなんですが、視察みたいなもんです。

来年も山崎さんに習って、好きなもんだけを書いていきます。

Posted by: ち~旦 | Dec 31, 2005 at 16:48

あ、!↑↑↑ち~旦!
「坦坦麺イモ堀り日記」って書いて怒ってンの?(TBしたンでっけど・・・)

で、消防関係?それともスリを見張る刑事?ギターを弾くジャンピン刑事!
って「太陽に吼えろ」(には いなかったナ)

ウぃ~ッ(酔ゥてるデぇ~)ハラ立つンで(自棄酒) 明日は休みのところ無理やり仕事 
(僕の仕事は)正月 地獄になるンですゥ~、

ま、みなさま良いお年を・・・・・。

Posted by: 2-sleepy改めドクター | Dec 31, 2005 at 19:49

> ち~旦さん

う~ん、好きなものだけをってかぁ。私って、そんなふうに
見られているんだ。まあ、そうなんですけどね(笑)。
でも最近書くこと自体がしんどくて。
ま、ともかく来年もよろしくお願いします。

> 2-sleepy改めドクターさん

あれ? 名前、元に戻すの?
元旦早々仕事ですか。お疲れ様です。
しかし最近は正月も関係なく営業している店も多くて、
昔と比べると正月気分もかなり変わったような気が。
時代っすかね。
来年もよろしくお願いします。

Posted by: yama | Dec 31, 2005 at 23:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/7814388

Listed below are links to weblogs that reference ヴァーサタイル! ロニー・ジョンスン:

« ガットバケット・トロンボーン | Main | 今年最後の蒐集ノート »