« Adrian Rollini | Main | 日本のジャズ・ソング! バートン・クレーン »

Jan 22, 2006

バンジョー夜話~その四

ragtime_banjo

初代ジャズ王と言われるバディ・ボールデンは残念ながら録音が残されておらず、彼のコルネットは伝説として語られるのみだが、しかし初代のバンジョー・キングと言われるヴェス・L・オスマンはその音を聴くことができるのである。
オスマンはレコード産業の黎明期である19世紀末から録音を行っており、ラグタイムやマーチを多く吹き込んだ、当時人気のプレイヤーであった。
100年近くも前のプレイヤーなわけだが、侮ってはいけない。オスマンの音楽は前述のとおり主にラグタイムではあるが、オールド・ジャズ・ファンを何かこう惹きつけてやまない魅力が厳然としてあるのだ。画像にあるヤズー盤が何よりの証拠。ニック・パールズは彼の音楽に惹かれ、1枚のLPを作っているのである。
ところでもう一人、オスマンと同時代に活躍したバンジョー・プレイヤーにフレッド・ヴァン・エプスがいる。名前からピンとくる方もいるかもしれないが、あのギタリストのジョージ・ヴァン・エプスの父親にあたる。エプスはオスマンのバンジョーを聴いてバンジョー・プレイヤーを志したという人で、オスマン同様、テクニック的にも申し分のないラグタイム・バンジョー・プレイヤーである。実は先のヤズー盤は、オスマンとこのエプスのカップリング盤となっている。つまりこの両人、ジャズ・バンジョーを聴いていこうとするのであれば避けて通ることのできない人物というわけなのである。
とは言ったものの、ヤズー盤はCD化されていない。しかしご安心を。戦前のポピュラー・ミュージックを実にコアに復刻し続けているレーベルに米国アーキオフォンがある。そこの1枚、 "Real Ragtime"に二人の録音が数曲収められているのである。2年ほど前だったか、ホット・ディスクから購入して一時期ハマりにハマった。同レーベルは内容も音質も申し分なく素晴らしく、ここはLPを探すよりも、アーキオフォン盤をチョイスした方がいいだろう。
最後に一応書いておくと、この二人に強い影響を受けたのがハリー・リーサーである。

*画像左より
Fred Van Eps And Vess L. Ossman - Kings Of The Ragtime Banjo (Yazoo L-1044)
V.A. - Real Ragtime (Archeophone 1001)

|

« Adrian Rollini | Main | 日本のジャズ・ソング! バートン・クレーン »

Comments

この連載待ってました!
バンジョーいいですねぇ。たまらないです。
でもここはヤズーから探します(いつものパターンですね 笑。)

リー・ワイリーは12インチです。それでなくとも高いので・・・
『マンハッタン』を聴いていると、ついコーフィーが飲みたくなります。
メールの追伸を読んだら笑ってしまいました。

p.s/今の時期が終わったら、サルバトーレ・マッサーロに・・・(無理ですね。)


Posted by: 佐藤 少年 | Jan 22, 2006 at 23:09

最初はこんもの書いたって誰も喜ばんだろうって思ってたけど、
「たまらない」なんて、物好きだなぁ。しかもまだお若いのに(笑)。
そういえば、リー・ワイリーもおやぢ趣味か…。
でも『ナイト・イン・マンハッタン』はちょっと羨ましかったです。
また何かご質問等あれば、お気軽にどうぞ。

ヤズー盤、見つかるといいっすね!

Posted by: yama | Jan 23, 2006 at 09:52

いつもながらマニアックなトピですネぇ、

で、お気軽に質問してもイイんですか?
(でも 何聞いていいのかワカラン!)

バンジョー行く前に僕ぁ やっぱサルバトーレ・マッサーロかな?(ムフッ)。

Posted by: ドクター | Jan 23, 2006 at 18:06

ですからドクター殿の場合、マッサーロだったらこれ以外の
選択肢はないでしょ。
http://www.mosaicrecords.com/prodinfo.asp?number=213-MD-CD

Posted by: yama | Jan 23, 2006 at 20:08

8CD?(ゲップ) ひゃくにじゅうハチドルぅ~?
(び、ビビってるワケじゃ ありませんが)

買い方ワカランので・・・・
「ヴェヌーティー」ってのも1枚だけなら買ってもイイかな
それより(スケベちゃん)だから メアリー・オズボーンでも買って悶えよかな? と・・・・・
(実際 ビビりました)
僕ってこう見えてもビビんちょ なんです
(あ、ビックリしたぁ)。

Posted by: ドクター | Jan 23, 2006 at 21:46

え? 多すぎる?
いや、以前2枚組じゃ全然物足りなかったと言われたので、
これだったら満足いただけるかなと思ったのですが。
買い方は簡単ですよ。カートをクリックして、あとは
住所やクレジット番号などを入れるだけ。数日後には
お手元に、という寸法(笑)。

メアリー・オズボーンですか。
じゃあ、これなんかは? 1曲だけだけど。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00004U9LW/qid=1138024920/sr=1-13/ref=sr_1_2_13/249-5300829-3758755

Posted by: yama | Jan 23, 2006 at 23:15

あ?以前言ったことは(ちょっとエエカッコ)言っただけ(こう見えても)
エエカッコしィなんです、

ウム、先日入手しました(寄せ集め)って視野が広がるから(好き!)
レス・ポールのプレイが聴けるのが嬉しいし ジャンゴで1曲素晴らしいコードワーク聴かせてくれますネ
でも僕が一番気に入ったのは ガリゴリコリンって入るジョージ・バーンのギター
(イイなぁ)
あ、はいテディ・バンさん以降 ギターに凝ってます。

Posted by: ドクター | Jan 24, 2006 at 05:38

もう買ってましたか! サスガ!
ま、しかしジャズでもブルースでもギター好きって多くいらっしゃいますな。
私はピアノとクラの方がいいけど。あとボントロ。

ギター・コンピでしたら、まずはPヴァインの「あるうちに」の1枚、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00004TRKZ/qid=1138062332/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-5010153-5195430
それからヤズーの"Pionners Of The Jazz Guitar"、
仏SAGAの"Jazz Masters Of Acoustic Guitar"もおすすめです。
あとかなりマニアックだけど、"Guitar Rarities Vol.1/2"(IAJRC)
というのもあります。

Posted by: yama | Jan 24, 2006 at 09:30

陛下、ありがとうゴザイマス!
(よっしゃぁ~!買うデ)
Guitar Rarities 2は先日入荷、トニー・ガッツォって発音するンですかネ?
めっちゃ気に入りました(1も即 注文!)

クラはエリントンとドルフィーで(聴き方が足りん?)
アート・テイタムのピアノは上手すぎて(アタマが痛くなるンです)
で、アール・ハインズを(中古で3枚ほど・・・)

ボントロ?JJ・ジョンソンしか知らず井戸の中(状態だったンですが)
オールドを聴き出して(大海原へ出た)感じです、
タイニー・グライムスは4弦で(反則ワザ)では済ませれんインパクトあるし
ジョゼフ・スペンスってオッサンにも引き込まれるギターだし
やっぱダニー・ガットンも素晴らしいテクしとるとか(アタマの中 ぐっちゃぐちゃ状態)

最近ラッキー・ミリンダーの「サボイ」がサッブイ~!サッブイ~!って幻聴が聴こえる始末
(とにかく キャッツ&フィドルの3枚目でも聴いて アタマ冷やします)

Posted by: ドクター | Jan 24, 2006 at 21:45

いつの間にキャッツを?
あれ?でもジャイヴ拒絶症だったんじゃ…。治った?
それにしてもすごい勢いであれこれ触手を伸ばしてますね。

ハインズもいいっすよねぇ。買ったのはピアノ・ソロ? それとも
ビッグ・バンドものでしょうか。
初期のQRS、ヴィクターの"Grand Terrace"は必聴。あと60年代以降の
"Paris Session"、"Grand Reunion"、"Spontaneous Explorations"
なんかも好きだなぁ。
ファッツのピアノ・ソロを集めたアルバムなんかよく聴きますが、
なかなかいいですよ。

今日は久しぶりにボブ・ハワードを。このジャイヴおじさんも
サイコー!

Posted by: yama | Jan 25, 2006 at 00:31

え、キャッツは地元カリスマCD屋さんで・・
とにかく僕の(2万円代)のPCには「yama陛下語録」なるファイルが存在し、

CD探索指針とさせて頂いてるワケで・・・
(本日はボブ・ハワードをコピー・・・・)笑、

アール・ハインズは「マキシン・サリバン」とのライブとフランス盤(40~42)
ワカリやすいピアノですネ、

ファッツさんは中古でも価格差がめっちゃ激しいッス(もっと欲しいンですけど)
ピアノ弾いてるのが楽しい!って気分にさせられます(そういう意味では)
ボビー・エンリゲスってピアニストと(僕の場合)ダブります、

ファッツと言えば「ドミノ」さんも もっと聴きたい音楽家のひとりかな?
とにかく気が多いっちゅうか
(ひとりの女性だけでは満足できましぇン!)笑。

Posted by: ドクター | Jan 25, 2006 at 14:55

貴重なハードディスクのスペースを…。恐縮です。
でもあんまり参考にしない方が…。

ボビー・エンリゲスっていうピアニストは知りません。
ぜひご紹介を。

Posted by: yama | Jan 25, 2006 at 23:07

了解スました。

Posted by: ドクター | Jan 26, 2006 at 21:18

ドクターさん、おはようございます。二日酔いしてませんか?(笑) 酔っ払ってメガネ壊したりしないでね。ところで、ボビー・エンリケスってフィリピン出身のジャズ・ピアニストで、80年代から何枚かのアルバム出してる人じゃなかったですか? ドクターさんの守備範囲の広さにはいつも感服させられますわ。ところで、ここ3日ほどのわたしのヘヴィ・ローテーションは西田佐知子です。彼女のアンニュイな歌声は最高です。関口くんの嫁にしておくのもったいないですな。

Posted by: T-42 | Jan 27, 2006 at 08:41

あ?来やはった、来やはった(お父ちゃん あの人来やはったデぇ~!)
二日酔い?(何で知ってンの)御大のご近所と思いますが「眠眠」 あそこの豚足の煮込みは最高ですナ
守備範囲が広い?(バッカを言っちゃイケマセン)T-42 御大の変態度数とは比較になりません、
で、西田のさっちゃん?「コーヒールンバ」(ふっるゥ~)に「キクマサぁ~むネぇ~」って 
あんな細っこい身体からよく深い声が出るモンですネ(今度 弘法さんで・・・・・・)、
僕ぁ 御大トコロからのアレですわ アレ、あれ聴くと自然とお手手が股間に・・・・ムフッ。

Posted by: ドクター | Jan 27, 2006 at 10:33

ボブ・ハワードの名前が出てましたけど、現在入手困難となっているハワードのクラシックス盤CD、尼損のマーケット・プレイスとやらでは軒並み高値となってますね。それにしてもクラシックスのCDに五千円も六千円も出す人いるのだろうか?あんまりですね。話は変わるが、さっちゃん最高っす!『アカシア』聴いてると、オレもう死んでもいいや、って気分になりますわ(危ない!危ない!)。その前にまず、もう一杯飲んでおこうっと。

Posted by: T-42 | Jan 27, 2006 at 16:33

ワカッタぁ~!ペギー・リーから一転 西田佐知子?(どうもオカシイと思ったら)
「アカシア」または「明石屋」って飲み屋のさっちゃん と デキとりまスな?
死んでもいいやって (ほどほどに・・・)

で、CD 1枚に6千円?(ナメとりまンがな)CD買うなら ココ ↓ でっせェ~!
http://homepage3.nifty.com/bjj/hotdisc.html
クラシック盤(やっすィ でぇ~)マニアックで変態度数の高い方もご満足
ブルーズが充実、僕ぁ ヴィンテージなR&Bが手に入るから 好き!
(浮気は やめた)ウソ。

Posted by: ドクター | Jan 27, 2006 at 22:19

う~む、御大が西田佐知子ねぇ…。
「コーヒー・ルンバ」なら分かるけど、「アカシア」聴いて
死んじゃおうなんて、きっとどっかのブログの影響だな。
で、西田佐知子なら実は私もアルバム(LP)持ってます。
『西田佐知子 魅力のすべて』ってやつ。
じゃあ、私は「くれないホテル」でも聴いて枕を濡らそ。

ドクター殿が御大のところから買った、股間に手が行くCDって何?
一体、何をおかずにしてるんすかね(笑)。

Posted by: yama | Jan 28, 2006 at 00:25

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/8286633

Listed below are links to weblogs that reference バンジョー夜話~その四:

« Adrian Rollini | Main | 日本のジャズ・ソング! バートン・クレーン »