« ディッキー・ウェルズ | Main | カサ・ロマ・オーケストラ »

Feb 19, 2006

Janet Klein

ジャネット・クラインは私が新譜を追いかけている非常に数少ないアーティストの一人というわけで早速購入。

Janet Klein - Oh! (Buffalo Records LBCY-312)

janet_klein_ohまだザッと聴いただけではあるけれど、前々作、前作そして今回と、ここ3作の中では一番出来がいい。その理由は簡単。収録曲、つまり選曲がいいんだな。
オールド・ジャズあるいは戦前ポピュラー・ミュージックの隠れた佳曲を拾ってきてそれをノスタルジックな雰囲気満々に聴かせる(いや、演じてみせるという方が近いか)というのが彼女のスタイルなわけだが、そうした終始一貫変わらぬ路線で作品を出し続ける中でアルバムの成否を分けるカギは「選曲」しかない。要するにどれだけうまい選曲でリスナーの琴線をヒットするか、これしかないのである。
その選曲について、本作でアネット・ハンショウの曲を取り上げている。以前も彼女の曲を取り上げていたが、ジャネットのヴォーカル・スタイルは案外このアネット辺りに範をとっているのではないかと睨んでいるのだが、どうか。

さてところで今回3度目の来日を果たすということで、日本ではすっかりブレイクした感のあるジャネットであるわけだが、本国アメリカではどうなんだろうか。つまりその人気というか、あの独特のキャラがどんなふうに受け止められているのかってことなんだけど。
前々から感じていたことなんだが、全身から発せられるエキセントリックさといい、コスプレチックな風体といい、どうも野沢直子と重なって見えるんである、大和田バクって歌ってた。アメリカの野沢直子。気のせいか。ならいいんだけど。

※試聴はBUFFALO REOCRDSの以下のページで。
http://www.buffalo-records.com/buffalocds/index-bu.html

|

« ディッキー・ウェルズ | Main | カサ・ロマ・オーケストラ »

Comments

ひぇ~!陛下も(女性の)レパートリーは相当なモンですネぇ、
の、野沢直子ォ~?(ヘアスタイルが・・・)やっぱ僕ならコチラ取るナ(センス良さそう)

「ザッと聴いただけ」 うん、僕も最近聴き込むっちゅうのが困難になってきました
(未聴盤が100枚以上って事じゃないンですが)。

Posted by: ドクター | Feb 19, 2006 at 20:52

こんばんは、木下と申します。
Janet Kleinのアルバムは、おっしゃるとおり、「選曲」が良い。僕は、2.3年くらい前に、彼女のアルバム”Put a Flavor to Love” の"All My Life"を聴いて、彼女のファンになりました。”All My Life”は19歳のElla FitzeraldがTeddy WilsonのBrunswickセッションにて吹き込んだものがベストだが、Janetの唄もなかなか良いですね。
しかし、彼女の格好は何とかなりませんかねえ???やはり、皆さん、同じように思っているのでですね。

Posted by: 木下 | Feb 19, 2006 at 23:08

> ドクターさん

そうでしょ。たまってきたでしょ。
最近になって、私はもうこの解決策は一つしかないと知りました。
深く考えないこと、これです(笑)。

ジャネットは都合4回ほど聴きました。
やはり今回はなかなかいい曲が揃っていますよ。

> 木下さん

いつぞやはBlack Pattiのレーベル画像を提供いただき、
ありがとうございました。
ところで。いつの間にかブログを始められていたのですね!
それにしてもこれはまたマニアックな世界ですね。
これから時々のぞかせてもらいますので。

それから"All My Life"ですが。
エラも悪くないですが、私としては同じテディ・ウィルスン絡みでも
ベニー・グッドマン・トリオをバックに歌ったヘレン・ウォードのものが
最高であると固く信じております。
少なくとも見た目では上でないかと(笑)。

Posted by: yama | Feb 20, 2006 at 00:27

そうですね。ヘレン・ウォードがいましたねえ、”All My Life”といえば。どちらの唄も好きです。勿論、見た目はヘレン・ウォードの方がすきです(当たり前か!)。

先日から、ブログを始めてみました。どんな内容になるのかはっきりと決めていないのですが、主に20年代~30年代のBluesとJazzをターゲットにした内容にしていこうと思いますので、良かったら、時々覗いてやってください。

ご迷惑でなければ、当方のサイトに山崎さんのサイトをリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?

Posted by: 木下 | Feb 20, 2006 at 01:43

どうぞ、どうぞ。HPでもBLOGでもこんな拙いものでよければ
どうぞリンクしてください。
私の方も木下さんのブログをリンクさせていただきますので。
今後ともよろしくお願いします。

Posted by: yama | Feb 20, 2006 at 09:26

ひゃぁ~!マニアックですねぇ木下さん
(ガンバって下さい)、
で、陛下「深く考えないこと」?(他人事だと思って・・・・ブツブツ)
わしゃぁ モト取るデ~!やっぱ年末まで音源購入を封印してしまおかな?
それに なんでこんなモン買ォてしもてンやろ?というのもあるし・・・(自殺したくなる)

で、「ヘレン・ウォード」?また欲しなってきたがナ・・・・、
(ボ、僕ぁ どうしたらイイんでしょうか)。

Posted by: ドクター | Feb 21, 2006 at 01:17

「どうしたらイイんでしょうか」ってねぇ。
私だって今年は控え気味に行こうと思っていたのに
すでにもう未聴盤が一山できてる状態で。
私こそどうしたらいいでしょうですってば。

Posted by: yama | Feb 21, 2006 at 20:19

PMJ!!!のほうではいつもありがとうございます。HOKUMちゃんの独断場になりつつありますが、何とか皆で続けていこうと思っております。

彼女、4月に来るんですね!
しかも、イアン先生のソロ講演付きで!
4月2日には、フリッツさんのトリビュートライブもあるし、4月は花粉症など言っていられません。

一人でも上京してライブ観に行く覚悟です!
(お金があれば・・・。)

Posted by: PMJ!!!改めchicken reel stomp | Feb 24, 2006 at 19:37

PMJ!!!改めchicken reel stompさんもジャネットが
お好きでしたか。しかしわざわざ東京まで観に行きますか?!
根性入ってますね! ジャネットの野沢ぶりでもまたレポートして
いただけたら嬉しいです。

WOODCHIPSのあのCD、その昔名古屋の某店から買ってよく聴き
ました。あ~思い出すなぁ。

Posted by: yama | Feb 25, 2006 at 00:27

WOODCHIPSのLP売ってないですかね~?
そういえば、4/2のフリッツさんのトリビュートライブは行くんですか?ちょうどジャグフェスの翌日。何か凄いことが起きそうな予感がします。ちょうど、土日だし。
BSRで健一さんが紹介してたハッチポッチも出ることだし、ジャネットを諦めてそっちに行こうかなと思っております。

Posted by: chicekn reel stomp | Mar 01, 2006 at 00:25

ライヴは諸般の事情により私は無理っす。

ウェスタン・スウィングの方はあまり詳しくないですけど、
ハートマンズ・ハートブレイカーズとスモーキー・ウッドの
LPは出てましたよ。簡単に手に入るかどうかは分かりませんが。
ちなみにハートブレイカーズのLPはウッドチップスのCDと同じ
ジャケット・デザインでしたね。

そういえば、ウッドチップスのCDはかつてbsrに
ディスク・レヴューが載りました。
書いたのはサトちゃんだったんだよなぁ。

Posted by: yama | Mar 01, 2006 at 10:01

WOODCHIPSってスモーキー・ウッズ&ザ・ウッドチップスのことだったんですね。すぐにわかりませんでした。LPはランブラーから出てましたけど、中古でもあまり見かけませんし、CDでさえとっくに廃盤で入手不可能ですね。

Posted by: razzmataz65 | Mar 01, 2006 at 15:20

ちょっと久しぶりじゃないですか。
どちらへ行っておられたのでしょうか。

最近ですが、ベアのHARRY CHOATES(御大が以前ベストに
挙げられていたやつ)をよく聴いております。これ最高ッすね。
それと夕べ聴いたバッバー・マイレー。こちらも星4つ半!

Posted by: yama | Mar 02, 2006 at 09:12

あ、べつに何処へも行ってませんよ。ちょっとINNER TRIPしてただけです(笑)。BUBBER MILEYってスウィング・タイムのCDですか?わたしも欲しいです。HARRY CHOATESがお気に入りとは嬉しいっす。このあたりはケイジャンといっても、ウェスタン・スウィングからの影響も強くて面白いですよね。

Posted by: razzmataz65 | Mar 02, 2006 at 12:31

そうです。スウィング・タイムのです。最近はヴィンテージ・
ミュージックという名前でリリースしているようですが。
これはもうブルースですね。もっともバッバーという人は
元々そういう人ではありますけれど。
HARRY CHOATESは1枚目が特にいいです。ゴールド・スターは
ライトニンやリル・サンだけじゃないってことですね。

Posted by: yama | Mar 02, 2006 at 18:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/8727958

Listed below are links to weblogs that reference Janet Klein:

« ディッキー・ウェルズ | Main | カサ・ロマ・オーケストラ »