« 魚ちゃんからの手紙 | Main | 40代限定 »

May 11, 2006

ブルース・カレンダー、2007年版を占う

Son_house

ようやくサン・ハウスの発掘盤を聴いた。Pヴァインのを待ってたのでちょっと出遅れた感じもあるが、こっちはデータが完備されているし、少々高くはつくが(と言ってもヤズーのより安く買えたが)いちいちディスコグラフィを開かなくて済むぶんよかったと思っている。
内容についてはbsrでも特集が組んであるのでもうここには書かないけれど、これだけは触れておく。一体何なんだ、CDのこの取り出しづらさは。何か特別な理由でもあるのか。CD割るかと思った。指が異常にでかい人間はどうすればいいのか。今後聴こうとするたびにこの難行をクリアせねばならんのか、ヤズー。
と、以上気が済んだところでブルース・カレンダーである。突然何だと思うかもしれないが、来年版の目玉の話である、おまけCDの。決まったな、サン・ハウス。
思えばパットンの全身写真を表紙にあしらい、キング・ソロモン・ヒルとトミー・ジョンスンの新発掘音源を収録したCDをおまけに付け、全ブルース・ファンを震撼させた2004年版ブルース・カレンダー。やはりあれは出来過ぎ、いや奇跡とさえ言えるものであった。音源提供者のジョン・テフテラーは翌2005年版のためにと、ヒルの1曲をセコくも出し惜しみ、したまではよかった。だがしかし1年隠しきれず、どころかあっさりヤズーに提供してしまったために2005年版を大マヌケなものにしてしまったのである。そしてとうとう2006年版は何の変哲もないスキップ・ジェイムスという凋落ぶり。別にスキップが悪いってわけじゃないが、CDはまるで嬉しくないんである。大体もう行き渡っているだろう、スキップは。
というわけで来年は久しぶりの目玉復活である。もちろん間が抜けてると言われるのは承知の上である。

The Stuff That Dreams Are Made Of (Yazoo / P-Vine)

|

« 魚ちゃんからの手紙 | Main | 40代限定 »

Comments

>一体何なんだ、CDのこの取り出しづらさは。何か特別な理由でもあるのか。CD割るかと思った。

僕だけじゃなかったんですね。僕は、yazooの輸入盤を都内の某ユニオンで速攻買いましたが、CDがなかなか取り出せなくて、取れたと思ったら、飛んでいっちゃいました。しかも、内側ケースには”DVD”と記載されてあり、何じゃそれ・・という感じでした。

ジョン・テフテラーのブルースカレンダーについても、同感。
彼から、6回ほど78rpmを購入したことがあるが、なかなか誠実なナイスガイでしたよ。

Posted by: 木下 | May 11, 2006 at 23:54

うう~ン(どうもイカンな) 陛下の音源紹介見ると何でもカンでも欲しくなるンす(先日のVEE-Jay ありゃぁ ヨカッタ!)

ジョン・テフテラーって ププ、なんか憎めない人って感じ、
取りづらいCDもそうですが LPでも極端に穴の小さいの
ありますよネ(両手でターンテーブルに押し込む作業)
外す時のこと考えてない自分がマヌケに思えますが・・・

一応こういうLPを 僕ぁ「処女盤」と呼んでます。

Posted by: ドクター | May 12, 2006 at 08:03

わたしも、わたしだけかと思ってました!ケースから外すのに5分以上かかりましたよ。ヤズーのバカヤロ~って感じっすね。

Posted by: t-42 | May 12, 2006 at 08:05

しかし、みんな思っていても自分からは口に出さないんだなぁ。
それが大人ってことか…。

> 木下さん

ヤズーのブックレットに出てくる人物は人生破たん者みたいなの
ばっかりですが、テフテラーってナイス・ガイなのですか。
ちょっと残念。

> ドクターさん

サン・ハウスの2曲だけが目当てでしたら、そのうちドキュメントも
(ダビングして)出しますから、きっと。
レコードの穴の小さいのは、えんぴつなんかでグリグリやると
いいですよ。

> t-42さん

やはりこういうことは小者の私なんかが言うよりも、業界のドンである
御大が言った方が効果的かと。

Posted by: yama | May 12, 2006 at 10:05


 ボクはまだ買っていないので
 その
  CDが割れ凶器化する
  指が太いニンゲンはなかなかサンハウスが聴けない
  取れた瞬間にフリスビーの如く飛行する
  DVDプレーヤーで当時のサンハウスが見られると期待させる
  ケースから出す早さを競うコンテストが この夏 開催される
 と評判のCDを
 週末にでも買いに行くのがとてもタノシミになりました

Posted by: がちゃこ | May 12, 2006 at 10:18

やっぱり?
皆さんそうでしたか・・・。
取りづらいっすよね、これ。ホントに割れるかと思っちゃいましたよ。
でも、サンハウスの発掘音源は良かったです。
苦労して取り出したかいがあったと言うもんです・・!?
ふはは!

Posted by: ken-sann | May 12, 2006 at 12:02

> がちゃこさん

私には今週末、目を三角にして怒りに震えている
がちゃこさんの姿が見えるようです。

それから一応アドヴァイスしておきますと、どうしてもダメな場合は
ボールペンのようなものを真ん中にグッと差し込んでおいて、
CDのふちを軽く持ち上げ、そこへ容赦なくマイナス・ドライバーを
差し込みます。あとはテコの要領でベキベキっと…。

> ken-sannさん

何という前向き思考! ken-sannに幸あれ!

Posted by: yama | May 12, 2006 at 16:29

山崎さんこんにちは。いつも読み逃げですみません。実は私のブログ引越しました。(でも、ちっとも更新しないんですが、、)前のURLの所はアクセス不能の事が多くて殆どリンク切れみたいになってしまっていてずっと申し訳ないと気にしていたんですがお知らせ遅くなってすみません。また来ま~す。 (話題と関係なくてごめんなさい!)

Posted by: 如月わかめ | May 16, 2006 at 18:22

おや、まるでつながらないと思っていたら。
しかし、久しぶりに拝見したところ、充実した毎日のようで何よりです。
また近いうちに寄らせてもらいます。
では改めてよろしく!

リンク貼り直しておきました。

Posted by: yama | May 16, 2006 at 20:04

>一体何なんだ、CDのこの取り出しづらさは。何か特別な理由でも>あるのか
代弁していただいて、胸のつかえが取れました(笑)思っていることは皆さん同じようですねえ。

最近いくつかの都内のブルースバー、クラブでやはりこの話題のCDジャケを飾ってありました。ワクワクレア感、発掘感満載のいいジャケだと思います。AFBFとかこれのような長めのデジパック使用は、棚には入りませんが、かっこよくて好きです。

再リンクありがとうございます。
http://vivavynal.cocolog-nifty.com/blog/

Posted by: ち~旦 | May 22, 2006 at 09:21

こんなことでお役に立てるとは思いませんでしたが、
ともあれスッキリされたようでよかったです。
ところでそう言われれば、このサイズのCDケースはラックに収まりませんね。
もっとも、CDラックの空きスペースはとうになくなり、もっぱら
平積みしている身としてはデカイぶんだけかえって探しやすくて
いいかも(苦笑)。

Posted by: yama | May 22, 2006 at 21:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 魚ちゃんからの手紙 | Main | 40代限定 »