« 星くん、この借りは必ず利子ば付けて返しますたい! | Main | ブルース・オムニバス~Brunswick »

Aug 30, 2006

ジミー・ゴードンのレコード

Jimmie_gordon

そこそこ録音量がありながら一部の好き者にしか聴かれない、そんなアーティストを取り上げて、レコードを見せびらかそうというのが当シリーズに貫かれた趣旨である。そんなものを見せられて羨ましく思うかどうかはまた別問題である。
で、前回のジョニー・テンプルだが見事失敗。需要がごく一部どころか皆無であった。そこで今回は自称「ピーティ・ウィートストローの弟」(もちろんウソ)のジミー・ゴードンである。前回の反省が生かされていないまるで無反省なセレクトであるが、私、偏屈な人間なもので「誰それ?」みたいな人物を取り上げずにはおれないのである。もし、そんなにいいのかと思われる方がいるとしたら、まるで無用な詮索と申し上げておく。

1934-1941 (Blues Documents BD-2075)

ジミー・ゴードンはいわゆるリロイ・カー・フォロワーの一人で、それは本盤収録のチャーリー・マッコイとのコンビを聴けば一聴瞭然。だがしかし、本盤はホウカム~ジャズ調のものが多くを占めている。録音メンバーはまずオーデル・ランド、ホレス・マルカム、ジョー・マッコイのハーレム・ハムファッツの面々、またサム・プライスにテディ・バンのコンビと、この辺りは前に紹介したジョニー・テンプルのバックとダブっている。というのも実はジョニー・テンプル、ハーレム・ハムファッツ、そして今回のジミー・ゴードンは一度のセッションでリーダーを代えてまとめてレコーディングされているのである。テンプルのところで書き忘れたが、もちろんゴードンがテンプルのバックに回っているセッションもある。他の録音メンバーだが、フランキー・ニュートン、ピート・ブラウン、ズティ・シングルトンとオールド・ジャズ・ファンにはお馴染みなところから、バスター・ベネット、リチャード・M・ジョーンズとマニア向けまで様々な顔が並ぶ。ゴードンのあっさりとした歌は好みの分かれるところかもしれないが、バックのサウンドは申し分なく、ジャイヴな味わいもなかなかなもの。コアなジャイヴ・ファン向けといったところか。

1934-1937 (Old Tramp OT-1219)

チャーリー・マッコイ、カール・マーティンといったギターとのデュオで録られたブルースはどれも凡庸。数曲収められたハーレム・ハムファッツとの録音が本盤の救い。

This Is The Blues Vol.7 (Brunswick 10357) [EP]

ジョニー・テンプルのところでも紹介した独ブランズウィックのEP盤。4曲収録のうち3曲は先のBD-2075とダブる。選曲がよく、今回の3枚の中ではジミー・ゴードンを知るのに一番いいアイテムではなかろうか。と薦めてみたところでどうにもならんだろうが。

ジミー・ゴードンの単独LPはドキュメントにもう1枚あるが、例によって持ってない。しかし内容的には恐らく似たり寄ったりであろう。

|

« 星くん、この借りは必ず利子ば付けて返しますたい! | Main | ブルース・オムニバス~Brunswick »

Comments


BrunswickのEP盤。
ボク Vol.10の COUSIN JOE 1枚しか持ってません。
ジャケットの四隅には画鋲の穴があります。
なぜその穴があるのかと云うと
お店に飾ってあったものを無理やり譲ってもらったからです。
t-42さん 覚えてはる??

COUSIN JOEの 'Beggin' Woman'は
ボクのフェイバリットソングスのひとつなのです。
ええ そうなんです。
そういやCOUSIN JOEゆう人も
たして話題になりませんねぇ...

Posted by: がちゃこ | Aug 31, 2006 at 22:04

はて、何処のお店だったでしょう。
完全に忘れてますね。
Beggin' Woman、わたしも好きです!
といっても曲のことですよ。

Posted by: t-42 | Aug 31, 2006 at 22:27

> がちゃこさん

ブランズウィックのこのEP盤シリーズは第1集のライトニン、第2集の
ロニー・ジョンスンに「誰それ?」のオリー・シェパードやロゼッタ・
ハワードの名前が並ぶという不可解な人選の多いシリーズでしたが、
ドイツ人の独特な趣向が少し分かったような気がしたもんでした。

カズン・ジョーもダウンホームな味わいがなかなか好ましいところです。
CDならコンプリートで揃ってますが、LPはリヴァーボートのが
あったくらいで、残念ながら見せびらかすほどは…。(笑)
ではブランズウィックといえばってことで、次回はあれを。

> t-42さん

「星くん」のショックからようやく少し立ち直りました。
「何処のお店?」って、そんなに多くのキャリアをお持ちでしたか。
立ち飲み屋の話じゃないっすよね。

Posted by: yama | Sep 01, 2006 at 13:10

「星くん」事件、そんなにショッキングでしたか。
それをネタにしないでくださいよね。
おそ松くんなら話に加われたんですけどね。
人生いろいろ、なんて語れるほどのキャリアはありません。
明日は新世界で飲みたいです。

Posted by: t-42 | Sep 01, 2006 at 18:30

立ち直るの早いですからね、私。もう大丈夫っす(笑)。
じゃあ今度はおそ松くんネタで。
でもイヤミとかチビ太とかデカパンに似たブルースマンて
いたかな…。

Posted by: yama | Sep 01, 2006 at 23:07

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/11712444

Listed below are links to weblogs that reference ジミー・ゴードンのレコード:

« 星くん、この借りは必ず利子ば付けて返しますたい! | Main | ブルース・オムニバス~Brunswick »