« Riverside~jazz archive series | Main | ディスク・レヴュー »

Oct 31, 2006

Thanx!

Eydie_gorme

画像の2枚のCDはある女性からの贈り物である。日頃の行いの正しさがこういうところに出るのだなあ。ま、それはウソだが。
実はいつも何かとお世話になっている“ろ~るぅに~”女史にダブっているCDを厄介払いのつもりであげたら、お返しにいただいたというわけ。
女性から物をいただくなんてバレンタインデイの義理チョコくらいなもんだが、近年ではそれもあやしい状況である。きっと今の私なら病気もらっても喜ぶかもしれない。だから義理だろうが何だろうが、「品物」をいただく(しかもタダで)というのは、これはもう無防備に喜んでしまうわけである。

いただいたCDだが、どちらもイーディ・ゴーメとスティーヴ・ローレンスのデュエットもの。たまにこいうのを聴くと新鮮でいいな。ありがとう、ろ~るぅに~さん。

だけど、せっかくCDが2枚減ったと思ったら、また2枚増えてしまったな。

|

« Riverside~jazz archive series | Main | ディスク・レヴュー »

Comments

『恋はボサノヴァ』最高です!

Posted by: t-42 | Oct 31, 2006 at 08:34

よく見ると、後ろにジャズ・オラクルの新譜のエディ・サウスが並んでるところがニクイですね!師匠!

Posted by: t-42 | Oct 31, 2006 at 08:36

「恋はボサ・ノバ」って、考えてみると意味不明なタイトルですな。
エディ・サウス、気付いていただけましたか! さすが総帥!

Posted by: yama | Oct 31, 2006 at 12:50

t-42さん。
向かって右側の、昭和女子大人見講堂でのライブ盤は
『高橋達也と東京ユニオン』とのジョイント公演なんですよ。

Posted by: ろ~るぅに~ | Oct 31, 2006 at 13:45

この人たち来日したことあるんですか、知りませんでした。
そんなライヴ盤の存在も初耳ですわ。
ここへ来ると、いろいろ勉強になります。

Posted by: t-42 | Oct 31, 2006 at 13:56

いやまさか、私ごときがt-42さんにお教えするネタがあろうとは・・・。
ちなみに来日公演は1988年3月31日です。

Posted by: ろ~るぅに~ | Oct 31, 2006 at 14:04

88年に来日してたなんて!
つい昨日のことじゃないですか!

Posted by: ちっちー | Oct 31, 2006 at 16:02

> ろ~るぅに~さん

いえいえ、私もいつも教えられっぱなしで。
ま、中にはそんなこと覚えててどうする、みたいなのもあるけど。

> t-42/ちっちーさま

つい昨日って、もう明らかに時間の流れが我々とは違うなぁ(笑)。
88年ていったら昭和最後の年か。
私はまだ若き(モテモテの)青年だったなぁ。(と遠い目)

Posted by: yama | Oct 31, 2006 at 16:51

よほど嬉しかったのであろう、
「品物」をいただく(しかもタダで)
>(当たり前やンか)
じィ~!ジぃ~!じぃ~!(である)
PC画面を見ながら指をくわえての(羨ま)ジぃ~!
である、
「ちっち~さんのボトル・・ありますヨ」(マスター)
「バカたれィ!」
「ンなもん 飲んだ日にゃCDといっしょに請求書が来るではないか!」
あ、先日(ある飲み屋)での出来事です。

Posted by: ドクター | Nov 01, 2006 at 00:16

羨ましいでしょ。やはりこれは日頃の行いの…あ、もういいすか。
しかしこの2枚のCD、こうして見るとジャケのこのポップで
爽やかさが感じがなんとも私の部屋にそぐわないというか、
浮いてるというか。
いかがなものでしょうか。

Posted by: yama | Nov 01, 2006 at 09:48

アタシのお部屋ならピッタリかもよ。

Posted by: ちっちー | Nov 01, 2006 at 20:41

そうかもねン。

Posted by: yama | Nov 01, 2006 at 21:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/12495241

Listed below are links to weblogs that reference Thanx!:

« Riverside~jazz archive series | Main | ディスク・レヴュー »