« Soft Moods | Main | Fess Williams / Smokey Wood »

Nov 26, 2006

Luckey Roberts (2)

Vocal_blues_and_jazz

先日ふと思い出したんだけど、そういえばあれはどうなったんだ。ほら、ラッキー・ロバーツの件で、彼の戦前録音が聴けるとか、どうとか。魚さん、あれからウンともスンとも言ってこないけど。ま、もっとも私以外にそんなことを気にしてる人間なんていないだろうが。

しかし、だ。考えてみれば、自分で調べりゃいいわけである。何のためのディスコグラフィか。そこで早速ブライアン・ラストの『JAZZ RECORDS』を引いてみると…わずか5秒で見つかった…。エディ・ハンターというシンガーの伴奏で計6曲(うち2曲はアンイシュード)、そしてMoran & Mackというコメディアンのバックを付けているものもあった。前者は23年、後者は27年録音である。
となると当然次にこれらの録音が聴けるCDは?となる。戦前録音ということで、とりあえずドキュメント・カタログを見てみるとエディ・ハンターの方がこれまた実にあっさりと見つかった。しかもである。私のCDラックにそのCDがちゃんと並んでいたのには我ながら呆れてしまった。
さて、問題の音だが正直言ってどうというほどのものではない。ハンターの歌は至って凡庸、ロバーツのピアノも特に伴奏の域を出るものではない。このCDは以前聴いてるはずだけど、ほとんど印象に残っていないということは、なるほど、そういうことであったわけだ。
ただ、このCDの名誉のために言っておくと、本盤の聴きどころはジョニー・センシアのギター(グレート!)をバックに歌うリリー・デルク・クリスチャンと、たった1曲のみだが同じく女性シンガーのイヴリン・プリーア(ヴォーカル/バックともに素晴らしい)の二人にある。あとナンシー・ウォーカーが下手さも愛嬌と思えばなかなかといったところか。

以上、それがどうしたという話ではありますが、一応ケジメということで。

V.A. - Vocal Blues & Jazz Vol.3 1921-1928 (Document DOCD-1015)

|

« Soft Moods | Main | Fess Williams / Smokey Wood »

Comments

どうでもいいような(でも無いか)にキチンとケジメをつける潔癖性
まるで僕と同じ性格である(しかしブライアン・ラストの『JAZZ RECORDS』)という高価そうなツールは持って無い
だから若干のレベルの差は存在する。

Posted by: (あくまで)ドクター | Nov 26, 2006 at 07:26

今のこの時代、大概のことはネットで調べられるので、
わざわざ高い金額払ってディスコグラフィなど揃えなくても
いいんですけどねぇ。
というわけで、ちょっと画像を入れ替えてみました。
赤いのが『JAZZ RECORDS』です。

Posted by: yama | Nov 26, 2006 at 12:28

あ、やっぱし高価そうッスねぇ~ そっかぁコレを見せんが為に・・・
手の込んだアップワザですナ(ヒガミ)、
今度はヘア・スタイルが気になってきたなぁ
幼少の頃BBキング来日時に「ミュージック・フェア」って番組に
出ましたよネ?
あの時の南田洋子のヘア・スタイル(そのまんま)ですがナ。

Posted by: ドクター | Nov 26, 2006 at 23:09

はい、安くはないっす。
まあしかし、大して使いもしないのに半分は見栄で
持ってるようなもんでして(苦笑)。
ついでに言うと、これは上下2冊セットになってます。

南田洋子…。確かに。
ま、でも写真で見る限り、けっこうな美人シンガーですな。
唄もいいし。
先月だったか、御大のところで彼女(リリー・デルク)の
コンプリート集を買ったけど、しばらくハマりました。

Posted by: yama | Nov 26, 2006 at 23:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/12823992

Listed below are links to weblogs that reference Luckey Roberts (2):

« Soft Moods | Main | Fess Williams / Smokey Wood »