« Adrian Rollini Trio | Main | ジャグ・バンドのレコード (3) »

Dec 31, 2006

エイドリアン・ロリーニのCD

Adrian_rollini_cd

前回に続き、エイドリアン・ロリーニを。
ロリーニのCDについては、2006年1月のエントリーでジャズ・オラクルとリトリーヴァルの2種のCDを取り上げたが、その後もネタが尽きることなく新たなCDが出続けている。ただ「関連CD」となると、タイトルにロリーニの名前が出ていないため、それがロリーニのものなのかどうか判別しづらい。そこで今年最後のエントリーとして、関連ものも含めてロリーニのCDの大放出を。普通だったら「こんな企画、誰が喜ぶんだ」ってとこだけど、なぜか当ブログ周辺にはロリーニ好きが多いようなので。

エイドリアン・ロリーニ、レッド・ニコルス、ドーシー・ブラザーズを中心メンバーとするカリフォルニア・ランブラーズには、そのバンド・メンバーを組み合わせて作ったいくつかのピックアップ・コンボが存在する。リトル・ランブラーズ、グーファス・ファイヴ、ユニヴァーシティ・シックス、ヴァーシティ・エイト、ファイブ・バーミンガム・ベイビーズ、ゴールデン・ゲイト・オーケストラなどである。
どうしてこんなにもたくさんのバンドを作ったかというと、要するに契約の制限を逃れて他のレーベルにもバンバン吹き込んで稼いでやろうという魂胆からで、決して音楽的可能性を求めて様々な形態のバンドを、などという殊勝な考えからではない。確かにいくつかのバンドではそれなりの個性を持たせてはいるようだが。

ロリーニは上記すべてのバンドに中心メンバーとして参加しており、その録音数はすべて合わせると千にも達しようかというほどである。にもかかわらず同僚であるレッド・ニコルスやドーシー兄弟と比べるとロリーニの知名度は明らかに低い。その原因はおそらくロリーニの担当した楽器にあるのではないか。
アーリー・ジャズ期における花形楽器は何と言ってもコルネット(トランペット)とクラリネットである(あとトロンボーンも入るか)。しかしこれが天才たるゆえんか、ロリーニが選んだ楽器はバス・サックスとヴィブラフォンであった。どちらもジャズではあまり好んで聞かれない楽器である。というかバス・サックスに関しては「何それ?」であろう。あと、先に列記したバンドにグーファス・ファイヴというのがあるが、このバンドではバンド名と同じグーファスという名のこれまた変わった楽器を操っていた。ボタン式サックスとでも言ったらいいのか、見た目はサックスなのだが、音はアコーディオンのようなピアニカのような。
とにかくこの天才的選択というか変わった趣向(器用であったというべきかも)が、ジャズメンとしてロリーニが今ひとつメジャーになれなかった理由ではないかと思うのだがどうか。

さて、画像のCDについて若干説明を。ロリーニ関連の最新リリース盤はドキュメントからのゴールデン・ゲイト・オーケストラで、これは同レーベルが行っているエジソン音源の発掘シリーズの第4弾になる。しかし第3弾のヴォーン・デリースもそうだったが、作りが手抜きもいいとこ。録音データが一切ない。同じゴールデン・ゲイト・オーケストラ名義のCDならば、画像にもあるタイムレス盤をお薦めする。タイムレス盤を1枚でもお持ちの方なら分かると思うが、こちらは作りが非常に丁寧。もちろんデータも完備されている。ドキュメント盤はこのタイムレス盤とは1曲しかダブらないが、やはりマニア向けの1枚であろう。もっともロニーニを聴こうということ自体マニアであるかもしれんが。
画像以外にも、カリフォルニア・ランブラーズ、リトル・ランブラーズ、グーファス・ファイヴのCDも出ているが(いずれもタイムレスより)、これらは少々古いリリースとなるので画像からは省いた。

では皆様、来年もよろしくお願いします。

画像上段左より
The Golden Gate Orchestra - Crazy Word, Crazy Tune (Document DOCD-1104)
Adrian Rollini And The Golden Gate Orchestra 1924-1927 (Timeless CBC 1-090)
The Versity Eight 1923-1926 (Timeless CBC 1-062)
Five Birmingham Babies - Heart Breakin' Baby (Frog DGF58)
Adrian Rollini Trio, Quartet and Qintet 1936-1947 (Vintage Music Productions VMP 0171)

|

« Adrian Rollini Trio | Main | ジャグ・バンドのレコード (3) »

Comments

明けましておめでとうゴザイマス陛下、年内スレスレにロリーニさん聴けました(オフ・コ~す!イチバン安いヤツ)チラっと聴いた感じでは楽曲の1番美味しいトコロ ココ一発って時にバスサックスをブチかまされますネ
(エエかっこシィだったンでしょうか?)
あ、それから「ディキシーランド・ジャグ・・・」はコテっぽいと勝手に予想してたンですが(裏切られました)コテっぽいどころかCD後半なんて気品さえ感じられますネ(いやぁ~陛下のお人柄が偲ばれる思いでした)
本年もヨロシクお願いします。

Posted by: ドクター | Jan 01, 2007 at 01:22

明けましておめでとうございます!!
そして、Rolliniじゃないですか~~~~!!!っていうか、去年のうちにコメント入れられなかったのは悔やまれます、、、。なんて。
いやいや、もう恥も外聞もなく・・・・
アップ、嬉しいです。素晴らしい2007年になりそうな予感が、、、大げさ?
では早速アマゾンへ行ってきます。
今年もどうぞよろしくお願い致します!

Posted by: A.K | Jan 01, 2007 at 02:57

明けましておめでとうございます。
年明け早々にロリーニとは縁起が良いです。

ところで、この中にあるVintage Music Productions のCD ですが、音質に問題ありません?
私、Swing Time Productions のBill Hebden が音をいじったSylvester Ahola(Swing Time 2007)を聴いてからというものHebden アレルギーになり、身体が受け付けません。以前のHebden は問題がなかったのですが、デジタルでノイズを取るソフトを導入してからおかしくかったようです。

以前、Vintage Music Productions のPrinceton Triangle Jazz Band(VMP 0021)を購入したら、音が変。クレジットを見たらHebden でした。以降、Vintage Music Productions のCD は怖くて購入出来ません。

ロリーニは録音が比較的新しいので問題がないかもしれませんが、20年代の復刻には注意が必要です。 最近、またSylvester Ahola のCD が出たようですが、Hebden かなぁ?

Posted by: 瀬谷 | Jan 01, 2007 at 07:44

陛下、(一升瓶を)空けましておめでとうございます。
旧年中はいろいろと楽しませて頂きました。
今年もロリーニ道に邁進してくださいませ。
草葉の陰からこっそり覗いております。

Posted by: t-42 | Jan 01, 2007 at 08:23


 あけましておめでとうございます
 本年は釣り呆けず
 もう少しブルースの記事を増やしていく所存です
 ジャグ・バンドのレコード シリーズ
 100回突破を目指してがんばってください
 おっちゃんも
 サカネのレコード棚の陰から
 応援しています


Posted by: がちゃこ | Jan 01, 2007 at 10:01

あけましておめでとうございます
昨年はいろいろ勉強させていただきました
本年も宜しくお願い致しますだ。

Posted by: ken-sann | Jan 01, 2007 at 18:22

ドクター様

あけましておめでとうございます。

格安盤というと、ASVでしょうか。あのレーベルは選曲もいいし、
1枚であれこれ聴けるので、最初のCDとしてはなかなか
ナイスなチョイスではないでしょうか。
しかし、ロリーニのバス・サックス、一音鳴っただけでインパクト十分と
いう感じでしょ?
一方のジャグ・ブロワーズは「ジャズ」ですからねぇ。
ただちょっとそのテイストが独特というだけです。
それでは今年もよろしくお願いします。

Posted by: yama | Jan 02, 2007 at 00:31

A.K様

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

懸案だったロリーニのCD、何とか昨年のうちにアップできて
私もホッとしております。これでもう会長に背中をつつかれなくて
すみます(笑)。
しかし新年早々、買いすぎにはご注意を。
それではロリーニのコピー、がんばってください、会長!
またおじゃまします。

Posted by: yama | Jan 02, 2007 at 00:33

瀬谷様

あけましておめでとうございます。

音質ですが、私はあまり(ほとんど?)気には…。
といいますか、そこまで考えたことがないと言った方がいいかも(笑)。
大体、普段からドキュメントとかのノイズがタップリ入ったのを
聴いてますので。
ただ一つだけ言えば、ノイズ除去のために高音をカットして
こもったような音になってしまっているものが時々ありますが、
あれだけは勘弁してもらいたいなと。その程度です。
Vintage Music Productionsといえばバッバー・マイレーが
内容が良くてよく聴きましたが。
というわけで、音質に関しては話にならないくらいアバウトな人間ですが、
今年もよろしくお願いします。

Posted by: yama | Jan 02, 2007 at 00:44

t-42様

あけましておめでとうございます。
元旦は飲みっぱなし。ですが一升瓶は空けておりません。
しかし何で私はこんなにロリーニのことを書いてるんでしょうか。
自分でもよく分かりません。ですが、これで一段落かと。
さて、今年は一体どんな新譜が出るのか。楽しみであります。
というわけで、本年もよろしくお願いします。

Posted by: yama | Jan 02, 2007 at 00:47

がちゃこ様

あけましておめでとうございます。
そうです、ブルースです。
またレアなレコードをドーンと見せてうらやましがらせてください。
楽しみにしております。
ジャグ・バンドはまだボチボチと続きますので、
気長にお付き合いくださいませ。
今年もよろしくお願いします。

Posted by: yama | Jan 02, 2007 at 00:48

ken-sann様

あけましておめでとうございます。
今年は初心にかえって、それがどうしたというようなことを
気楽に書いていこうと思っているところです。
そちらへもまたお邪魔したいと思っておりますので、
その時は暖かく出迎えてください。
では、今年もよろしくお願いします。

Posted by: yama | Jan 02, 2007 at 00:49

すごいですねー!

 ファビュラス・ドーシーにずーっとぶっとんでるんですが、他のドーシー作品を大きくひきはなしていますよね?

 当時のこの手この水準の情報、メンバーの情報を掲載してほしいですっ!><

Posted by: 河野聡一 | Dec 07, 2007 at 08:54

コメント、ありがとうございます。
『ファビュラス・ドーシー』というのは寡聞にして存じないのですが、
ドーシー・ブラザーズ辺りをまとめたコンピでしょうか。
で、このテの情報を、とのことですが、以下のサイトなども参考に
されるとよいかと。
まずはデータ量、マニアック度から言って
「The Red Hot Jazz Archives」が
質量ともに抜きん出ております。
http://www.redhotjazz.com/
メンバーやそのバイオはもちろん、音源まで聴けます。
ネックは「英語」というところでしょうか。

国内では、つくばのSP博士、瀬谷さんのHPが最高峰かと。
http://www.sakura.cc.tsukuba.ac.jp/~jazzsp/

あとエイドリアン・ロリーニに特化したところで、女性打楽器奏者、
加藤亜依さんのブログもマニアックです。
http://blogs.yahoo.co.jp/aiai_vib

以上の三つくらいしか知らないのですが、どれもお薦めです。
具体的な質問があれば、わかる範囲でお答えしますので、
遠慮なくどうぞ。

Posted by: ca-Ym | Dec 07, 2007 at 16:12

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/13281984

Listed below are links to weblogs that reference エイドリアン・ロリーニのCD:

« Adrian Rollini Trio | Main | ジャグ・バンドのレコード (3) »