« Clarence Williams | Main | 業務連絡 »

Jan 21, 2007

2006年買いもらしをチェックする

Ted_taylor

今月も無事脱稿。毎度のことながら神経使って書いて、おかげで今回も30本くらい抜けたな、髪の毛。大丈夫か、私の花の40代。
ところでブルース&ソウル・レコーズ誌の年末恒例記事「年間ベスト・アルバム」であるが、今回も編集部より「おまえも参加せよ」と声をかけていただいた。それで一週間悩みに悩んでなんとか3枚を選出。別に目新しいものは1枚もないけれど、興味のある(物好きな)方は本屋で立ち読みでもしてください。今、書店に並んでおりますので。ちなみに3枚とも当ブログで取り上げたものです。

で、その「年間ベスト」。他のレヴュアーの方は何を選んだのかと「ほぉ~」とか「ふ~ん」とかつぶやきながら、その年買いもらしたものがないか再チェックするわけだが、今回はコレといった“モレ”はなかった。が、しかし。年間ベストにはなかったが、巻末の日暮さんのコラムにあったのである。テッド・テイラーのオーケー録音集が。
日暮さんもあまりの世間の無関心さを嘆いておられるけれど、しかしbsrだってレヴューしてなかったじゃないかと、一応バック・ナンバーをめくっていたら、あれ、ちゃんと載っていたんだ。書いていたはブーツィーズの平野さんで、ともかく慌てて注文。年明け後しばらくして届き、早速トレーに。
う~む、そうか。いやこれは知らぬこととは言え、私が悪ぅございました。

CDではないが、同じくbsrで紹介されていた本もついでに注文した。『ロックを生んだアメリカ南部』というタイトルで、アメリカン・ルーツ・ミュージックであるブルース、ジャズ、ゴスペル、バラッドなど、その生まれ育った社会的背景を探るといった“カタイ”内容らしい。いつもお世話になっている濱田編集長が「五ツ星!」なんて書いているし、値段も手頃なのでついつい注文してしまったんだけど。しかしこのテの読み物はなかなか最後まで読み通せないんだよなあ。根気が続かないし、近頃では本は3ページも読むと眠くなる始末。おまけに目までも…。積ん読か。

Ted Taylor - The Ever Wonderful: Okeh Uptown Soul 1962-1966 (Shout! 26)
『ロックを生んだアメリカ南部』 (ジェームス・M・バーダマン、村田 薫著/NHKブックス)

|

« Clarence Williams | Main | 業務連絡 »

Comments

えッ!30本も?という事はヘア・スタイルはジョー・コッカー
みたいな事になってるんでしょうか?
(陛下に対するイメージが雪崩の如く崩れ去りましたが)
すみません、僕ぁ髪の毛よく伸びる方で散髪仕立てです
少し持ち帰って そちらで移植してもらったら良かったでしょうか?
寒いけど近日中に立ち読み敢行します。

Posted by: ドクター | Jan 24, 2007 at 01:50

ですから、そういうところを強調するから誤った風評が
出まわるんですってば。
今のところ「見た目は(笑)」何ともないっすよ!
ちなみに白髪もありません。あとついでにイケメンです(ウソですが)。

Posted by: yama | Jan 24, 2007 at 11:10

本日、立ち読み敢行できましたがワケあって5分ほど・・
なんか義理か厄介又はお愛想てな選考の中で
やはり陛下の選考は異彩いや、堂々たる選考でありました
やはりUSAの小沢直子は買っておかなけらば・・
それと最後は誰のライブでしたっけ?
日頃、中古しか漁ってない僕ですが たまに立ち読みしないと
世間から疎くなりますネ、
「ダーティー・ダズン・・」が気になるトコロでしたが
ピーター・バラカンってオッサンとはよくニア・ミスを
おこします(あまりレヴェル高く無いナ)笑。

Posted by: ドクター | Jan 27, 2007 at 21:36

立ち読みいただき、ありがとうございます、ってそんなお礼の
言い方はないか。
ライヴは日本を代表するジャグ・バンド、マッドワーズです。
京都でしたらライヴを体験できるチャンスは結構あるんじゃないかと
思いますので、機会があればぜひ。
バラカン氏もドクター殿も同じ「N.O.好き」ということで、音楽に対して
近い感性をお持ちなのでは。

今日はブログの更新しようをキーボードを打ち続けていたのですが、
最後「保存をしますか?」でなぜか「いいえ」を! OH! NO!!
しばらくはもう書きませんっ!

Posted by: yama | Jan 27, 2007 at 22:45

オっマイ・ガっ!(ザンネン!)
「いいえ」をクリックする時はなぜか思考回路が「いいえ」
になってるんですナ、
ご返答ありがとうゴザイマシた、
僕もしばらくは「特集モノ」は避けます(笑)。

Posted by: ドクター | Jan 27, 2007 at 23:00

そんなに大層なものを書いてたわけじゃないので、
まぁいいんですけど。
私もドクター殿の「特集」に触発されて久しぶりに
OVをたくさん聴きました。
やっぱり私の中ではOVとボビー・ブランドは
最高に好きなヴォーカルです。

Posted by: yama | Jan 28, 2007 at 14:10

OVとボビー・ブランド?あと一人 R&Bを歌った時の
リトル・ミルトンも捨てがたいッスね♪

Posted by: ドクター | Jan 29, 2007 at 06:25

ブルーズン・ソウル! 昔よく聴きました。
チェスのもいいけどスタックス盤に愛着がありますね。
では「特集」(単発?)楽しみにしてます!

Posted by: yama | Jan 29, 2007 at 15:26

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/13599698

Listed below are links to weblogs that reference 2006年買いもらしをチェックする:

« Clarence Williams | Main | 業務連絡 »