« エイドリアン・ロリーニのCD | Main | Clarence Williams »

Jan 02, 2007

ジャグ・バンドのレコード (3)

Cjs_1

ジャグ・バンドと一口に言っても、例えば戦前のもので言うとジャズ・フィールドで語られるものとブルース・フィールドで語られるものに分けられるし(別に分けなくてもいいけど)、また戦後になると白人のフォーク・リヴァイヴァルの中から生まれてきたもの、あるいはイギリスに渡ってスキッフル・バンドと呼ばれるようになったものといった具合にそれなりにいろいろとあるわけである。しかし、ここでは戦前のジャズ/ブルース・フィールド内のものに限って取り上げるので、あらかじめご了承のほど。実を言えば、それ以外のものはあまりよく知らないからなんだけど。
というわけで、前回のディキシーランド・ジャグ・ブロワーズはどちらかといえばジャズ系になるかと思うが、今回ははっきりブルースとして捉えられているキャノンズ・ジャグ・ストンパーズを。

画像左のハーウィン盤は2枚組のコンプリート集で、27年にバンジョー・ジョー(ガス・キャノン)がパラマウントにブラインド・ブレイクのギターをバックに吹き込んだものも含んでいる。見開きジャケの中には数ページからなる詳しい解説書が付く。
ストンパーズのLPというとヤズーにも同じく2枚組のものがあるが、このハーウィン盤と確か内容はまったく同じはずで、よって私はヤズーのは持っていない。あとルーツにも1枚あるが、内容的にはこれら2枚組LPにすべて吸収される。

もう1枚のEP盤は、アレクシス・コーナーが自らのコレクションを使って編集した「キングス・オブ・ザ・ブルース」というシリーズの第1集(第3集まである)。収録曲は"Repley's Blues"、"Viola Lee Blues"、"Big Railroad Blues"、"Springdal Blues"の4曲。
このシリーズは第1集のみストンパーズの単独盤で、他の2枚は戦前ブルースのコンピとなっている。

さて、この「ジャグ・バンドのレコード」のシリーズだが、レコードを出すだけでバイオだとか音がどうであるとかといった、そういうめんど臭いことには一切触れないことになっている。しかしこれでは単なるモノ自慢のようで少々気が引けるので、どんな音なのか興味があるという方のためにせめて試聴リンクだけでも(こちら)。CDを買わなくて済むくらい、丸々何曲も聴けます。

Cannon's Jug Stompers (Herwin 208)
Alexis Korner Presents Kings Of The Blues Vol.1 (RCA RCX-202) [EP]

|

« エイドリアン・ロリーニのCD | Main | Clarence Williams »

Comments

うう~ン やっぱこういうのがシックリきますネ
「CDを買わなくて済むくらい」って このハープに
裏ッ返るヴォーカル聴けば やっぱ・・・・・
で、争奪戦参戦結果は いかがでしたかぁ?

Posted by: ドクター | Jan 02, 2007 at 23:22

「こういうのがシックリきますネ」って、てっきりドクター殿は
こういうのは苦手とばかり思っておりましたが。
これはお見それいたしました。

確かに「CDを買わなくて済むくらい」と書きましたが、あとで考えて
一部には差し障りのある表現であったかもしれません(笑)。
お気に召しましたら、どうぞご注文を。

参戦結果ですか? もちろん、外国人どもすべて蹴散らして
やりましたわい! わはは。おかげで大散財。
またいずれご報告したいと思います。

Posted by: yama | Jan 02, 2007 at 23:37


 あー
 このEP!
 こんなジャケやったんですねー
 ちゅうのも ボクも持ってるんですけど
 なぜかジャケットが手作りですねん
 段ボール折り曲げて
 ストンパーズのコピーが貼ってあるだけの...

 あっらー
  ジャケはきっと最初からないんや
 て思てたのに
 あっらー

 Design of The BluesでDonw with The Gameを紹介しました


 

Posted by: がちゃこ | Jan 03, 2007 at 13:29

スリーブなしのEPってたまにありますね。でも大抵はちゃんと
断り書きがあるけど。
逆に盤なしでスリーブだけを売ってるケースもあります。
というわけで、耳より情報です。
このストンパーズのEP盤ですが、なんと偶然にもスリーブだけ
売ってます(笑)。海外ですが、ホントです。
もしご入り用でしたらアドレスをお教えしますよ。
値段はちょっと張りますが、“ex”で$19.74。

「Design of The Bluesて何だろう?」と思ったけど、
あ~なるほど、そういうことでしたか!
今度おじゃまします。
"Donw with The Game"! 私は持ってないんですよねぇ。
たまに見るけど、安くても50ドル以上しますね。
Vol.5までは見たことがありますが、何集まで出てるんで
しょうかね?

Posted by: yama | Jan 03, 2007 at 15:15


 うーむ
 $19.74は大いに悩むお値段です
 うーむ
 どうしようか...
 3年ほど考えさせてください

Posted by: がちゃこ | Jan 03, 2007 at 22:03

私なら買いませんから、やっぱりちょっとっていう感じですかね(笑)。

Posted by: yama | Jan 03, 2007 at 23:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/13308318

Listed below are links to weblogs that reference ジャグ・バンドのレコード (3):

« エイドリアン・ロリーニのCD | Main | Clarence Williams »