« Washboard Rhythm Kings | Main | Pioneers of Jazz »

Feb 25, 2007

ヤズー考

Yazoo_crumb

ヤズーの紙ジャケ・シリーズ『ロバート・クラム・アートワーク・コレクション』だが、タイトルのとおり、数あるヤズーのタイトルの中でもクラムがジャケットを手掛けたものに限ってのリリースとなっているわけである。
巷間伝えられるところによると、最近はまたブルースのアナログ盤が売れているとのことらしい。中でもヤズーは人気で、入荷するやいなやすぐにハケてしまうとか。
eBayでもヤズーはかなり頻繁に出てくる。特にどのタイトルが、ということはなくて(強いていえばビッグ・ビルをよく見るか)、各盤よく出る。入札具合だが、10ドル未満のスタート値でもタイトルによっては誰も応札せずに流れてしまうこともあるけれど、しかしクラムのものが流れることはまずない。10~20ドルくらいのスタート値で、落札価格は大体40~60ドルか。場合によってはヒートアップして100ドルまでいくこともある。これはクラムの場合、ヤズー盤を集めている人間だけでなく、ブルースには興味はないがクラム関連のものを集めているクラム・コレクターがそこに加わるという事情もあるようだ。
というわけで、その辺りの需要に目を付けた今回の紙ジャケと言えなくもないわけだが、果たして売れているんでしょうか。

ヤズーと言えば以前、仙台の佐々木さんが「こっち(仙台)じゃ今、ヤズー盤がちょっとした人気で、ある若者なんか“○※@▲”(タイトル失念)を8千円払って買ったんだと!」なんて言ってあきれていたこともあった。
確かに佐々木さんにしろ私にしろ、ヤズーを「普通の」値段で買っていた人間からすると、そんな法外な価格で買うなど暴挙に近い行為ではある。しかし考えてみればそれがヤズーというだけで、例えば我々がライトニンのオリジナル12インチ盤なら多少の金額は出しても欲しい願うのと感覚的には変わらないのだろう。それだけ払っても自分のモノにしたい。アナログ盤に対する情熱の証しである。素晴らしいではないか。と一瞬思ったけど、でもやっぱりヤズーに8千円はありえないな。

ところで今回の紙ジャケ・シリーズだが、なんでブラインド・ボーイ・フラーの"Truckin' My Blues Away"はその選から漏れてしまったのか。内容がウケないとか。なわけないよな。

|

« Washboard Rhythm Kings | Main | Pioneers of Jazz »

Comments

あ、僕ぁ こういうの一瞬「ウッ!」っとなりますが・・・・
全然 余裕というモノが無いオッサンですから(諦めます とほほ)
その分 未知との遭遇(ワケわからん 音源に手を出してしまうワケ)笑、

で、ドキュメントなんかの色気のまったく感じられないジャケから
「おのぶちゃん」の香りたつ色香を鼻をくっつけて嗅いでおる次第で・・・
それにしてもこのブラインド・ボーイ・フラーのジャケは
(素晴らしい!)
何重ものサランラップをほどいての撮影(ご苦労サマ)でした。

Posted by: ドクター | Feb 25, 2007 at 20:06

たまにはこういうコレクトよもやま話もいいんじゃないかと思ったんですが。
かえって引きます?
確かに似たような内容のLPを買い集めるなんてバカげたことで、
そんな余裕あったら、まだ聞いたことのない音を求めていく、
というのが男のロマン、正しい音楽リスナーの姿ではないかと。
とは言ってもやはり欲しいものは欲しいし。その辺の心の葛藤が…。
しかし最近はCD買うのもキツイ財政状況で。
あ~私もドキュメント盤、あれとあれが欲しいなぁ。

フラーのLPですが(フラーに限らずLPはほとんど)、ビニール袋に
入れもせずそのままレコード棚に突っ込んでおります。
私、LPをそれほど「大事」にはしてないんですよ。

Posted by: yama | Feb 25, 2007 at 22:07

あぁ~ついに出た。この話・・・。
おやぢさんのこの話は、私の「暴挙」の物語でございます。
それ以来、おやぢさんに会う度に開口一番、
「YAZOOに8千円」出しちゃいかんよ!・・・と窘められます。

数年前のYAZOO相場感の無い頃の出来事でした・・・。
あれ以来、あのレコードを「普通」の価格で発見する度に
心が痛みます。(泣笑)

この記事を読んで、改めて自分の不勉強さを痛感しました。
が、懲りずに精進致します。
「暴挙」はもうしません・・・。(泣笑)

Posted by: chicken reel stomp | Feb 26, 2007 at 17:39

あれ? あの話、チキンさんのだったの?(笑)
黙っていれば分からないものを。
神よ、正直者に幸あらんことを!

いや、でも金額と情熱の深さは比例するのですよ。
「いくら払ってでも手に入れてやるぞ!」というその熱意が
尊いのです。なんて言ってフォローしてももう遅いすか(笑)。

ま、若気の至りってことで、誰でも一度や二度経験するもんです。

Posted by: yama | Feb 26, 2007 at 20:49

いや~、高い授業料でございました。

今になって元を取ろうと躍起になっております。
お恥ずかしい限りです。(笑)

Posted by: chicekn reel stomp | Feb 27, 2007 at 00:48

はい、もうYazooに8千円だしたらいけませんよ(笑)。
Belzonaだって、そんな値段付きませんからね。

今度おやぢさんに会ったらよろしく伝えておいてください。

Posted by: yama | Feb 27, 2007 at 09:14

あ、
このブラインド・ボーイ・フラーのは、どうして外れちゃったんでしょうね?
けっこうイケてるジャケですよね。
で、CDはお買いになったんですか?
ボクはレコードをもってないんで、
CDとの音質の違いなど、ちょっと気になるとこです。
ええ、ちょっとですけど。

Posted by: ken-G | Mar 06, 2007 at 00:50

最初は1,2枚と思ったんですけどねぇ。結局ダブリになるだけだし、
せっかく買っても聴かないよなぁと思うと、ふんぎりがつかず。

というわけで音の比較はできないんですが、
ヤズーの2000番台がどれもLPを上回る素晴らしい音質なので、
この紙ジャケ・シリーズも「24ビット・デジタル・リマスター」で
さらにクリアで高音質になっているんじゃないでしょうか。

ちなみにヤズーはLP時代から音の良さには定評のあるレーベルでした。

Posted by: yama | Mar 06, 2007 at 10:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Washboard Rhythm Kings | Main | Pioneers of Jazz »