« Pioneers of Jazz | Main | ジャグ・バンドのレコード (5) »

Mar 19, 2007

ウェスト・コースト・ジャズを考える

West_coast_jazz

さて今週は戦前ウェスト・コースト・ジャズのあれこれについて思いを巡らせているわけですが(小沢昭一的こころふうに)。

ウェスト・コースト・ジャズというと一般には50年代前半、アート・ペッパー、チェット・ベイカー、ジェリー・マリガンら白人ジャズメンによって隆盛を極めたそれをイメージするのではないか。だがもちろんここは私のブログであるからして、その対象は戦前のミュージック・シーンということになる。
では戦前のウェスト・コースト・ジャズとは如何ようであったかというと、これがけっこう厄介な問題なのである。
例えばハーレム・ジャズやカンザス・シティ・ジャズと言った場合は、地域的音楽的、また人物的イメージが確立されており、立派にカテゴリとして成立している。しかし戦前ウェスト・コースト・ジャズというカテゴリーが同じように成立するかというと、これは難しい。ウェスト・コースト・ジャズに「明るい」「さわやか」あるいは「インテリジェンス」といった共通のサウンド・イメージが認められるようになるのは少なくとも40年代、具体的に言えばスタン・ケントン登場以降のことで(ただケントンはまたちょっと独特ではあるけど)、戦前、20~30年代の音にはこれがウェスト・コーストであると思わせるほどの共通した個性などはないのである。いや個性云々の前に、そもそもその時代のウェスト・コーストにジャズは存在していたのか(この言い方は誤解を招くか)。
キッド・オリーは1919年にカリフォルニアに移り、そこで結成されたサンシャイン・オーケストラは、黒人初のレコーディングを行ったジャズ・バンドとして知られる。22年に吹き込まれた彼らのその歴史的録音はLA録音であったため、しばしば戦前ウェスト・コースト・ジャズのサンプルとして話題に上ったりもするが、しかしこの事実が示すのは単に彼が「LAで録音した」ということのみである。オリーがウェスト・コーストのミュージシャンかといえば、そんなふうに思っている人間などいないだろう。
ホームページで以前サニー・クレイのCDを取り上げたことがある。英フロッグから出た彼のそのCDタイトルはズバリ、『ウエスト・コースト・ジャズ』だった。が、クレイの場合も最終的に「行き着いた先がLAだった」というだけのことであって、クレイもウェスト・コーストのミュージシャンというわけではないのである。
あとLPになるが、オールド・ジャズのヤズー的レーベル、アルカディアに戦前ウェスト・コースト・ジャズについてまとめたアルバムがある。“West Coast Jazz Vol.1/2”というタイトルを持つこの2枚には、比較的知られたところ(?)ではサニー・クレイの他にカーティス・モスビーが収録されている。しかしモスビーも出身はカンザスで、やはりカリフォルニアへ移り住んできたミュージシャンであった。

というわけで続きはまた次回、ウェスト・コースト・ジャズを考えるのこころだぁ~。

V.A. - West Coast Jazz Vol.1 (Arcadia 2001)
V.A. - West Coast Jazz Vol.2 (Arcadis 2002)

|

« Pioneers of Jazz | Main | ジャグ・バンドのレコード (5) »

Comments

なんで小沢昭一やねん?とググると・・(ダハっ)笑、
戦前ウェスト・コーストって存在してたンすか?
やっぱ戦時と映画によって人が集まり始めたんでしょうか?
それ以前ってホント未知の世界っすね
中味はブルース風味のジャズなんでしょうか?
次回の「考えるこころ」楽しみにしてますヨ~!

Posted by: ドクター | Mar 20, 2007 at 06:07

私の大好きなバンドのひとつ、ポール・ハワードもウエスト・コーストですね。
アルカディアに入っています?

戦前のウエスト・コーストに関しては、明確な分類はなく、単にウエスト・コースト録音というくらいでしょうか。

Posted by: 瀬谷 | Mar 20, 2007 at 08:34

>ドクター殿

いかにも続きがあるかのような終わり方になっておりますが、
これは単に小沢昭一的こころふうに体裁を整えるためでして(笑)、
多分続きはないかと…。
少々尻切れトンボで申し訳ありませんが、この話の結論は
老師様がおっしゃっているとおりです。

>瀬谷博士

残念ながらポール・ハワードはこのアルカディア盤には入って
おりませんが、しかしタイムレスでCD化されてますね。
実はそのCDも取り上げようかと思ったのですが、
長くなるので省略しました。

ハワードといいますと、ハンプやローレンス・ブラウンが
彼のバンドに在籍していたことで知られておりますが、
いやもちろんこれは釈迦に説法。失礼しました。

Posted by: yama | Mar 20, 2007 at 15:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/14335474

Listed below are links to weblogs that reference ウェスト・コースト・ジャズを考える:

« Pioneers of Jazz | Main | ジャグ・バンドのレコード (5) »