« Girl Singers Of The Big Swing Bands | Main | 敗者復活 »

Apr 17, 2007

FROG新譜

Frog

京都ホット・ディスクよりCD到着。フロッグの新譜3枚、リチャード・M・ジョーンズにキング・オリヴァーが2枚という内容。
ジョーンズの方はちょっとおいといて、オリヴァーは彼の晩年期にあたるヴィクター音源のコンプリート集。晩年(といっても実際はそれほど歳ではない。彼は52歳で亡くなっている)のオリヴァーは歯を痛めていたためほとんどソロをとっておらず、そのため彼のキャリア中、最も世評の低いものとなっている。
そんな分の悪いヴィクター録音ではあるけれど、LP時代、RCAヴィテージ・シリーズの"King Oliver In New York"は、玉石混交の玉の部分を取り出したオリヴァー・ファン必携の1枚で、さすがオリヴァー、たとえ晩年とはいえやはり腐っても鯛(表現が悪いか)であったと納得させられるものだった。
というわけで、残念ながらこのヴィクター録音はオリヴァーのソロを聴くといった趣旨を満たすものではないが、しかしそのことを別にすれば内容は決して悪くない。中でもやはりヘンリー・レッド・アレンの加わったトラック。別テイクを含めかなりしつこく入っているが、まるで苦にならないほど素晴らしい。
オリヴァーのジャズには、かつてジャズが確かに大衆娯楽であったと想起させるだけのパワーがある。私は「お茶の間ジャズ」と命名したいと思うが、どうか。

もう一方のリチャード・M・ジョーンズは、これは玄人向けか。何の玄人なのかよくわからんが。
彼のサウンドはちょっと表現しづらいが、キーワードはのほほん、平坦、淡々か(どれもネガティブな表現ですまない)。
ジョーンズは今回が初リイシューではない。RSTで既にCD化(2枚)されているし、古くはハーウィンのLPでもまとめて聴けたのだけれど、実を言えば私は未だ攻略法が見出せずにいた。それで今回のこのCDで再チャレンジをと思って取りあえず5回ほど聴いてみたのであるが、すると「これは!」と思う曲が3,4曲あった。あと3回くらい聴けば結構気に入るかも。結果はまた報告したい。

Richard M. Jones & his Jazz Wizards (Frog DGF63)
King Oliver - The Complete Victor Recordings Vol.1 (Frog DGF64)
King Oliver - The Complete Victor Recordings Vol.2 (Frog DGF65)

|

« Girl Singers Of The Big Swing Bands | Main | 敗者復活 »

Comments

山崎さん、こんばんは。
Frog新譜がでましたか!
Frogは、現在、新譜を楽しみにできる数少ないCD会社の一つだと思います。(マイノリティの趣味人にとっては、いい仕事する会社ですからね。)

ボクは、恥ずかしながら、Victor時代のOliverをきちんと聴いたことがありません。Oliverはほとんど吹いていないとかいいながらも、演奏自体はいいものが結構あるんですよね。
Gennett,Okeh録音は耳タコだし、Brunswick/Vocalion録音は、ボクにとっては、音というか演奏が何かヒステリックに聴こえてあまり好きではない。
いい機会なので、この新譜聴いてみようかなと思っています。Frogを応援したい気持ちもあるし。

Posted by: 木下 | Apr 18, 2007 at 00:58

いつも思うんですが CD到着って事はリストはもっと早くお手元に
届いておるンですナ?(一度 尋問、取り調べせにゃイカンですナ)
ってこういう事言うからコワモテと誤解されるンでしょうか?
たま~に℡で喋る あの方に問い合わせてもらえればワカルと
思います、気前が良くってサワヤカ好青年(あ、もういいか)
で、「イン・ぬぅヨ~く」はメンバー全員が親っさんである
オリヴァーさんの意思を反映してるかの如く音楽に対して
非常に真摯なプレイである!と僕ぁ思います、
「お茶の間」で父親を囲んでの一家団欒?
のほほん、平坦については(ぼ、僕ぁ素人です!)。

Posted by: ドクター | Apr 18, 2007 at 01:13

>木下さん

FROG、ぜひ買って聴いてみてください。
Creole Jazz BandやDixie Syncopatorsをたっぷり聴いておられるの
でしたら、それなりに新鮮に響くかと思います。
もちろんGennettと比べれば分の悪いのは確かですが、
まぁ、それはそれ、これはこれ、ということで。
あ、でも音はVictorの方が格段にいいですよ。当たり前だけど。

関係ないですけどモートンのピアノ、私は後期ジェネラルが
結構好きだったりします。

Posted by: yama | Apr 18, 2007 at 11:43

>ドクター殿

あ~、それは勘違いです。私がリストを早くもらっているとか、
特別にどうのとかいうことは一切ありません。むしろ私のところに
リストが届くのはドクター殿のところより1日遅いはず。
これはですね、日頃から御大に「何か新入荷はないですか?」とか
「これこれが入ったらお知らせください」といった感じで
お願いしているので、時としてタイミングよく少し早めに
入手できることがあると、そういうことです。

しかし今回のFROGはまだアマゾンでもワールド・レコーズでも
扱ってないようで、御大のところが全世界に先駆けての入荷販売です!
ご入用でしたら、なくならないうちお早めにどうぞ!

ところでジャボ・スミスについて一言なんて、簡単に言ってくれますが…。
今晩でも返事します。やれやれ。

Posted by: yama | Apr 18, 2007 at 11:47

あ、そうでしたか僕ぁ またこの辺りでも格差社会が背景にあるのかと・・・そしてジャボ・スミスについては当時の楽曲の類似性っちゅう事を取上げて・・・・(あ、しつこいか)
それよか僕ぁ 音源確保の為身売りをして「発見しました!」(ヤフオクの盲点!)よくもまぁ あんなガラクタに高値が付くもんだと(ムフフフ)
ヨっしゃあ~(ヤルどぉ)キーワードは釣り道具(実戦に使えないモノを
コレクションする人も居てるみたい)
これから僕ちゃん 忙しくなるかも(*^▽^*)ネ♪

Posted by: ドクター | Apr 19, 2007 at 23:32

>関係ないですけどモートンのピアノ、私は後期ジェネラルが
結構好きだったりします。

ジェネラルのモートン、いいですね。ボクは、”Sweet Substitute”が特に好きかな。

Posted by: | Apr 19, 2007 at 23:56

>ドクター殿

え? 釣り道具を!? それはドクター殿の魂なのでは?

それから今気が付いたんですが、ジャボ・スミスについての意見を
じゃなくて、当時の楽曲云々について意見を、ということだったの
でしょうか…。
まあ当時はレコードもですが、譜面も音楽ビジネスの主要部分で
ありましたので、その辺りの影響もあったかもしれません。
それに「これがウケる」とわかると、全員が右にならえというのは
今も昔も変わらぬようですし。簡単ですが、いかがでしょうか。

実は私もこれからしばらくは忙しくなりそうで、ブログの更新は
滞るかも。

Posted by: yama | Apr 20, 2007 at 09:38

>木下さん(ですよね?)

"Sweet Substitute"はバンドものの方ですね。
それもよいのですが、どちらかと言いますと私が好きなのは
ピアノ・ソロないしは弾き語りの方でして。
やっぱりピアノ・ソロっていうのは敬遠されてしまうのかなぁ。

木下さんには時々聞きたいことがあるんだけど、いつもタイミングを
逃してしまってまして。

Posted by: yama | Apr 20, 2007 at 09:39

あ、陛下 まさにそういう事がお聞きしたかったワケで、コレを50年代後半から60年代にヤラれますとオリジナリティ云々という事を危惧したのでゴザイマス、ンな事ガタガタ言う立場でも時代でも無かったんでしょうナ
(逆説的に) だからこそジャズにおける録音年月日っちゅうのは重要視する事にも意義があるワケで・・・・(本日ビール+焼酎ロック)!

ン・・僕の魂?(ディヴ・平尾でっか)陛下ご心配無く!高名な匠でも自分に合ってるか合ってないかが問題だと・・・(最近気付きました)、

木下閣下!(例の)「Ted`S Stomp」サイコ~!「Sweet Substitute」は昨晩ジェット・ストリームしましたが酔ッパで(ワヤくちゃ)、どっちかツぅと僕も陛下寄りかな?今夜も「Sweet Substitute」再チャレンジで寝ます!
追伸 カタログ(着ました)。

Posted by: ドクター | Apr 20, 2007 at 21:10

>木下さん(ですよね?)
ス、スイマセン。どうも、名前を入れ忘れがちなのです。
Yamaさんにも、ドクターにも「Sweet Substitute」は不人気のようでございますが、ボは、この曲においてのMortonの歌というか声が好きなんです。この曲の78を初めて聴いた時に、何といいますか、大きなものを諦めた男の声に聴こえてしまい、虜になりました(どんな声やねん?)。

ドクター、「Ted`S Stomp」好きっすか?ルーラル・ミュージック最高!!!!!

Posted by: 木下 | Apr 20, 2007 at 23:37

>ドクター殿

ビールに焼酎ロックだからでしょうか。今夜は何だか語りに
熱がこもっておりますね。
もしかすると、私の語りが熱くならないのは発泡酒だからなのかも(苦笑)。

"Ted's Stomp"がサイコ~? それならきっと今度はオールド・ハットの
CDを薦められますよ(笑)。

カタログ、やっぱり私のところは1日遅れのようです。

Posted by: yama | Apr 21, 2007 at 00:36

>木下さん

いやいや、別に不人気ってことじゃないですよ。
「モートンのピアノなら」ってことでして。
それに基本的にピアノ・ソロが好きだってこともありますし。

「大きなものを諦めた」っていうと、
土地を買うとか、マイホームの夢とか?

Posted by: yama | Apr 21, 2007 at 00:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/14701000

Listed below are links to weblogs that reference FROG新譜:

» The Jazz Age 1920's [ラジオ・デイズ blog]
The Jazz Age 1920's http://www.youtube. [Read More]

Tracked on Apr 25, 2007 at 20:57

« Girl Singers Of The Big Swing Bands | Main | 敗者復活 »