« May 2007 | Main | July 2007 »

Jun 28, 2007

『ジャズの歴史』

Jazz_book1

先月、前々から探していた油井正一氏の『ジャズの歴史~半世紀の内幕』(東京創元社)の初版本を偶然ネットで発見、即購入した。奥付を見ると1957年発行で定価280円。それを600円で買った。約倍なわけだが、高いのか安いか。見てのとおり、カバーはなく(元はあったと思う)、痛みも目立つ。でも中身は結構きれいで、読む分にはまったく問題ない。
実はこの『ジャズの歴史』、改訂版なら持っているのだけれど、にもかかわらず初版本を探していたのにはわけがある。改訂版は「改訂」というくらいで、初版とは若干内容が違うのだ。初版にはあった記事が2本、別のものに差し替えられているのである。そのなくなってしまった記事の一つが「カリフォルニアのジャズ」で、どうしてもそれが読みたかったというのがわざわざ初版本を探していた理由なのだ(別に初版本趣味があるわけじゃない)。

早速読んでみたところ、想像したとおりここで触れているのは戦前ウェストコーストのジャズ・シーンについてであった。エッセイふうの文体で実におもしろい。それにつけても油井氏は文章がうまいなあ。少し前に当ブログに『戦前ウェストコースト・ジャズを考える』というにわか記事を書いたが、この本がもう少し早く手に入っていれば、もうちょっとマシなものが書けたのだが。ウソ。引用が増えただけ。
あと、今回読んでみて気が付いたのだが、油井センセはいわゆる白人ダンス・ミュージックに関してはあまり快く思ってなかったようだ。結構手厳しい表現が目に付く。「似而非(えせ)ジャズ」であるとか「ホテル・スタイルのシャンペン・ミュージック」であるとか、まるで容赦がない。センセに言わせると、あんなものはジャズではないのだろう。最近の音楽評論がつまらないのは、こんなふうにものをはっきり言わないところにあるんだろうな。そういえばトニイ・レコードの西島氏も昔のインタビュー記事で「何でもかんでもほめるだけほめて評論家でございっていうのは誰でもできる」と言っていた。そうか! よし、今日からオレも(評論家じゃないけど)けなしまくるぞ!

差し替えられたもう一本の記事は「ロックウェル・レコード」というものだった。てっきり私はオーケーの白人プロデューサー、トミー・ロックウェルに関する記事かと思い、実はこれにもかなり期待を寄せていた。が、ロックウェル違いだった。

--------------------
【ジャイヴ33選】 Vol.4~ザ・スピリッツ・オブ・リズム
Spirits_of_rhythm

The Spirits Of Rhythm (Gardenia 4009)
王道!!
最初、「ジャイヴ30選」でしたが、3枚増やして「33選」にしました。昔『THE BLUES』がやった「ブルース33選」を真似てみたんだけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 26, 2007

プレゼント企画終了

この度はCafesolog初のプレゼント企画に多数の応募をいただき、ありがとうございました。25日の深夜0時をもって応募を締め切らせていただきました。
ご応募いただいた方には当選商品の通知メールをお送りしますので、送り先等を明記の上、ご返信ください。よろしくお願いします。

さてポリジェスターズですが、今秋ニューアルバムをリリースする予定で、それに伴って再来日、今度は全国ツアーを行うことになっています。今回のCDがきっかけとなって、ライヴに足を運んでいただけましたら望外の幸せです。

--------------------
【ジャイヴ33選】 Vol.3~プットニー・ダンドリッジ
Putney_dandridge

Putney Dandridge - Vol.1 (Rarities 26)
前回のボブ・ハワードに続き、この人もファッツ・フォロワーの一人。
バックはチュー・ベリー、ロイ・エルドリッジ、レッド・アレン、テディ・ウィルスン、ベン・ウェブスターほか。タイムレスにCDあり。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

Jun 21, 2007

業務連絡~プレゼント企画

Castkhkv

ポリジェスターズ・プレゼント企画ですが、「早い者勝ち」とは言ったもののそれを証明する手立てがありません。私を信用してもらうしか…(無理か)。
それで申し込みされた方に受付番号を差し上げることにしました。これで第1希望の商品がもらえるかどうか、大体判断できるかと。
現在申し込みされているほとんどの方が第1希望、第2希望と書いていただいているのですが、両方ともプレゼントできるかどうかは締め切り日(6月25日)まで待たないと判断できません。というわけで当選商品の通知は今しばらくお待ちください。では、引き続きご応募お待ちしております。
以上、業務連絡でした。

またまた本文とは関係ありませんが。
Bob_howerd
【ジャイヴ33選】 第2弾
Bob Howard's All American Swing Groups (Rarities 48)
これまたタマラン!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 18, 2007

プレゼント企画

Camn2zed_1

東京、京都のライヴは盛況のうちに終了、「ぼくのポリジェスターズ」は無事カナダへ帰国した。聞いたところによると、いずれのライヴも予想以上に好評だったそうで、日本での後見人を名乗る私としても我が事のように喜んでいるところであります。また、数名の方からはライヴの様子をご報告いただきまして(皆さん揃ってよかった!と)、改めてこの場を借りてお礼を申し上げます。今後ともよろしく、ということで。
さて、彼らが帰国してすぐ、ゲットヒップレコードさんからダンボールが届いた。開けてみると追加CD数枚、メンバーのサイン入りCDブックレットがこれまた数冊、Tシャツ、それからノヴェルティ・グッズが数点。ありがとうございます。ありがたく頂戴いたします。
ポリジェスターズのCDはこれで20枚以上いただいただろうか。少し前にも、自社のリリース作品ですということで、他のアーティストのCDも何枚もいただいているけど、う~ん、太っ腹! 重ねてお礼申し上げます。
というわけで、CDが今手元に10枚ちょっとあります(輸入盤を含む)。で、一人でこんなに持っていてもしょうがないので、これを当ブログをご覧いただいている方にプレゼントしたいと思います。あと、サイン入りのブックレットも。「ぜひ欲しい!」という方はメールをください。早い者勝ちです。アドレスは、左サイドのカレンダー下の「About」をご覧ください。

プレゼント商品は
(A)CD
(B)サイン入りCDブックレット
の2種類で、第1希望、第2希望(A/B)と両方書いてもらっても構いません。応募人数が少なければ、強制的に両方送らせてもらいます。取りあえず最初の応募メールには住所等の記載は不要です。当選者の方にはこちらから返信メールを差し上げますので、その時に送り先をお知らせください。締め切りは6月25日ということで。
以上、Cafesolog初のプレゼント企画です。よろしくお願いします。では。

Present_a
プレゼント商品A(CD)

Present_b
プレゼント商品B(サイン入りCDブックレット)

Cafa6dnb_2Cat0a1dr_1

Get_hip_records

本文とは関係ありませんが。
Skeets_tolbert
【ジャイヴ33選】 第1弾
Skeets Tolbert And His Gentlemen Of Swing 1939-42 (Everybodys 3001)
タッマラ~ン!

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Jun 03, 2007

戦前ブルース週間

Prewar_blues

ここ1週間ほど、戦前ブルース週間とばかりにそのテのものを集中的に聴いている。平成も19年、まだ聴くか戦前ブルース、という気もしないでもないわけだが。しかし、何ものにも代え難い魅力というのがあるのだなぁ。
ともかく、その「戦前ブルース週間」の中心となっているのが以下のCD4種。

(1)Robert Lee McCoy - Prowling Nighthawk (Catfish)
(2)V.A. - Brownsville Blues (P-Vine)
(3)The Hokum Boys & Banjo Joe - Ain't Goin' That Way (Black Swan)
(4)Charlie Shavers & The Blues Singers (Timeless)

(1) 私、マッコイが好きで何年かに一度、無性に聴きたくなるのである。念のため言っておくと、聴きたくなるのはあくまでマッコイで、ナイトホークではない。で、先月久しぶりに聴きたくなったのだけれど、持っているのはウルフ盤LP2枚。しかし、LPを何度もひっくり返しては針を落とし、などとやってはいられない。なぜなら、昼寝をしながらマッコイを聴く、というのが今の私の切なる希望なのだ。夢うつつ、まどろみの中で聴きたいのである。だが、ウルフから出ていた唯一の単独CDはとうの昔に廃盤になっている。それで何か代わりになるようなものはと思って調べたら、キャットフィッシュからウルフと同じコンプリート集が出ていた! おかげで、充実の昼寝ができました。

(2)「ブラウンズヴィル派」と呼ばれるブルースマンを集めたコンピ。ヤンク・レイチェルが聴きたかったのだけれど、これまたウルフ盤は廃盤。で、現在レイチェルがまとめて聴けるの唯一のCDがこれというわけ。レイチェルとサニー・ボーイ・ウィリアムスンの絡みに改めて感動。他にはハミー・ニクスンの大迫力のジャグが付くサン・ボンズ、そしてデルタ・ボーイズ、チャーリー・ピケットもよし。単独盤よりもかえってよかった。

(3)ホウカム・ボーイズとバンジョー・ジョーのカップリング盤で、回数的にはこれを一番聴いたか。ホウカム・ボーイズの方は、ドキュメント盤(DOCD-5236)とかなりダブるので、もし買おうという方はご注意を。ただこちらはジョージア・トム絡みのものが数曲含まれている。あと音はこちらの方が明らかにいい。

(4)トランペットのチャーリー・シェイヴァースがブルース・シンガーのバックを付けたものを1枚にまとめたものだが、ブルース・シンガーといっても収録されているシンガーはトリクシー・スミス、グラント&ウィルスン、ロゼッタ・ハワード、アルバータ・ハンターと、すべてヴォードヴィル系なので、ブルースというよりは、ジャズ・アルバムということになる。
アルバム・タイトルにシェイヴァースの名が据えられているが、気にする必要はない。たとえばトリクシー・スミスの有名な“My Daddy Rocks Me”のセッションで一番耳を引かれるのは、やはりシドニー・ベシェであるわけだし。以前、同じくタイムレスの『30s Girls』というCDを取り上げたことがあるが、趣向はあれと同じで、女性小唄系シンガーのコンピと思えばいい。先日のロゼッタ・ハワードはRSTに単独盤があるが、ちょっとそこまでは、という人にはこれがいいかも。十分に楽しめる。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »