« ありがとうございました | Main | ジャグ・バンドのレコード (6) »

Jul 12, 2007

ジャイヴ33選

【ジャイヴ33選】 Vol.6~ザ・キャッツ・アンド・ザ・フィドル
Cats_and_the_fiddle

The Cats & The Fiddle - I Miss You So (RCA AXM2-5531)
以前は珍しかったキャッツのこのRCA盤も、仏DeeJayがCD化してからというもの、まぁ出てくる出てくる。それだけ手放す人間が多いってことなんだろうけど、今じゃ猫も杓子も持っている1枚。

ところで、1枚ずつボチボチとアップしている『ジャイヴ33選』ですが、まとめて閲覧ができるように左サイドバーの「PHOTO ALBUMS」にアルバム・ジャケットをアップしてみました。これでいつでも簡単に見ることができるかと。とは言っても画像の加工が面倒くさくて、まだ3枚しかアップできていませんが(今度の連休中にVol.6まで何とか)。
ま、こんなものに興味のある方がいるかどうか分かりませんが、もしよかったらチェックしてみてください。

|

« ありがとうございました | Main | ジャグ・バンドのレコード (6) »

Comments

猫も杓子ものひとりですが・・・・
なにを隠そうコレがはじまって以来 僕ぁ「陛下のジャイヴ」
というファイルを設置しましてせっせと保存しておるンですヨ~、
それにしても先日ぁ フレッド・アステアまでお持ちとは
恐れ入りました(ご自宅以外に音源保管に蔵でもお持ち
なんでしょうか?)
雨で被害もでているようですが(安心しました)ホっ。

Posted by: ドクター | Jul 12, 2007 at 23:59

え? ドクター殿もこのブルーバードの2枚組LPを?!
ホント、誰でも持ってるな(笑)。
で、わざわざファイルを、ですか。ハードディスクの無駄遣いでは
ないかと思うのですが。恐縮です。
33選の続きですが、ブログにエントリーするのはやめて、
「Photo Albums」の方で随時更新(月に2、3枚ペースか)して
いきたいと思ってますので、今後はそちらをチェックしていただければと。

アステアはオールド・ジャズ・ファンなら結構聴いてるんじゃないかと
思うんだけど。って、私の勝手な思い込みか。
でも仙台の佐々木さんも「アステア、いいよねぇ」って言ってたし。どうかな。

Posted by: yama | Jul 13, 2007 at 09:09

あ、いや その・・・こんなLP見た事無いんですが・・・
(しィ~でぃ~ですヨ)わかってるくせにブツブツ・・・

仙台の佐々木さんについては 2003年の獲物で
「フェリーニの8 1/2」を取り上げてられるのを
興味深く拝見させて頂きました
(やっぱ音楽博士でインテリな方は視点が違う)

「PHOTO ALBUMS」めっちゃコッコええですネ~◎
(陛下に似合わず?)
素敵なギャラリーに足を踏み入れたような・・・・(笑)。

Posted by: ドクター | Jul 13, 2007 at 22:18

いや、CDで十分。と言いますか、DeeJay盤3枚でコンプリートですから、
今や誰でも持ってるこのLPより、価値は高いのではないかと。

「PHOTO ALBUMS」、イケメンイメージの私にピッタリとのお褒めの
言葉をいただき、ありがとうございます。
ジャケだけじゃ何だか物足りないので、簡単なコメントを付けたいのですが、
どうせロクなこと書かないし、せっかくのクールなイメージが台無しに
なりそうでちょっと迷っているところ。

Posted by: yama | Jul 14, 2007 at 12:28

ま、その・・・言いたい事が(事実に反しても)言える、
ネット社会の盲点を垣間見た気がしたのですが
(たぶん気のせいでしょう)

「Start Jive Talkin'」(1947・1950)コレが
たまらん好きなんスよ!(とにかく甘ぁ~い)
二日酔いのまどろみの中で聴く「I'll Never,Never Let You Go」
もう枕をこすり付けて(股間)ヒリヒリ状態!

容姿の事は深く詮索しませんから 事細かく書いて欲しいッス!。

Posted by: ドクター | Jul 14, 2007 at 22:02

こわもてのイメージとは裏腹に甘いのが好きなんですねぇ。余計なお世話か。
でも第3集の『Start Jive Talkin'』はいいですよね!

キャッツがいいのはタイニー・グライムスの加入前まで、というのが
個人的見解であります。が、こんなコメント書いてもどうかなぁと。

Posted by: yama | Jul 15, 2007 at 09:59

「こわもて」?とは ひょっとして僕の事でしょうか
(うう~ム コレもネット社会の盲点の最たる部分である)
ホントは気弱でナィーブな青年であります、

タイニーさんのギターは4弦で他のギタリストと同一線上では
評価できないですネ、
ギター好きですが いい意味でも悪いでもなく「別格」で、
最近は中音域から低音部にスゴイ魅力を感じてます、
「ハッダ・ブルックス」のバックでもイイ解釈してるんでは
ないでしょうか?
コレがオスカー・ムーアならどんな感じで弾くんだろ?
なんて考えると(夜 眠られまへん)笑、

やっぱ深く考えず 横揺れしながら聴いてンのが僕には
合ってるみたいです。
http://www.youtube.com/watch?v=SEQ9Sz0UCl8

Posted by: ドクター | Jul 15, 2007 at 21:57

あ~すんません。私が「グライムス加入前まで」と書いたのは
別に彼のギターがどうのということではなくて、やはりキャッツと
いうと初期のオースティン・パウエル、チャック・バースクデイル、
ジミー・ヘンダースン、アーニー・ブライスの4人、ないしは
ヘンダースンの死亡に伴って加入したハービー・マイルスまでが
ベスト・メンバーではなかったかと。
で、グライムスの加入後はやはり当然ながら中間のソロがエレクトリック
でしょ。基本路線は変わらないんだけど、初期と比べると音的には
つまらないなぁと。まあ、そういうことなんですよ。
グライムスのギターそのものは悪くないですよ。はい。

キャッツのこの映像が収められている映画、『Duke Is Tops』はDVDで
持っているのですが、こうも簡単に観られてしまうと日頃は重宝している
YouTubeも何だか恨めしく感じますね。

「ナイーブな青年」とはまったくの偶然。私もです。

Posted by: yama | Jul 16, 2007 at 00:33


 あれー
  猫も杓子も持っている1枚
 ぼく 持ってませんねん
 欲しかったなぁ 昔 これ...
 どっかで出たら
 買ぉといていただけません??

 ジャイブ33選
 ACE OF HEARTSのHARLEM HAMFATSは持ってますが
 それ以外はぜんぜん持ってません
 やっぱジャイブ系はあきませんねーぼく

 

Posted by: がちゃこ | Jul 17, 2007 at 16:39

おかしいな、まだ行き渡ってなかったですか。
ヨゴザンス、(安くて)VG+くらいのを見つけたら買っときます。
でも、いざとなるとなかなか出てこないのが中古レコードの
不思議なとこで。ま、気長に待っていてください。

ハワイ、実に羨ましく拝見させていただいてます。

Posted by: yama | Jul 17, 2007 at 18:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/15734077

Listed below are links to weblogs that reference ジャイヴ33選:

« ありがとうございました | Main | ジャグ・バンドのレコード (6) »