« ジャグ・バンドのレコード (6) | Main | 私の好きな「Jazz」~Vol.2 »

Jul 29, 2007

Bushkin/Gaillard

Bushkin_gaillard_2

長らく活動を停止していた仏クラシックスだが、ようやく身元引受人が見つかり、活動再開となった。その長期休暇の間、クラシックスの2本柱の1本である「ブルース&リズム・シリーズ」は英Rev-Olaにだいぶ食い荒らされはしたが、もう1本の「ジャズ・クロノロジカル・シリーズ」の方は新規参入者もいないようで、こちらは引き続きクラシックスの独壇場のようだ。
で、つい先日、そのジャズ・シリーズの新譜2枚が届いたので、ここは早さだけが取り柄の当ブログ、いち早く取り上げておく。

まず1枚目は活動停止前にリリース案内があったのの、発売延期となっていたジョー・ブシュキン(随分待ったぜ!)。
彼はテディ・ウィルスンの流れを汲むスウィング・タイプのピアニストで、トミー・ドーシー、ベニー・グッドマン、サッチモといった一流人気楽団に参加するというキャリアを持つ。ヴォーカル・ファンならリー・ワイリーの『ナイト・イン・マンハッタン』を思い出すかもしれない。
ブシュキンの第1集となる本CDにはソロを含め5つのセッションが収められている。中でも41年のホット・リップス・ペイジ、44年のズート・シムズ(このときズート、18歳!)、そして46年のバーニー・ケッセルの参加セッションが特に注目か。しかし個人的趣味で言えば40年のピアノ・ソロが一番だな。で、次がコージー・コール参加のピアノ・トリオ。ともあれピアノ・フリークはマスト。

もう一枚はシリーズ8枚目となるスリム・ゲイラード。音源はマーキュリー、クレフ、ノーグランで、LPで言うとヴァーヴの『スモーガスボード』辺り。「ゴメンナサイ」収録。
ところでゲイラードといえば、「ジャイヴ33選」にゲイラードをまだ挙げていなかったことに気が付いた。で、これはイカンと早速選びにかかったのだけれど、どれか1枚となると難しい。2枚組のアンソロジーみたいなのがあれば、即キマリなんだが。で、悩みに悩んで決めました。ホントはもっと「高いヤツ」にしたかったけど、一番安いヤツに。でもファースト・チョイスはやはりこれだよな。何を選んだかはPHOTO ALBUMSを。

Joe Bushkin - 1940-1946 (Classics 1434)
Slim Gaillard - 1951-1953 (Classics 1437)

Joe_bushkin

Joe Bushkin - After Hours (Columbia CL 6201) [10"]

|

« ジャグ・バンドのレコード (6) | Main | 私の好きな「Jazz」~Vol.2 »

Comments

遅ラバセながらやって来ました(更新されてたンですナ)
老婆心ありがとうございます(毎日 自分のコメント見てました)
暑さのせいばかりではなさそうです(チト 始まってますか)

クラシックス盤ってなんかガタガタしてたみたいですけど
(そういう事か)
クラシックス盤の音源持ってた人って貴族だったんでしょうか?
(本当に全部聴かれたんでしょうかネ)
ウチにもブッシュキンさん入ってるのあるかナ(探してみよ)
絶対ありそも無いので(止めヨ)
夏休みが欲しいです。

Posted by: ドクター | Jul 30, 2007 at 22:12

スイング・ジャーナル増刊『ジャズ・レコード・マニア』によると、
クラシックスのオーナーは元EMIの国際部長を務めていたという人で、
退職後にフランスに移り住み、自己の5万枚のSP(すべてがピカ盤とか!)を
使ってライフワークとして始めた、ということです。

エラ嬢の音源獲得のため夏休み返上で労働ですか!
ファンの鑑!

ブシュキンは毎日聴いております。あ~いいなあ。
試聴はこちらで。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2565822

Posted by: yama | Jul 30, 2007 at 23:03

お早うゴザイマス陛下さま、昨日はコチラも異様な熱風でしたが
そちらは台風慣れされてるンでしょうか?
クラシックス盤の概要がわかり良かったです
元はUSA産という事でなぜかホッとしました、
試聴しました、知的で優雅なトコロが僕にピッタリです。

Posted by: ドクター | Aug 03, 2007 at 08:19

台風は慣れてますし、いままで被害を受けたこともないので、
どーってことはないのですが、それでも近年は温暖化の影響からか、
今までにないような雨量も。
「これはひょっとしてヤバイか。どのレコードを持って逃げようか」と
頭をよぎることも数度。

> 知的で優雅なトコロが僕にピッタリです。

これまた奇遇。まったく私と同じです。

Posted by: yama | Aug 03, 2007 at 16:29

お久しぶりです、モウモウと暑い日々が続いておりますが、おかわり.....ないワケないですよね!こんなに暑けりゃ(笑)

さてさて、こちらお江戸のクラシックス盤、価格変動状況が1700円台→2400円台になっているのは、サンプル数不足によるものでしょうか?
どれが、新譜でどれが古いんかぱっと見わからんのがナンですが。

あと、JOHNNY MOORE'S THREE BLAZERS の♪FIRE,FIRE.FIREを聴きたいのですが、CDでイージーに買えるのは何ですかね?

Posted by: ち~旦 | Aug 17, 2007 at 11:04

こちらこそご無沙汰しております。
クラシックス盤の価格ですか。アマゾンは若干価格に幅があるようで、
今1900~2200円くらいですね。
ブログにはアマゾンにリンクを貼ってますが、でも私が買ったのは実は
HMVでして(苦笑)。HMVだと、3枚以上買えば1枚1500円ちょっとで
買えます。これが一番安いと思います。ただHMVは入荷に手間取るような
ところがあって、例えばこのジョー・ブシュキンはすでに「入荷困難」の
表示が出ています。なので、確実に手に入れたいのであれば、ショップか
アマゾンかという選択になろうかと。
ま、いずれにしても、クラシックス盤は出たらすぐ買うが鉄則ですね。

スリー・ブレイザーズの"Fire, Fire, Fire"とは、またずいぶん的を
絞ってこられましたねぇ。同曲が入っている私の手持ち盤は、Westsideの
2枚組、『Los Angeles Blues』ですが、なるほど「イージーに買える
ヤツは?」と言われるように、これは廃盤なんですね。
しかしこの曲は、それまで未発表だったものをWestsedeが初リイシュー
しているので、今のところ他の盤では聴けないと思います。
で、今ちょっと調べてみたら、US amazonに中古(新品)が結構
出てますよ。
20ドル弱だから送料入れても、日本で新品を買うくらいの値段なんじゃ
ないかと思いますが。
http://www.amazon.com/gp/offer-listing/B00000HZBM/ref=dp_olp_2/103-8677166-2375032?ie=UTF8&qid=1187351990&sr=8-5
円高の今がチャンスですね!

Posted by: yama | Aug 17, 2007 at 21:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/15934982

Listed below are links to weblogs that reference Bushkin/Gaillard:

« ジャグ・バンドのレコード (6) | Main | 私の好きな「Jazz」~Vol.2 »