« 安吾、マクラクリン… | Main | Honky Tonk Train Blues (1) »

Sep 22, 2007

Really! The Country Blues

Image537

例によって締め切りギリギリとなったが、ディスク・レヴュー2本、何とか書き上げ送信。しかし、今回ほど日頃のCD整理の大切さを実感させられたことはなかったな。1枚のCD(参考用)探すのに30分。3枚ぐらいを必死で探したか。それだけでもうヘトヘト。で、やっと見つけたと思ったら、私の思い違いで原稿にはまるで関係がなくて、疲労度20パーセントアップ。しかもCDを探していると、未聴盤が次から次へと目に入ってきて段々と気が重くなってくる。中には「あれ? これまだ聴いてなかったのか」というものが出てきたりして。さすがにちょっと気がとがめて、今度は原稿そっちのけでその未聴CDを聴きだす始末。まったく何やってんだか。とまあ、そんなこんなの一週間でした。

Ojl2さて本文タイトルの“Really! The Country Blues”だが、古くからのブルース・ファンならすぐにピンとくると思う。OJL-2、オリジン・ジャズ・ライブラリーの2番目にリリースされたレコードである。
オリジンはヤズーと並び、そのカタログに戦前ブルースの名盤級のレコードを数多く持つアメリカのレーベルだが、ヤズーともども今となっては(正確に言えばLP時代後期からか)内容的に特にどうというものはない。本盤もトミー・ジョンスン、サン・ハウス、スキップ・ジェイムズ、イシュマン・ブレイシー、サム・コリンズ、ヘンリー・トーマスというビッグ・ネームからウィリアム・ムーア、ジョージ・ウィリアムス、バスター・ジョンスン、ガーフィールド・エイカーズといったところが並んでいるが、これじゃないと聴けないなどという曲は1曲もない。しかし息つく暇のない選曲とはこのレコードのことで、ただただよく聴いたという、愛着があるだけの1枚なのである。で、取りあえずこれを「緊急避難用レコード」の1枚に挙げておく。

ところで私が持ってるこの盤はセカンド・プレスとなる。ファースト・プレスはジャケット・デザインがまるで違っていて、矢印が何本も書かれたちょっと意味不明のデザインとなっている。で、それが昨年だったかeBayに出たことがあった。当然私、落としてやるぞと意気込んで臨んだのだけれど、40ドルくらいに上がった時点で早くも腰が引けてあっさり退場してしまった。落札価格は50ドル前後だったか。正直言うと、今でも悔やんでいるのである、私。たった50や60ドルぐらいで何だ。あー、何て私は小さい人間なんだ。よし!この次見たら覚えておれよ! しかし、OJL-2のファースト・プレスはほとんど出ない物件なのである。

V.A. - Really! The Country Blues (Origin Jazz Library OJL-2)

|

« 安吾、マクラクリン… | Main | Honky Tonk Train Blues (1) »

Comments

うハっ、えらい事になってますネ(クールなイケメン陛下様のイメージがちょっと・・・)
ファーストとかセカンドとかどこで見分けるンやろ?と思ってたんですが「OJL-2」ってコレですか?ファーストは「OJL-1」って印刷されてるんですか?
最近ヤフオク見ててもオリジナルなモノはいい値が付いてまして慌てて手持ちを確認してビニール袋にしまい込んでます(70年代のオリジナルっていうのもピンときませんが)
いずれにせよ僕ぁこだわりません(って言うか)そんな余裕ありまっかいな(笑)。

Posted by: ドクター | Sep 22, 2007 at 00:56

OJL-2というのはレコード番号なので、これは1stも2ndも変わりません。
見分ける方法は、そのレコードやレーベルによって様々です。
レーベルのデザインが違うとか、ジャケットのある部分に○○という
記載があるとかないとか。
OJLのこのレコードは好きなものだし、ジャケットが全然違うので
できれば欲しいなあと。ちなみにこのOJL-2は3rdプレスまであります。

まあしかし、ドクター殿も「そんな余裕ありまっかいな」とか
言っておりますが、ドクター殿こそが「こだわりの人」だと
思うんですがね。
ほら、女性はデブって(あ、豊満か)なければイカンとか、
釣りとか食べ物とか。

Posted by: ca-Ym | Sep 22, 2007 at 07:40

あ、そういう事でしたか どおりで同じ内容で違うジャケが一杯あるワケですナ、いづれにせよ僕ぁプレステージよりブルーノートの方がカッコエエというくらい・・いやその前に中味か、愛着あるレコが「緊急避難用レコード」(ナルホド)で、1stが欲しくなる(理解できました)しかし余裕かましておられますナ(笑)
僕の「こだわり」?(超庶民派デス)しかし(豊満)は機会あれば一度お試し下さい(サイコぉ~)です。

Posted by: ドクター | Sep 22, 2007 at 09:24

BlueNoteのオリジナル盤なんかに比べれば、私が欲しい1stプレス盤なんて
カワイイもんです。
でも今、ジャッキー・バイアードのある盤のことで悩んでるんですよね。
結構いい値段するんだけど(もちろんオリジナル)、うーん欲しいなあ。
買うか…。
うーん。

Posted by: ca-Ym | Sep 22, 2007 at 22:20


レコード集めで
 オリジナル至上主義癖
がついてしまったおかげで
その後の人生が不幸になりました

釣具においても
些細な刻印や塗装色やパーツ形状の違いだけで
2nd modelの数倍はする1st model ばかりを追い求め
毎夜 ebayを彷徨い歩いたものです

BluesをCDで聴かないのも
きっとそんな悪癖が尾を引いているものと思われます
まったく不幸な人生です


Posted by: がちゃこ | Sep 23, 2007 at 11:57

レコードが人生を不幸にするかぁ、染みるなあ。
あ、そういえばファイアの“Mojo Hand”、800ドルで出てますけど。
毒を食らわば、ということでどうです?

ところで、キャッツのLPですが、まだご入り用でしょうか。
一応1枚キープしてあります。
別にもう不要ということでも一向に構いませんよ。
実は私もスペアかトレード用にもう1枚あってもいいなと
思ってますので。

Posted by: ca-Ym | Sep 23, 2007 at 21:09

でへへ、僕ぁOJC盤とCDのおかげで結構幸福に暮しております、それと・・・(ありがとうございました)

反りはレコ1のA面1曲のみ、コレはフェイドで対応しました、あとは何の問題もなく(ぼ、僕ぁホント しャわせだナぁ~)やったぜ 父ちゃん!。

Posted by: ドクター | Sep 23, 2007 at 23:44


 わーい わーい
 The Cats & The Fiddle!
 よろしくお願いします
 なに?
 スペアかトレード用?
 そ
 そんなことおっしゃらずに...

 FIREのLightnin'...
 うーむ
 うーむ
 $800...
 うーむ
 うーむ
 状態はどうなんですかね...
 うーむ
 うーむ

Posted by: がちゃこ | Sep 24, 2007 at 11:43

> ドクター殿

1曲のみ? そんなもんで済みました? 2枚目も結構反っていたと
思ったんですが。やはりスタビライザーの威力によるものでしょうか。
何はともあれ、幸せそうでよかったです。
私の場合は、日頃の行いが悪いのでしょうか。
ちっとも幸せが来ません。

> がちゃこさん

そうですか、要りますか。
何だかちょっと寂しいような気も…。
やっぱり黙っていればよかったかと、今ふと(笑)。
詳しくはメール致します。

ライトニンは、Gでした。パッと見た感じは良かったのですが、
よく見るとテープ補修しているようにも見えます。
いずれにしてもGならやめておいた方がいいですね。

Posted by: ca-Ym | Sep 24, 2007 at 15:34

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/16500326

Listed below are links to weblogs that reference Really! The Country Blues:

« 安吾、マクラクリン… | Main | Honky Tonk Train Blues (1) »