« Honky Tonk Train Blues (3) | Main | ミッドナイト・セレネイダーズ、ベリル・ブッカー »

Oct 15, 2007

Honky Tonk Train Blues (4)

Jazz_piano_classics

結論から言うと、油井氏が「最低です」と言うほどの印象は受けなかった。27年のオリジナル・パラマウント録音はプリミティヴ、は言い過ぎにしても、一切の混じり気を排したもののみが持つ堅牢感というものがある。対してブルーノートの方は、氏の言うとおり、右手に様々な飾りというか、ちょっとしたフレーズが逐一混ざっており、それが耳に付くことは確かだ。どちらがいいか(好きか)と聞かれれば、私もやはりパラマウントをとる。けれど、だからと言ってブルーノートが最低だとは思わなかった。
と、ここまで読まれて「それはおまえに聴く耳がないからだ」と思われた方、あるいは「感想なんて人それぞれ。当たり前の結果だ」と思った方がいるかもしれない。しかし負け惜しみを言うわけではないが、今回の話の要諦は、聴いた結果がどうだったということではない。氏の発した一言に好奇心を刺激され、そしてなけなしの小遣いをはたいてレコードを買わせるまでの行動をとらせたという、そのことにあるのだ。そりゃ、ひざをポンと打って、「センセイのおっしゃるとおり!」となれば、それはそれでハッピーエンドだったかもしれないけど。
結果がどうであれ、この勝負は氏の勝ちと認めざるを得ない。もし、これが聴いてもらうことを意図するディスク・レヴューであれば、やはり第一級の文章であると思うのである。
油井氏の「最低です」は氏の音楽観、音楽を聴く際の姿勢を表した言葉と言える。非常に厳格。だがそれだけに反発も多いだろう。だけれど、音楽という趣味・趣向の世界、どんな書き方をしたって異論反論は必ずあるものなのだ。もちろんオブラートに包んだ言い方はできる。しかしそのような物言いでは、「ふ~ん。あ、そう」でおしまい。いっちょ聴いてみるか、などと心を動かされることはなかっただろう。

つい先日、仙台の佐々木さんから電話がかかってきた。いろいろ話をしているうちに話題がディスク・レヴューのことに。佐々木氏曰く。レヴューはホントにつらいねぇ、一行書くのにどれだけ頭を悩ませることかと。
「へぇ~、佐々木さんでもそうなんだ。でもまるでそんなふうな感じはないけどなあ(笑)」
しかし、そこが佐々木さんのスゴイところなんだろうな。

V.A. - Jazz Piano Classics On Blue Note (King K23P-9281)

|

« Honky Tonk Train Blues (3) | Main | ミッドナイト・セレネイダーズ、ベリル・ブッカー »

Comments

この本、今読んでます。
いや面白いです。 まだまだ聞いたこと無い人たちの名前がいっぱい出てきますが、本当に、聴いてみたい!と思わせるような内容が多く、どんどん読み進んでしまいますよ。
買ったのは文庫本なんですけど、残念な事に初版とは何項か入れ替え、違いがあるようです。

私事ですが、最近某雑誌でCDレビューを書かせていただきました。
簡単なようでムズカシク、難しく考えると簡単でない。
あ、当たり前か・・・。
字数の制限やら、なんやら、無いアタマ使いました(笑)

Posted by: ken-G | Oct 16, 2007 at 02:10

ぼ、僕ぁ油井せんせより山崎サマの文章にCD購買衝動が沸き起こります(ごま・・・・・)スリすり。

Posted by: ドクター | Oct 16, 2007 at 07:53

> ken-Gさま

おぉ! いよいよライター・デビューでしょうか。
で、某雑誌とはどちら? じらさないで教えてくださいよ。
立ち読みで済まさずに、ちゃんと買いますから(笑)。
それとも、じきブログの方へ書かれるんでしょうか?
とにかく、楽しみにしております!

> ドクター殿

何だ、ゴマか…。
私の場合、「一体、このCDのどこがいいんだ。テキトーなことを
書きやがって!」という不満がかなり渦巻いているだろうなぁと
想像すると、非常に申し訳ない気持ちでいっぱいで、
夜も眠れなかったりします。ま、うそだけど。

Posted by: ca-Ym | Oct 16, 2007 at 09:25

い、いや別にじらしてる訳じゃ・・(笑)
ギタマガなんですけどね、もう先々月くらい前の号の話でして、もう店頭にはありませんデス。
まぁCDレビューと言うよりもアレですよ、この雑誌の性格上ギターの奏法解説などを中心に、との依頼だったのでスラスラと・・・書けないっ!でした、、、うはは。
ま今後とも精進する所存でございますので、どうかひとつ宜しくお願い致します。
ところで
チャーリー・ヤマ(ca-Ym)もだいぶ板に付いたようで・・・あはは。

Posted by: ken-G | Oct 17, 2007 at 22:21

え? 先々月の話ぃ~! 黙っていたなんて、それは問題ありだなあ。
lyneちゃんも黙ってなんいんじゃ…。
しかしギターマガジンですか。もう何十年と、手にしてないなあ。
バックナンバー注文しようかな、今はネットで簡単に買えるみたいだし。

チャーリー・ヤマ(気に入りました!笑)でもキャンド・ヒート・ヤマでも
お好きなようにお呼びくださいませ。

Posted by: ca-Ym | Oct 18, 2007 at 14:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/16735869

Listed below are links to weblogs that reference Honky Tonk Train Blues (4):

« Honky Tonk Train Blues (3) | Main | ミッドナイト・セレネイダーズ、ベリル・ブッカー »