« Honky Tonk Train Blues (4) | Main | 近着CDから '07/11 »

Oct 19, 2007

ミッドナイト・セレネイダーズ、ベリル・ブッカー

Oct_07

今月聴いたCDの中から。

The Midnight Serenaders - Magnolia
ウクレレ、クラの入ったバンドでオールド・ジャズ/スウィングの佳曲をノスタルジックに聴かせるというわけで、一聴スパンカーズやジャネット・クラインを彷彿させる。特にディー・セトルマイアーという女性ヴォーカルがウクレレ担当ということもあって、余計にジャネットに近い印象を受けるけど、意識してるのかなあ。クリオ・ブラウンでお馴染みの“Here Comes Cookie”、あと“A Porter's Love Song”(こっちはファッツかな)と選曲は買うが、このテのバンドにありがちな押しの一手みたいな歌と演奏に聴き疲れするところも。と思っていたけど、3回4回と聴いていくうちに、なかなかよいではないかと。試聴はこちら

Beryl Booker - 1953-1954 (Classics 1422)
スラム・スチュワートやダイナ・ワシントンとの仕事で知られるベリル・ブッカーのシリーズ第2集。一部ドン・バイアスが加わったトラックもあるが、すべてベリル・ブッカー・トリオによるもの。一応言っておくと、メンバーは全員女性。だからどうだということはないんだけど、ただ一つドラムがちょっと雑なのが気になる。スラムとの共演は第1集で。

V.A. - Before The Blues Vol.1 (Yazoo 2015)
今ごろ何だと思うかもしれないけど、最近よく聴いているので。「ブルース以前」というわけだけど、選曲が実にいいな、これは。B.F.SheltonにWeaver And Beasley、あぁしみるなぁ。

|

« Honky Tonk Train Blues (4) | Main | 近着CDから '07/11 »

Comments

V.A. - Before The Blues Vol.1(試聴できました!)
ウぉ~!コりゃぁイイ~っ、
傷心の日々を過ごす僕にはピッタンコ!
(ずぅ~っと試聴で通すかな?)。

Posted by: ドクター | Oct 20, 2007 at 08:13

何? 不倫がばれた?!
相手はいつぞやの海の家のプラコップの人でしょうか?
うーむ、家庭は修羅場か。ご愁傷様です。

試聴で通す? でも「入荷しました!」っていうメールが来るかも(笑)。

Posted by: ca-Ym | Oct 20, 2007 at 09:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/16812157

Listed below are links to weblogs that reference ミッドナイト・セレネイダーズ、ベリル・ブッカー:

« Honky Tonk Train Blues (4) | Main | 近着CDから '07/11 »