« 2007年を振り返って(3) | Main | 2007年を振り返って(4) »

Dec 19, 2007

ふ、ふざけるなっ!

数日前、クレジット会社から11月利用分の請求書が届いた。封を開け、金額を見て頭が真っ白になった。じゅ、じゅうはちまん……。な、何だあ、これは!!
いまだかつてクレジットカードで月5万を超えるような使い方をしたことはない。それが、じゅ、じゅう…。落ち着いて明細を見ると「CONTINENTAL」に15万6千円とある。まるで身に覚えがない。ふ、ふざけるな! 頭に血がのぼると同時に気持ちはかなり動揺している。12月25日引き落としだ。
フィッシング詐欺という言葉が頭をよぎった。しかしウイルスソフトは入れてあるし、それにいかがわしいようなサイトに出入りすることもない。もし何かの拍子に入ってしまったとしても、ウイルスバスターが知らせてくれる。実際、最近何回か警告表示が出たことがあった。もちろん、警告が出たサイトからは直ちに立ち去ることにしている。
とにもかくにもクレジット会社に電話をしなくては。時計をチラと見ると5時半。
くそっ、やっぱりだ。営業時間外とのアナウンス。受付時間は9時から17時までとのこと。あー、オレはこの不安な気持ちを抱えたまま一晩過ごさねばならんのか。
食欲はわかず、何も手に付かない。この地球上のどこの誰だか分からないヤツのおかげで。これはひどいストレスだ。

いろいろ考えても仕方がないと自分に言い聞かせ、その日の晩はネットで類似の事例がないか検索することにした。とにかく一番の気がかりは、この支払い義務が自分にあるのかどうかなのだ。
あるサイトによると、盗難等による被害の場合は補償されるが、ネットを通じて不正利用された場合は補償の対象外となる、とある。いーっ! そうなのか。他のサイトも見たが、概ねそのような主旨のことが書いてあるところがいくつか出てきた。
この年の瀬にこんな大金を支払わされたら、一体正月どうやって過ごしたらいんだオレは!

翌朝一番に電話を入れた。果たしてその返答は。
「ご安心ください。支払いは早急に止めます」とのこと。
あ、ありがとうございます! 心の中で思わずそう叫んだ。
念のため、その後のカードの利用状況について調べたところ、何と12月にも同じく「CONTINENTAL」で9万円の請求が2回、計18万円上がっているらしい! コ、コノヤロー!! もちろん、これも止めてくれるそうだが。
それにしても、一体どこのどいつだ。とっ捕まえてギタギタに…(無理、無理)。
しかしネットの情報には肝をつぶしたが、カード会社の実に頼もしい対応に夕べまでの心労もいっぺんに吹き飛んでしまった。
「あー焼酎ロックが旨い!」
私って、立ち直りの早い人間なのだなあ。

「CONTINENTAL」というのは、コンチネンタル航空のことだった。そういえばken-Gさん、コンチネンタル航空使ってニューオーリンズで豪遊してきたんだったよな…。あ、いや、これは本文とはなんの関係もありません(笑)。

|

« 2007年を振り返って(3) | Main | 2007年を振り返って(4) »

Comments

あ~ビクたぁ~(本当にビックリしたらこういう発音になる)、他人事ながらハラハラドキドキしながら拝見させてもらいました、
「補償の対象外となる」ってトコロがコワイ、恐ろしいですネぇ(僕だったら自殺してたかもしれません)
極力いかがわしい(気持ちイイ)サイトには行かないよう努力します。

Posted by: ドクター | Dec 19, 2007 at 22:16

いかがわしいサイトって、やはり想像したとおりそっち系のサイトと
決めつけて…。やれやれ。
実は後でカード会社から電話がかかってきて、少々尋ねられたんだけど、
話しぶりから大体目星は付けているみたいでした。

ところでクレジットカードですが、ご自分がお使いのカードがネットでの
不正利用に対処してくれるかどうか、確認しておいたほうがいいかも
しれません。
ネットで見る限り、カード会社によって対応はまちまちのようですので。

Posted by: ca-Ym | Dec 19, 2007 at 22:52

私も今までに二回ほど、この様な手口でいつの間にか、銀行の口座から金が落されていたことがありました。
いやあ、全くストレスの溜まる話です。
始めは、ハリーケーン・カトリーナの直後。誰かがテキサスで僕のクレジットカードの番号を使って、場がーキングかどこかで、金を使ったらしい。その後、ガソリンを入れたようです。
すぐに、そのクレジットカードを破棄して、新しいのを作り変えました。
考えるに、ハリケーンの広域避難のドサクサに、内部の誰かが不正にカードの情報を盗んだのではないかと、考えます。

最近のは、2ヶ月前に起こりまして、銀行に数回足を出向いて、色々と手続きしました。僕、ネットのバイルス作っている奴とカード詐欺はもっと厳しい刑(終身刑)を与えた方がいいと思います。

オギ

Posted by: ogitetsu | Dec 19, 2007 at 23:23

何度も同じような目に遭っているのですか…。
私は今回の件だけでもう精神的にクタクタ、一晩で体重が2キロ減ったの
ではないかと思ったくらいでしたが、アメリカではもっとタフな精神力を
持っていないと生活できませんね。

ここ数日、警察がこのアメリカ人犯人の自宅にやってきて(勝手に
アメリカ人と決め付けてますが、笑)、「ちょっと署まで同行を」と告げ、
今回の犯人が真っ青になっているというような場面を想像しているのですが、
ほんと早いとこふんじばってもらいたいもんです。
この犯人には市中引き回しのうえ、百叩きの刑を!
そのうち10発くらいは私にたたかせてほしいです。

Posted by: ca-Ym | Dec 20, 2007 at 09:17

大変でしたね。
私のところはネットで毎日状況をチェック出来るので、請求書を見て驚くことはありません。

どこも同じようなサービスをやっていると思っていました。

Posted by: 瀬谷 | Dec 20, 2007 at 09:41

ゐ~! ヤラれちゃったんですね。
こういう話は良く聴きますけど、じっさい身近な人が被害にあったと言うのは初めてです。
いったいどうやって人様の暗証番号とか手に入れるんでしょうね?
ん~、気をつけなければ・・・

ボクんところもContinental分の請求が来ましたが、使った分だけでした・・あはは。
そ、
もっとチープなチケットですから・・ぼくの場合(笑)
それに、豪遊・・・してないってばサ!
んも~っ。

Posted by: ken-G | Dec 20, 2007 at 12:04

> 瀬谷さん

おっしゃるとおり、そういうサービスはあるのです。が、別に不自由は
ないし、申し込んでいなかったのです。ちなみに私の使っている
カード会社は紙の請求書をとるか、ウェブサイトで見るかのどちらかを
選択するようになっております。
でもさすが瀬谷さん。やはり毎月何十万とSPを買っていらっしゃると
そのあたりの管理もきちんとしているということなんですね。

> ken-Gさん

これは、ニューオーリンズ帰りのken-Gさん。
いやー、私だってこんなトラブルは自分には関係のないことだと
思っておりましたよ。まさか自分の身に降りかかってこようとは。
防衛策としては、セキュリティに問題のありそうな海外のサイトでは
カードを使った買い物はしないようにするってことくらいでしょうか。
PayPalだと少しは安全なのかなあ。

Posted by: ca-Ym | Dec 20, 2007 at 16:57

私の場合、支払いを分割に変更したり、ネットは欠かせません。紙の請求書もきますよ。

毎月何十万なんてとんでもないです。最近はライバルが多く落ちません。よって、年間数十万くらいで済んでいます。

PayPal は便利ですね。業者によっては手数料を取るところもありますが、IMO を作って書留で送っていた時代を思うと楽ですねぇ。

Posted by: 瀬谷 | Dec 20, 2007 at 18:24

SPの世界のことはわかりませんが、LPもこれはと思うようなものは
なかなか落ちませんね。年々買いづらくなっているような。
もう最近では、いいものはやはりそれなりの金額を出さないと
買えないんだと思ってあきらめてます。まあ、たまにいいのが格安で
手に入ることはあるけれど、それはまぐれみたいなもんだと。

私ももういい歳なのでいつまでも安レコードばかり漁ったりせず、
来年は量より質でちょっと勝負したいと思っています。

Posted by: ca-Ym | Dec 20, 2007 at 22:34

は、犯人はアメリカ人ですか?
私の知り合い(アメリカ人)は、ロシア人か中国系マフィアだろう、なんて言ってましたぜ。
犯人はいつも外国人!

僕は銀行やカード会社の中に、情報を盗む奴が居るのだろうと、思ってますが。
ITコミュニケーションの仕事をしている私の甥は、ネット上のセキュリティーには色々な穴があると、言ってました。

オギ

Posted by: Ogitetsu | Dec 20, 2007 at 22:53

あー、いや、アメリカ人というのは単純なイメージというか、
適当に言っただけで(笑)。
確かに中国人か、あとインド人という可能性も。
昔、『カッコウはコンピュータに卵を産む』っていうノンフィクション小説が
ちょっと話題になったことがあったけど、あの犯人はドイツ人でしたっけか。

買い物は現金でというのが当たり前だった時代が懐かしいなあ。
もう戻れないけど。

Posted by: ca-Ym | Dec 20, 2007 at 23:18

とんだ災難でしたね?被害は無かったとはいえ
憤懣やるかたないお気持ち、よーくわかります。私のばやい、カードそのものを持ってないので安心ですけど。

Posted by: バビロン | Dec 21, 2007 at 00:21

カードをお持ちでない。そうです、目に見える現金だけを信じる、
それが一番よいのだと思います。
ただ、バビロンさんの住まわれているあの豪邸。やはりあれは泥棒に目を
付けられやすいかと思われますので、この年末、特にお気をつけください。
え? 我が家の特大の隠し金庫はちょっとやそっとじゃ破られることはない?
そ、そうですか…。

Posted by: ca-Ym | Dec 21, 2007 at 09:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/17418400

Listed below are links to weblogs that reference ふ、ふざけるなっ!:

« 2007年を振り返って(3) | Main | 2007年を振り返って(4) »