« Chocolate Dandies | Main | 原点回帰 »

Jan 26, 2008

Washboard Rhythm

Washboard_rhythm

例年、1月はあまりパッとした新譜のリリースがない。ちょっと手持ち無沙汰な感じがあるわけだが、しかし新譜に追いまくられて消化不良というのも精神衛生上よろしくないし。なんか、金はあるけど時間がないというのと、時間はたっぷりあるけど金はないのとではどちらが幸せか、っていうのと似てるか。まあ、どうでもいいか。
そんなわけで、今月は昨年暮れに仕入れたFROGのレム・ファウラーやHip-O Selectのボ・ディドリーを聴いておりました。あと、LPではエイス・オブ・ハーツの『Washboard Rhythm』を。これはファウラーのウォッシュボード・バンドものを聴いているうちにふと聴きたくなって久しぶりに棚から引っ張り出したみたというわけだけど、そういえばこのレコードがお気に入りの1枚だっていう人が私の回りにけっこう多い。えーと、佐々木さんに魚ちゃん…。って言いながら結局この二人だけしか思い浮かばんな。ってことはスキモノ御用達の1枚ってことか。
そんなことはともかくLPの中身だが、やはりジミー・バートランドのウォッシュボード・ウィザーズ、いいなあ。何度聴いてもドッズがすごい。彼のベスト・プレイの一つだろう、これは。それからクレランス・プロフィットとテディ・バンのアラバマ・ウォッシュボード・ストンパーズ。“Pepper Steak”がこれまた「うーん、たまらん」というくらいにいい。
などと感心していたら、そういえばストンパーズは単独盤があったなと。それでまた早速取り出して針を落とすとジェイク・フェンダースンのカズーの野卑さと哀愁を帯びたヴォーカルのコントラスト、そしてそこに絡むテディ・バンのギター。「あぁ」と深いため息ひとつ。ところでこのアルバムはA.W.S.(ガーデニアかも)というオランダのレーベルからのものだが、同レーベルにはこのアラバマを含めてウォッシュボード関係のアルバムが全部で4枚(と思う)ある。ウォッシュボード・リズム・キングス、ジョージア・ウォッシュボード・ストンパーズ、ウォッシュボード・リズム・ボーイズが残りの3枚。今はすべてCDで聴けるが、いずれもコンピでなく単独盤となっていて当時は貴重なものだった。ジャケットがちょっと何だけど。
うーん、これ以上書いてもまとまりそうにないな。ま、別にまとめる必要もないわけだけど、今回はウォッシュボード・バンドもののこんなレコードがありましたってことで。

Wrk

Washboard Rhythm Kings 1932-1933 (W.R.K. 4011)
Georgia Washboard Stompers 1934-1935) (G.W.S. 4012)
Alabama Washboard Stompers 1930-1932 (A.W.S. 4013)
Washboard Rhythm Boys 1933 (W.R.B. 4014)

|

« Chocolate Dandies | Main | 原点回帰 »

Comments

カネか暇?(5分ほど考えました)やっぱ僕ぁどちらも欠落しておると結論でました、
この中ではテディ・バン絡みのモノに興味湧きますネぇ
(イギリスに1枚あるようですが・・・・)
なんかため息しか出てこない侘しさを覚えるナぁ~
仕方ないからお布団に入って39年のエリントンでも聴こ
(やっぱ・・・・カネ欲チぃ~!)シクシク・・・。

Posted by: ドクター | Jan 27, 2008 at 16:23

そういえば「貧乏暇なし」って言葉もありますね。
ま、私も似たようなもんです。

「イギリスに1枚ある」っていうのが何のことか分かりません。
テディ・バンが好きなら、このアラバマ・ウォッシュボード・ストンパーズはぜひ。
Jazz Archivesの『Washboard Story』で聴けます。
あれ? このCDは廃盤だったけか。

39年から42年頃といったらエリントンの黄金時代でありますね。
でも私が前に言っていた30年代というのは32年から38年あたりでして、
またそのうちにレコードを並べます(笑)。

Posted by: ca-Ym | Jan 27, 2008 at 17:27

内心気になって睡眠不足になってたんですが32年から38年?ちょっと尖がってるエリントンさんって感じでホッジスはソフティケイテッドされておらずクゥティーはじめカーネィもうまい事使われてる?有名歌手が去来、いいカッコ言ってますが(あんまし持ってません)、

陛下がレコードと仰るならブランズウィックてな生易しいモノではございませんナ、
それは国家予算とも匹敵する(ほどでもないか) でも中途半端な支出ではない(クラシックスCDで腰抜かしてる場合でも無い)ハラ立つけど ちょっと楽しみ♪

本日ぁ陛下の顔がちらついて(見た事ありませんが)思わず衝動買いしてしまいました(デルタの5枚ボックス)笑、

イギリスではなさそうですネ。
     ↓
http://nlis.gemm.com/c/search.pl?lang=JP&clickflag=1&field=GEMM+ITEM+GML&wild=GML965087817

Posted by: ドクター | Jan 27, 2008 at 21:06

「デルタ」の5枚ボックス? 
デルタ・リズム・ボーイズか? なものあるわけないか。
デルタ・ブルース? あるのかな??
うーん、だからそう中途半端に略されるとわからないってば(笑)。

このEP盤は、イギリスではなくてドイツです。
以前当ブログでもこのシリーズの1枚を紹介したことがあります。
http://cafeso.cocolog-nifty.com/bjj/2007/03/pioneers_of_jaz.html

コレクションとしてなら買う価値はあるかと思いますが、
聴くのが目的だとちょっとつらいですね。
でも、これは(今では)けっこう珍しいし、それに割とリーズナブルではないかと。
もっとも送料がつきますけどね。

エリントンは安いものばかりです。
クラシックスのCDが廃盤で手に入らないからLPを買ってるだけで、
もしクラシックスで揃えられるならそれが一番ではないかと思います。

Posted by: ca-Ym | Jan 27, 2008 at 22:29

あ、中途半端ですんまソ 陛下のブログに貼ってられますからてっきり・・・「パットン」でピンポぉ~んっちゅう事です、レジで精算したらレジ前に隠れていて精算した分即返品→交換(アルバイトのおっさん真っ青)新品CD1枚分の御値段でした(すんまソ)

安いものばかりと聞いて(そんなハズは無い!)と思いつつ内心(ホっ)、僕もですねクラシックス廃盤対策としてあんまし聞かない名前のレーベルで対応してるんですヨ、1枚買ってめちゃ気に入って、あと2枚シリーズとして・・・・どうも来月の給料日まで待てなくなってきたナぁ。

Posted by: ドクター | Jan 27, 2008 at 23:49

パットンのボックスでしたか! JSPの。
私も欲しいけど、買っても結局は聴かないような気も。
メンフィス・ミニーのボックス2セット(CD8枚)も
買ったはいいけどシールド被ったままだし(苦笑)。

エリントンのLPなんて、コロンビアのものに少し高いのがあるくらいで
基本的にどれも安いですよ。大体どれも2千円台ではないかと。

あんまし聞かない名前のレーベル? 何だろう。
クアドロマニア? あんまり買いたくないなぁ、あれは(笑)。

Posted by: ca-Ym | Jan 28, 2008 at 09:25

それでは白状しましょう
(勿体つけてどうも・・・)
貧乏人の苦肉対策レーベル登場!
     ↓
http://www.naxos.com/artistinfo/bio1816.htm

アマゾンで千円ちょっと・・・・。

Posted by: ドクター | Jan 28, 2008 at 09:46

へぇ~、知りませんでした、こんなのがあるなんて。
コンプリートってわけじゃなさそうだけど、でも十分かも。安いし。
試しに一つ買ってみようかなあ。

Posted by: ca-Ym | Jan 28, 2008 at 19:54

ちなみに昨日はコレ聴いてました
    ↓
http://www.naxos.com/catalogue/item.asp?item_code=8.120729

38年までLP購入されていればダブりまくる
かも知れませんネ、でも僕ぁ この編集気に入ってます、

それにしても最近ロイ・パーマーさんのバックの洗濯板や
ネリーさんの節回し、サム・プライス(vol-1)のギターは誰が弾いとるんじゃい?
と睡睡眠不足気味・・・・・
(久しぶりに)
ぼ、僕ぁどうしたら・・・・(いいンでしょうかぁ?)
とにかく「パットン」さんのディスクAで
「ジェット・ストリーム」して寝ヨ、

「みなさま投機はまもなくアメリカ南部ベチョベチョ空港
へ着陸致しますン~」
「お布団や壁がベチョベチョ地帯になりませんよう、
加湿器にタイマーをおかけ下さい」
いや、じっさい加湿器でLPジャケがベコベコになった事
あるんですヨ!(笑)。

Posted by: ドクター | Jan 28, 2008 at 21:46

あー、この辺はいいところですよねぇ。
ジェット・ストリームにするならパットンよりこちらの方がいいのでは?
だけどそんなふうに言われると、ますますパットンの箱が欲しくなってきた…。

ステイト・ストリート・ランブラーズはお持ちではなかったんでしたっけ?
ま、でもロイ・パーマーが気に入っていただけたようで、よかったです。
と言いたいところですが、洗濯板にサム・プライスのバックのギターに
ネリーの節回しが気になるなんてそれはちょっとヤバイかも。
しかも寝酒代わりにパットンて。家庭崩壊につながりかねませんぞ。
どうぞほどほどに。

私は今日はベシェを聴いておりました。
ニューオーリンズ・フィートウォーマーズです。
「ジョージア・キャビン」もしお持ちなら、聴いてみてください。
って、こういうのがマズイのか。

Posted by: ca-Ym | Jan 28, 2008 at 23:00


 W.R.K. 4011 Washboard Rhythm Kings
 だけは持ってます
 なぜか

 けどこのシリーズて
 あまり食指が動きませんでしたねー
 やっぱこの手抜きジャケのせいかしらん


Posted by: がちゃこ | Jan 28, 2008 at 23:39

そんなこと言われたら、4枚とも持っている私が
ただの物好きみたいじゃないですか。
ま、そのとおりだけど。
ヨーロッパのジャズ系コレクター・レーベルって、
こんなのが多かったですね。

ウォッシュボード・リズム・キングスのLPですが、
あと仏RCAのTreasury Of Jazzと、
同じく仏RCAのBlack&White、
それと10インチの"X"シリーズにありました。
はい、物好きなのですべて持っておりますよ。

Posted by: ca-Ym | Jan 29, 2008 at 09:24

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/17854148

Listed below are links to weblogs that reference Washboard Rhythm:

« Chocolate Dandies | Main | 原点回帰 »