« January 2008 | Main | March 2008 »

Feb 08, 2008

歌って叩いて

Bmcd6056前回、「CDの内容なんかについて、いちいちブログに書いていられるかい!」と威勢よく啖呵を切ったが、三日と経たずに早くも書かずにはおれない状況となっている。まったくやれやれな話である。
さて、ブルー・ムーンからの新譜の1枚、『The Blues Singing Drummers Vol.1』はタイトルどおり「歌って叩けるドラマー」というシリーズなわけだが、その第1集に選ばれたのがジョージ・ヴァンである。知らん。いや、相当にコアなジャイヴ・ファンであれば、スピリッツ・オブ・リズムのブラック・アンド・ホワイト録音で…、と思い浮かばないな、やっぱり。そういえばブルー・ムーンは以前もジェシー・プライスなんていうシンギング・ドラマーの単独盤を出しているが、ドラム好きなのかも。
ま、ともかく、歌って叩けるドラマーっていうと、よく知られたところではロイ・ミルトンがいる。我が日本でも古くは石原裕次郎、カーナビーツのアイ高野、そして加藤茶がいる。あと西城秀樹も昔ドラムを叩きながら歌っているところを観たことがあるが、それはどうでもいいか。
そんなことよりだ。今回言っておきたかったのは、このCD、実際に収録されている曲順と印刷データが異なっているのである。何で気が付いたかというと、「キャルドニア」である。「おー、ルイ・ジョーダンのをカバーしてるのか」と、何気なくデータを見たところ、CDプレイヤーに表示されている番号と違っていたというわけ。で、注意深く聴き直して確認したところ、データに記載してある(9)~(11)のスピリッツ・オブ・リズムの3曲がそのまま(23)の後ろにずれて入っていた。つまり(8)の後が(12)から(23)、そしてその後が(9)~(11)。あとは問題なく(24)~(27)といった曲順になる。
ブルー・ムーンのホームページを見てみたが、この件に関しては何のアナウンスもなかった。誰か教えてやってくれないだろうか。

ついでに収録曲についていくつか。45年の"There's Life Without Love"でヴォーカルをとっているのが、ベティ・ホール・ジョーンズ。ブルー・ムーンには彼女の単独盤があるが、それは47年から始まっているので、本盤が初収録盤となる。内容は粋でジャジーで珠玉の逸品と言っていい出来。小唄好きにはたまらんのではないか。あと細かいところだが、このバンドでベースを弾いているのがキャッツ&ザ・フィドルのチャック・バークスデイルだった。
それからスピリッツ・オブ・リズム。内容は先刻承知という方も多いと思うが一応言っておくと、この録音にはギターが2本入っている。テディ・バンとユリシーズ・リヴィングストンの二人。ギター2本というのはこの当時としては比較的珍しいのではないかと思うが、どうだろうか。ちなみにここでのベースはレッド・カレンダー。
あー、これでスッキリした。

George Vann - The Blues Singing Drummers Vol.1 1944-1947: (Blue Moon BMCD 6056)

ちょっとお知らせです。ハウリン・ウルフの初の自伝『ハウリン・ウルフ ブルースを生きた狼の一生』(ブルース・インターアクションズ刊)が予約の受付を開始しました。発売は2008年初夏とまだずっと先ですが、限定1000部となっているので、確実に手に入れたいという方は早めに手配をされた方がいいかと。予約はこちらで。私はもう予約しました。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

Feb 06, 2008

原点回帰

Feb_08

画像は昨日届いたばかりのCD。これだけまとめてCDを買のは今年初めて。一カ月のCDの適正消化量は、私の場合大体7枚。それ以上買うと、今までの経験上、未聴盤として平積みされることになる。今回の6枚のうち2枚は2枚組なので、今月はもうこれで許容量いっぱいいっぱいというわけなのである。
買ったのはHMV。6枚しめて9051円。何と1枚が1500円ほど。HMVは3枚以上買うとマルチバイとか言って、25パーセント・オフになる。エイスのなんて、たったの976円だって。大丈夫なのか、この原油高の折りに。
さて、並べた6枚だが、エイスを除いてすべて昨年にリリースされたもの。ただブルー・ムーンの3枚が国内に出回ったのは今年に入ってからではないかと思う。だけどこうやって、最新リリースをすかさず購入して聴くっていうのは、何だかシーン最前線を突っ走っているみたいな現場感があるな。デキル男っつーんですか。ま、何のシーンだかよく分からないわけだが。

そんなことはさておき、いつもならここで「今回のCDは…」なんて書くところなのだが、面倒なので中身については今回も省略。大体、ブログなんて基本的に日記であるわけだし(私はそう思っている)、それを頭ひねっていちいち内容やら感想をなんて考えてたらいつまでたっても更新なんかできないし、へたすりゃノイローゼになる、私。
というわけで、ここはもう一度初心にかえって、気楽に「これを買いました」とだけ書いて、「だからどうした」って方向性でいきたい。しかしなあ。一言居士じゃないけど、何か一言いわないと気がすまないところもあるんだよな。そこがちょっとつらい。あ、そうだ。ブルー・ムーンのブックレットの文字。データの方だけど、字が小さすぎて読めないって。
やっぱり、たまに書きます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »