« 安穏 | Main | マニアが求める入門書とは »

Mar 30, 2008

Critical

J_parker

夕刻、6キロほど走る。少し慣れてきたせいか体が軽く、今日は楽に走れた。6キロって、こうやって簡単に書いたり言ったりすると「何だ、たったの6キロか」と、大した距離じゃないように思うかもしれない(実際そうかもしれないが)。
ジョギングする場合、近所を走るにしろ、グラウンドのようなところをぐるぐると回るにしろ、普通はスタート地点がゴール地点になる。要するに行って戻ってくるわけである。だからそれほどの距離は走ってないような気がするのだけれど、たとえば車なんかで直線で走ってみると、これが結構遠くまで行くことになる。以外とあるのだ、6キロ。それで、いつもこんなところまで走っているのかと我ながら呆れるわけなのである。

あるフリーの物書きの方のブログが気に入っていて、以前からよくのぞいているのだけれど、新たな記事の中に、評論と感想の違いみたいなことについて書かれている部分があった。いや、違うか。「違い」については何も書いていなかった。まつわる話といった方がいいか。
べつにここでその内容についてどうのこうの書こうというわけではなくて、それを読んだタイミングがいけなかった。ちょうどBSRのディスク・レヴューに頭を悩ませているときだったのだ。
道に落ちているガムを踏んでしまったかのように、何かがベタっと頭にすみにこびり付いてしまった。何だか急に筆(キーボード)が重くなり、それまで半分くらい書いていたのだけれど、ぜんぶ消して書き直すことにした。が、いいのかこんなことをして。締切日はもうすぐそこまで迫っているというのに。
あれこれ悩みながらも締切日の夜、何とか送信。今回、初めて締切日をオーバーしてしまった。と言っても1時間ほどだけど。次の日、編集長よりOKのメールをもらう。けど、なんだかなあ。スッキリしない。しかし、これでやっと春到来といった感じだ。

画像は私が自慢できる数少ないLPの1枚。ジュニア・パーカー、ボビー・ブランド、ジミー・マクラクリンが私にとっての三大ブルース・シンガー(ミュージシャンじゃなくて、という意味)なのである。まあ、月並みな人選ですが。
うーん。しかし、いいジャケットだ。よく見かけるのはMCAのリイシュー盤だが、何であんなことになってしまったのだろうか。やはりこれでしょ。

|

« 安穏 | Main | マニアが求める入門書とは »

Comments

軽く6キロ走った・・・・いつになくカッコええ出だしだナぁ~
(6キロってスゴイ!)ちきショ、

一度書いたモノを消した?そんなことぁ 缶ビール1本飲んで「どないでもさらセぇ~」
ってそんなタイプでは無いンだから陛下たる所以です、
あ、そうですか昔雑誌で見たR&Bっぽいジャケは
再発モンですか、ウチにも1枚あるはずなんですが全然色気の無いジャケです
(え、知ってた?)

Posted by: ドクター | Mar 30, 2008 at 11:54

え? カッコええですかね?
MBで野山を疾走って方が数段カッコええではないですか。
しょせん、中古レコード漁りと走ることしかできない人間ですから、私。

“Driving Wheel”のリイシュー盤のジャケはこれ。
http://www.amazon.co.jp/Driving-Wheel-Little-Junior-Parker/dp/B000OHZWMU/ref=sr_1_12?ie=UTF8&s=music&qid=1206855603&sr=8-12

これはオリジナル盤のうらジャケにパーカーの顔をくっつけて作った
ものですが、なんでそんな手抜きをしたのか理解に苦しみますな。

Posted by: ca-Ym | Mar 30, 2008 at 14:49

毎度拝見させて頂いてはいるんですがコメントするの久しぶりです。

なんともストイックなyamaさん、素敵でし。ジャケセンスも。6キロはスンゴイ♪私は無理です、走ること自体が、、、(--;)

Posted by: a.k | Mar 30, 2008 at 18:02

何だかえらく誤解を与えているようですが、実のところいい加減で
無責任な男なんですよ、私(苦笑)。ああ、恥ずかし。

ストイックという言葉はロリーニ道を追求し続けているa.kさんこそ
相応しいかと。
一度、a.kさんのロリーニばりのマレットさばきが観てみたい!

Posted by: ca-Ym | Mar 30, 2008 at 23:20


 再発もののジャケで
 聴いている者です
 このオリジナルジャケ
 時代を感じるのもさることながら
  金が欲しいゼ
 または
  おらぁ金なんざぁたんまり儲けてるゼ
  女もよぉけおるで
 ゆうような
 ブルースマンまるだしの下品さが
 まことにスヴァらしいです

  虐げられた黒人たちの魂の叫び
 というような
 かつての陳腐で薄っぺらい
 ブルースへの修飾語を嘲笑うかのような
 欲丸出しの姿勢が心を打ちます

 

 

Posted by: がちゃこ | Apr 01, 2008 at 10:18

キャデラック(これは違うのかな)に乗るってのが、
当時のブルースマンの成功の証しだったのしょうね。
確かワイノニーもロイ・ブラウンもそうじゃなかったかと。
しかし、後先考えずに湯水の如く金を使いまくって
悲惨な老後を送るってのもまた、当時のブルースマンの
お決まりのコースだったようで。

画像ではわかりにくいですが、「どうだ。ざまーみろ!」と
言っているかのような表情がいいです。

Posted by: ca-Ym | Apr 01, 2008 at 19:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/40686856

Listed below are links to weblogs that reference Critical:

« 安穏 | Main | マニアが求める入門書とは »