« 近くて遠い(続き) | Main | 見るまえに跳べ »

May 28, 2008

一歩前進二歩後退

Hokum_blues

ドキュメント・レーベルは「Out Of Stock」となっているアイテムの再プレスをボチボチとではあるが順次行っている。しかし、やはり需要のあるものが優先なのであろう。私が前々から心待ちにしているアイテム、『Hokum Blues』(DOCD-5370)はもう何年も廃盤のまま、再プレスはちょっと難しいかもしれない。
その盤だが、ホウカム系の音楽を集めたコンピで、収録アーティストは見たことも聞いたこともないものばかりである。しかしその名前がウクレレ・ボブ・ウィリアムス、ダニー・スモール・アンド・ウクレレ・メイズにザ・ペブルスと、どれもがその筋の人間(特殊とも言う)に何かを予感させずにはおれない名前なのである。
しかし、出ないものは仕方がない。それじゃ中古盤でもと思って気を付けてはいるが、それもまるで見ない。以前アマゾンに1枚だけ出ていたが、とても1枚のCDの値段とは思えないような価格であった。
ところが先日、偶然にも見つけてしまったのだ。それがLPなんだが。収録アーティストを見たところ、CDとほぼ同じなので問題ない。ドキュメントのことだから当然LPで出ているはずとは思っていたが、やっぱりあったんだなあ。
早速聴いてみたが、感想は、これはやっぱり再プレスしても売れんな、であった。

先週届いたCDは2枚。どちらも新譜で、一枚はヘップ盤、スリム・ゲイラードの『Ice Cream On Toast 1937-47』。もう一枚はドキュメントからルーファス・トーマス。今月はこれで15枚くらいか。もう来ないはずだけど、ひょっとしたら、あれとあれが。今月もまた予定数を若干オーバー。

|

« 近くて遠い(続き) | Main | 見るまえに跳べ »

Comments

そのようなCDをLPゲットまでもっていくお姿に
執念&怨念を感じます
(常人ではない すなわち・・・・・)
ウクレレでホーカムボーイズ演ってるんでしょうか
それよかドキュメントのルーファスって興味湧くなぁ

僕はアマゾンでデル・レイのLPを見つけたんですが
(1ヶ月前)本日未だ在庫探してますってメールが
きました(今回も着ませんナ)コレは。

Posted by: ドクター | May 29, 2008 at 00:25

私、かなり執念深い方ですから。
まあしかし大抵は「苦労して手に入れたわりには」という結果に
終わるんですが。

Del ReyのLPですが、"X-Rey"は既に廃盤。CDなら簡単に手に入ります。
ファースト・アルバムの"Cafe Society"はたまに中古を見ますが、
運がよければという感じでしょうか。

ドキュメントのルーファスは、音がねぇ。
50年代のコンプリート集っていうのが、他のレーベルからも
最近出ているようです。

Posted by: ca-Ym | May 29, 2008 at 09:26

アマゾンの中古CDの値段って、オカシイですよね。
他のWebショップで普通に売ってるものがあるのに、アマゾンでの在庫が無くなると値段を上げてる感じがします。
きっと如何わしいソフトがあるに違いありません(笑)

しかし『Hokum Blues』の収録アーティストの名前!
スゴイもんがありますねぇ・・あはは!

Posted by: ken-sann | Jun 01, 2008 at 14:35

中古CDは、中古LPのようにまだ市場が成熟されていないために
あのような値付けが出てくるんだと思うのですが、それにしたって
これを買う人間がいるんだろうかって値段ですよね。
しかし、CDも何十年か先にはン万の値が付くレア盤が出現するんだろうか。

このアーティスト名、かなりそそられるんだけど。私だけ?

Posted by: ca-Ym | Jun 01, 2008 at 22:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/41356517

Listed below are links to weblogs that reference 一歩前進二歩後退:

« 近くて遠い(続き) | Main | 見るまえに跳べ »