« June 2008 | Main | August 2008 »

Jul 23, 2008

夏本盤

Esoteric

連日の猛暑にて部屋は亜熱帯地獄。よって連休からこっち、レコードは1枚も聴けず。
新たに届いたレコードはジャズ・パノラマ盤、ミルズ・ブルー・リズム・バンドとエソテリックESJ-4『Dizzy Gillesipie/Charley Christian 1941』。
エソテリックのクリスチャンは、ESJ-1の『Jazz Immortal』はよく見かけるが(と言ってもまだ2枚しか持ってないけど)、ESJ-4の方はなかなか見ない。
スイング・ジャーナル1991年増刊『ジャズ・レコード・マニア』によると、エソテリック盤は希少度Aランクとなっている。今はネット検索という手があるので、この本が出た当時に比べれば随分探しやすくはなったが、そんな状況にあってもなお、このESJ-4はなかなか見つけられなかった。
何年か前のこと、某レコード店を訪れた際、買うものがなくてふと店内をぐるりと見回したところ、壁にうやうやしく飾ってあるのが目に入った。「やったあ!」と手を伸ばしかけたが、残念、売約済みだった。実際に現物をこの目で見たのはその時限り。
そんな経緯を経ての今回の入手である。これでエソテリックの10吋盤はESJ-1から4までが揃ったことになる。あと、アル・ヘイグが欲しいところなのだが、これは高くて手が出ない。しばらくは12インチ盤で我慢するしかない。

ミルズもけっこう長い間探していた盤。Hep盤はよく見かけるけれど、同じくジャズ・パノラマ盤はあまり見ない。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jul 13, 2008

現実逃避

Img102土日でBSRのディスク・レヴューを書き上げるつもりだったのが、結局ほとんど何も書けず。書こうと机に向かうのだが、つい関係のない本を読み始めてしまう。で、しばらく読んでいると眠くなってそのまま昼寝。夜は夜でビールを飲んで酔っ払ってしまい、また早寝。ハッキリ言って原稿から逃げている。なんかギリギリにならないと書けなくなっている。

CD BABYよりデル・レイの新譜、『Blue Uke』が届く。これは彼女のリゾネイター型ウクレレを全面的にフィーチュアしたウクレレ・アルバムで、シリーズ第2弾となる。実は昨年に第1弾が出たのだが、あまりおもしろくなかったのでブログでも取り上げなかった。しかし、今回のは明快にいい。選曲も「ハイ・ソサエティ」他、リーキャン&クックシー、バーベキュー・ボブ、チャーリー・ジョーダンと久しぶりにカバー曲がさえている。しばらくはこればかりになりそうだ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Jul 09, 2008

落ち穂拾い

Spr2

先週レコード市にて。全国各地でよくあるレコード店が何店か集まってのものだが、この手の催事は足が遠のいて久しい。滅多に欲しいものに出会えることがないし、人ごみが苦手というのがその理由だけれど、出張先で時間が空いたのでちょっと足を運んでみることに。
平日ということもあって、人はまばら。おかげでゆっくり見ることができた。だけどジャズは全滅。もちろん、私の蒐集範囲のものは、ということだけど。最初から分かってはいたことだけど、やはりいつも見るようなジャケットばかり。ブルースもあまりパッとしたものはない。BBとか…。
しかしそんな中から2枚。ブラインド・レモン・ジェファスンのマイルストーン盤とローウェル・フルスンのアーフーリー盤。どちらも国内盤で1000円。レモンのこの盤はヤフオクとかでももっといい値段で落札されているのを見たことがあるし、1000円というのは結構お買い得ではないかと思うがどうだろうか。
フルスンの方は輸入盤を持っているけれど、日本語のライナーが読みたかったので。で、帰って見てみたら、書いていたのは棚橋善夫さん。『ザ・ブルース』の初期の頃、ライターでよく登場されていた方で、古くからのブルース・ファンにはお馴染みではないかと思う。個人的にはPヴァインの『Mr. Fulbright's Blues』には随分お世話になった。それから棚橋さんといえば昔…って以前も書いたことがあるので省略。しかし、さすがにこのあたりのブルースのことには滅茶苦茶詳しい。ダブリではあるけれど、私にとってはうれしい1枚となった。おまけに1000円だし。

通販より『Some Cold Rainy Day』(Southern Preservation Records)。フライライトに同じタイトルのものがあるが、そちらはリイシュー盤。こちらがオリジナル・イシュー。

さて、今年もそろそろブルース・カレンダーの季節がやってきた。というと気になるのは例のオマケCDだが、今回はあの話題となったブラインド・ブレイクの新発見の2曲が収録されるようだ。「予想どおり!」という方、さすがわかってらっしゃる。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Jul 02, 2008

蒐集ノート~2008年上半期(3)

Blue_note_sessions

マイケル・カスクーナのモザイク・レーベルは、未発表音源の収録に詳細な解説書と、その完璧な作りに加え、しかもリリース・アイテムはすべて限定プレスという、マニア向けレーベルとして知られるが、それ故に持っている人間(おそらくマニア)はなかなか手放さないのではないか。私もT・ボーンのLPセット、ジャック・Tのキャピトル・セッション、エディ・ラングなどを持っているが、多分この先手放すことはないと思う。というわけで、中古市場ではあまり見ないし、一旦品切れになるとなかなか手に入れづらいというのがモザイクに対する私の印象だ。
ピート・ジョンスン、アール・ハインズ、テディ・バンの3人のブルーノート録音を集めた限定5000セットの『Blue Note Sessions』は、テディ・バンの名前の入った数少ないLPの一つということで、やはりファンとしては持っておきたい1枚だ。
もちろん、今ではすべてCDで聴けるわけだから、わざわざLPなんて、と思う人も当然ながらいるだろう。しかし、「聴けるのならCDでも」と言う人は、突き詰めれば「ダウンロードでも」いいわけで、おそらくこの「持っていたい」という感覚は分からないだろうな。いや、むしろそういった、“モノ”にこだわらない融通無碍な精神というのは、音楽に対してある意味純粋ということなのかもしれない。別に自分がそうありたいというわけじゃないけど。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »