« 蒐集ノート~2008年上半期(3) | Main | 現実逃避 »

Jul 09, 2008

落ち穂拾い

Spr2

先週レコード市にて。全国各地でよくあるレコード店が何店か集まってのものだが、この手の催事は足が遠のいて久しい。滅多に欲しいものに出会えることがないし、人ごみが苦手というのがその理由だけれど、出張先で時間が空いたのでちょっと足を運んでみることに。
平日ということもあって、人はまばら。おかげでゆっくり見ることができた。だけどジャズは全滅。もちろん、私の蒐集範囲のものは、ということだけど。最初から分かってはいたことだけど、やはりいつも見るようなジャケットばかり。ブルースもあまりパッとしたものはない。BBとか…。
しかしそんな中から2枚。ブラインド・レモン・ジェファスンのマイルストーン盤とローウェル・フルスンのアーフーリー盤。どちらも国内盤で1000円。レモンのこの盤はヤフオクとかでももっといい値段で落札されているのを見たことがあるし、1000円というのは結構お買い得ではないかと思うがどうだろうか。
フルスンの方は輸入盤を持っているけれど、日本語のライナーが読みたかったので。で、帰って見てみたら、書いていたのは棚橋善夫さん。『ザ・ブルース』の初期の頃、ライターでよく登場されていた方で、古くからのブルース・ファンにはお馴染みではないかと思う。個人的にはPヴァインの『Mr. Fulbright's Blues』には随分お世話になった。それから棚橋さんといえば昔…って以前も書いたことがあるので省略。しかし、さすがにこのあたりのブルースのことには滅茶苦茶詳しい。ダブリではあるけれど、私にとってはうれしい1枚となった。おまけに1000円だし。

通販より『Some Cold Rainy Day』(Southern Preservation Records)。フライライトに同じタイトルのものがあるが、そちらはリイシュー盤。こちらがオリジナル・イシュー。

さて、今年もそろそろブルース・カレンダーの季節がやってきた。というと気になるのは例のオマケCDだが、今回はあの話題となったブラインド・ブレイクの新発見の2曲が収録されるようだ。「予想どおり!」という方、さすがわかってらっしゃる。

|

« 蒐集ノート~2008年上半期(3) | Main | 現実逃避 »

Comments

わかってらっしゃるって、
そもそもブルース・カレンダーなるモノを知らん
から(お話にならん)のですが、

びっくりしたのは陛下さまがシュッちょぉ~?
まるでエリート・ビジネスマンみたいですがナ
(イメージ狂うなぁ)
てっきり古書店の若旦那だと思ってました。

Posted by: ドクター | Jul 10, 2008 at 13:57

ブルース・カレンダーを知らない?
毎年私がおちょくってる、あれなんですが。

出張というか、まあ「仕事先で」というくらいで
理解していただければ。
古書店主? 私の憧れの職業です。

Posted by: ca-Ym | Jul 10, 2008 at 15:44

「私の憧れの職業です」でしょ?でしょ?
なんか雰囲気が・・・あの方達って学者肌で
どこか哲学者って感じ受けますネ、

「仕事先で」?
(そっかぁ そうだったンですかぁ!)
それこそ僕の憧れの職業だったんですヨ!
(「フーテンの寅さん」でしたか)

これからの季節「夏まつり」なんかでお忙しくなるかと
思いますが、どうかお身体にご自愛下さいませ。

Posted by: ドクター | Jul 10, 2008 at 21:53

フーテンの寅さん? それも私の憧れの職業です。
しかしどうして私がテキ屋になるの?
まあ、好きなように想像してくれて構わないけど。

Posted by: ca-Ym | Jul 10, 2008 at 23:03


 あぁ懐かしいジャケットです
 昔 そこそこのお値段で買ったような気がします
 なにゆうても
 A面1曲目
  Tommy Johnson Slidin' Delta
 に このレコードの値打ちがありますねー

 SPR1ってあるのかしらん??


Posted by: がちゃこ | Jul 11, 2008 at 22:41

そうです、そうです。トミー・ジョンスンのそれはルーツ盤には
入ってませんでしたからねぇ。だから貴重(だった)というわけです。
やはりそこそこの金額を払われましたか。
今でも安くはないようです。それにほとんど見ませんねぇ、これ。
私は安かったので(実を言うとこれもダブるんだけど)、
買っておくかと。なぜなんだろうなあ。
SPR1は私も知らないのですよ。3以降があるのかどうかも分かりません。

Posted by: ca-Ym | Jul 11, 2008 at 23:29

カレンダー、この15日に発売みたいですね。
しかし、いつまで続くのでしょうコレ。
そう毎年毎年、新しいモンが発見されるとも
思えないのですが・・・。

Posted by: バビロン | Jul 13, 2008 at 19:19

最初に出たのが2003年(04年版)。その際、ジョン・テフテラーは
向こう15年は作ると豪語しておりましたが、どうなるのでしょうねぇ。
実は、その時に例のサン・ハウスの幻のSPを探す自信はあると言って
いたのですが、実際そのとおりになりましたし。
ただ、思わずズッコケてしまった年もあったわけで、15年はちょっと
無理があるんじゃないかと思いますが、まあ、あまり期待せずに
待つくらいの姿勢で私はおります。

Posted by: ca-Ym | Jul 13, 2008 at 22:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/41785591

Listed below are links to weblogs that reference 落ち穂拾い:

« 蒐集ノート~2008年上半期(3) | Main | 現実逃避 »