« IN THE PINES | Main | Sir Charles Thompson Trio »

Oct 22, 2008

結局

抜歯。メキメキメキ…だって。
あーイテェ(涙)。

Howling_wolf

ジャグ・バンドのレコードではありません。

|

« IN THE PINES | Main | Sir Charles Thompson Trio »

Comments

あ、やっぱし・・・・ばっし・・・
(別に人さまの不幸を喜んでるワケじゃありませんが)
も、痛いほどお気持ちがワカリます

その後の美人歯科衛生士との心の交流も気になりますがheart03
(お互い歯の話はやめましょうネ)coldsweats01

最近アイク・ロジャース聴いてると
ボントロを吹くまえはジャグ吹いてらしたかしらン?
(と思えるフシがありますナ)

ジャケット製作者はハウリン・ウルフの唸り
(もしくは)鼻息からジャグのスピリットを
感じたのかもしれませんネ。dog

Posted by: ドクター | Oct 22, 2008 at 22:30

ま、抜いたのは一番奥の歯だから「ニッ」と笑っても
何ら問題はないんですがね。
あー、しかしこの先オレは歯が1本足りない男として
生きて行かなくてはならんのか。とほほ。

歯科衛生士との心の交流?
歯が1本足りない男がバカみたいに大口開けて
その痛さに「アヒアヒ」言ってるんだから
交流もへったくれもありません。

ですからアイクのボントロを称して「ガットバケット・トロンボーン」と
言うのです。
ちなみにアイクとロイ・パーマー、アルバート・ウィンの三人が
ガットバケット御三家と言われております。うそ。

Posted by: (や) | Oct 22, 2008 at 22:58

あららら~
痛そうですね・・・あはは。(人ごと)
実はボクも「一本無い」男です。
がんばって生きていきましょう。
生きていれば良いこともありますって・・・
何のことだ?(笑)

KENT?のウルフさんですか?
へぇー、こんなジャケのレコードもあったんですか。
なるほどなるほど。


Posted by: ken-sann | Oct 22, 2008 at 23:32

抜いたあとを舌の先でそぉーっと触ってみると、そこにポッカリと
大きな穴が。アイタタタ。

KENTです。RPM録音であります。そしてなぜかジョー・ヒル・ルイスが
2曲間違って収録されてしまっているというエラー盤です。

Posted by: (や) | Oct 23, 2008 at 13:34


 このあたりのKENT盤て
 なんちゅーか
 昔はまったく見向きもしませんでしたよねー
 このジャケットのシリーズも
 そんな訳で
 Smokey Hoggしか持ってませんねん
 
 Lightnin'のんは
 たしか犬が寝そべってるような
 そんなジャケとちゃいましたっけ?

 Crownはいいデザインが多かったのに
 KENTはなんちゅかあきまへんなー

Posted by: がちゃこ | Oct 24, 2008 at 21:24

さすが、ジャケ派のがちゃこさんならではのご意見。
でも、ホッグのあのボトルのジャケなんか結構いいと
思いますけどねぇ(笑)。ダメ?
ウルフは好きで、その昔、持っていない盤は何でも欲しくて
ジャケは関係なく買っておりました。
もっともウルフはダサイのが多いですが。

しかし今ではKENTのホッグやウルフもあまり見かけなくなりました。
「地域別シリーズ」くらいですかね。よく見るのは。

Posted by: (や) | Oct 24, 2008 at 23:48


 SPで聴くBluesの名曲シリーズ
 はじめました


Posted by: がちゃこ | Nov 03, 2008 at 15:15

「SPで」ってところがいいです。
しかもリル・サン!!
とにかく永く続けてください。
あとでまたお邪魔します。

Posted by: (や) | Nov 03, 2008 at 19:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/42867634

Listed below are links to weblogs that reference 結局:

« IN THE PINES | Main | Sir Charles Thompson Trio »