« Sir Charles Thompson Trio | Main | Guitar Evangelists »

Nov 09, 2008

蒐集ノート 2008年8~10月

Lps

レコード棚はとうにいっぱいになっている。部屋にはもう棚を置くスペースはない。レコードを長く買い続けている人間ならば少なからず似たような境遇にあるんじゃないかと思うが、行き場のないレコードは部屋の床の上に直接置かれるようになる。現在、床の上には四つの固まりがある。
並んでいるのは基本的に新しく買ったレコードなのだけれど、ズボラな性格のため棚から出して聴いたレコードを棚に戻さずそのままこの中に一緒に並べてしまったりするので、かなり具合の悪い状態となっている。「あのレコードはどこへいった?!」と半日騒がなくてはならないこともしばしばなのである。
まあそんなことはともかく、今回はレコード店でエサ箱をパタパタとやる感じで、最近の収穫物の中から何枚かチョイスして一気にお見せしましょう。なお、内容についてのコメントは大幅に省略いたします。

Swing_session

まずは一番手前にあるのがRCAの“X”シリーズ、『Swing Session 1935』。バニー・ベリガンをフィーチャーしたジーン・ギフォード楽団とウィンギー・マノン、ジョー・マーサラの二人を主役に据えたエイドリアン・ロリーニのタップ・ルーム・ギャングをカップリングしたもの。

Jean_goldkette

“X”シリーズはもう1枚、ジーン・ゴールドケットも手に入れた。ちろん、ビックス、トランバウアー、ラングをフィーチャー。

Excello_story

エクセロのこの2枚組アンソロジーは前から欲しかったもの。ちょうど安いのがあったので。900円。もともとはブルー・ホライズンから出ていたものだが、ジャケット・デザインを代えてエクセロが出し直した。ジャケットはこちらの方が気に入っている。

Neshoba

安かったと言えばUK盤、Neshobaの『Lets Go Down South』も格安で買えた。ほとんど見かけない盤で、それというのもこれは99枚しかプレスされていない。内容はメンフィス~ダラスの戦後ダウンホーム・ブルース集で収録アーティストはベイビー・フェイス・ターナー、チャーリー・ブッカー、ジョー・ヒル・ルイスほか。

Memphis_on_down

戦後ブルースの地域別アンソロジーといえば、イギリスのthe post-war blues。同レーベルのLPは4枚持っているが、一番欲しかった『memphis.... on down』をやっと手にれることができた。これも1000円台。このレーベルも滅多に見ないだけに、この値段で買えたことは実にラッキーだった。pwbにはあとEPがある(BSR No.84に掲載されていた)が、他に何がリリースされているのか不明。それにしてもこのカバー・フォトがいい。この道はジャクスンからミシシッピへつながるハイウェイ49とのことだが、一度行ってみたいな。今でもこのとおりの情景なのだろうか。
ちなみに下の画像はpost-war bluesの残りの4枚。

Pwb

Blues_from_the_bayou

Sbw

Sbw2

UK盤はあとパイの『Blues From The Byou』、そして同じくパイのサニー・ボーイ・ウィリアムスンも。これはチェスの『Real Folk Blues』と中身は同じ。パイはチェスをイギリスで配給していた会社。
サニー・ボーイ・ウィリアムスンはストリーヴィル盤も買っている。こんなんでハーモニカが吹けるのか。来年はサニー・ボーイを集めたい。あ、II世の方ね。

Robert_wilkins

もう1枚UK盤。Spokaneのロバート・ウィルキンス。ウィルキンスのアナログ盤はハーウィン/ヤズーはよく見るけど、これはわりと珍しいんじゃないかと思う。

Jaki_byard

ジャズはこれ。ジャッキー・バイアードの『Live Vol.1』。プレスティッジ、オリジナル。表情がいい。

Premired_by_ellington

最後はエリントン。キャピトルの『Premired By Ellington』10インチ盤。「何だ。今頃こんなものを買ってるのか」と思われるかもしれないが、そういうものも包み隠さず出すところが私という人間なのだ。
キャピトルのエリントンといえば『The Duke Plays Ellington』が持ってな恥の大名盤で、私の最愛の1枚だが、そちらの方は10インチよりも12インチ盤がいい。

|

« Sir Charles Thompson Trio | Main | Guitar Evangelists »

Comments

eye タハっ、なんかスゴイことなってますネ
スケールが違いますが似たよなもんです、
やっぱペットボトルの段ボール箱使った方が・・・

しかし陛下さまが安いの買うって以外というか
あんまし似合ってないナぁ~、
それにしても「the post-war blue」のジャケ
めっちゃロマンがありますがナ!

ベリガンにゴールドケット楽団
sweat02 あ、ヨダレ出てきました
(レックス・スチュアートもゴールドケット楽団は
聴かにゃイカンよ)と言ってました、

あれ、エリントンのコレ10吋有りましたンsign02
コレ中身めちゃ好きだから やっぱ僕ぁ12吋国内
(完璧なる負け惜しみ coldsweats01

うう~ム、今月は足が長く見えるズボン買うのやめよか
がちゃこさんトコでSP聴きながら
じっくり今後の身の振り方を・・・・・typhoon

Posted by: ドクター | Nov 10, 2008 at 21:33

高いレコードも買わなくはないけど(もちろん限度はありますが)、
でも圧倒的に安いレコばかりですよ、私が買うのは。
できれば、あまり高いのは買いたくないです。
高いのはホント仕方なしに、です。

post-war bluesのこの『Memphis... On Down』、もう1枚見つけて
買おうかどうしようか迷ったんですが、迷ってるうちに
持っていかれました。やはり見たらすぐ買え、です。
ま、持ってるからいいんだけど。
でも買えてたらドクター殿にプレゼントしたんだけどなあ。残念。

キャピトルの10インチ盤は12インチで出し直してることが多いんですが、
12インチは収録曲を増やしているので、よほどこだわりがなければ、
12インチを買うのがいいと思います。

Posted by: (や) | Nov 10, 2008 at 22:30

えッ!僕にプレゼント flair
(ドサクサまぎれの)ウソでも涙が出るほど
うれしいです lovely
でも「デフランコ」さんの探していただいて感謝です
(本日)キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

しかし何回見ても・・・この下りのハイウェイをボロぃ
トラックで、後ろからきたバイク野郎達に「どかんかいオッサン」
「アホ~」とか言われながら
葉巻片手に悠然とSP求めて走るバサードさんが
目に浮かぶようで(ロマンあるなぁ)笑、

えと僕 先日から wheelchair こういう状態
(え?お見舞いは いいです)
ひとりで立てるようになりましたから・・・
(家族といっても冷たいもんですナ)
慰めはやっぱりバサードさんの、『In The Pines』
じわじわと・・・・・きてます good 。

Posted by: ドクター | Nov 12, 2008 at 00:01

こういう状態って、MTBでガケから飛び降りでもしましたか。
ま、あまり無茶はされませぬよう。

『In The Pines』、私はまだ1回しか聴いてません。
最近は夜10時を過ぎると眠くなって、音楽を聴いていても
いつの間にか高いびき。
起きてても何もすることないし、早く寝るよう心がけてます。

大阪のレコード屋めぐりがしたいです。

Posted by: (や) | Nov 12, 2008 at 09:11

the post-war blueのジャケット、良いですねぇ。
このHiway49、たぶん旧道ですね。
ミシシッピィ川からヤズー川あたりは、いわゆるデルタなのでフラットな土地が多いのですが、グリーンウッド以東はこんな道が多かったです。
少なくとも3年位前は、ハイウェイを降りればこんな感じの道が続いてました。
でも、ホントに何も無い街道なので夜は避けたい道です。街灯も無いんでコワイっす。

いつかご一緒に!・・・?airplane

Posted by: ken-G | Nov 12, 2008 at 18:32

やはりブルース・ファンなら心動かされるジャケでありますね、これは。
しかしさすがken-Gさん。
よしそれじゃあ私もと思ってグーグル・アースを起動(苦笑)、
この辺かなあ、と思うところはありましたが、
ハイウェイ49?グリーンウッド以東?イマイチよく分かりませんでした。
ストリート・ビューなんかで見れると最高なんですがね。
ついでに、そうだ!とチャーリー・パットンのお墓を探そうと思ったけど、
まるで見当つかず。
もし分かったら教えてください。
は? そんなヒマ人じゃない?
失礼しました。

いつの日か通訳兼ガイドということで、よろしくお願いします。

Posted by: (や) | Nov 12, 2008 at 20:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/43061980

Listed below are links to weblogs that reference 蒐集ノート 2008年8~10月:

« Sir Charles Thompson Trio | Main | Guitar Evangelists »