« SING SING SING | Main | Malvina My Sweet Woman »

Dec 14, 2008

ジャグ・バンドのレコード (8)

Jug_bands_vol1

メンフィス・ジャグ・バンドぐらいの大物になるとどのレコードを出しても「今さら」なものばかりなので、今までずっと後回しにしてきたのだけれど、しかしこのまま彼らのレコードを1枚も出さずにこのシリーズを終えてしまうのもいかがなものか。などと考えていたら、EP盤ながらこれならどうだというのが1枚出てきたので久しぶりに。
とは言っても今回のこれは彼らの単独盤ではなくて、キャノンズ・ジャグ・ストンパーズとカップリング盤である。ただ本盤には続編があって、そちらはMJBの単独盤となっているようだ(あいにく私はVol.2は持っていない)。レーベルはアルゼンチンのナッチェズ。このレーベルについては、以前クラレンス・ウィリアムスのLPを紹介したことがある。で、その時は気付かなかったのだけど、今回改めて見てみたら裏ジャケットにEP盤のリリース・データが載っていた。トーマス・モリスにロイド・スコット。かなりマニアックなラインナップだと思うが、アルゼンチン人てこういうのが好きなのか。
収録曲はMJBが“Sometime I Think I Love You”“Memphis Boy Blues”の2曲、ストンパーズは“Buggle Call Rag”と“Pig Ankle Strut”で計4曲。

ところでジャケットのジャグだが、なんかどっかの遺跡の出土品か、みたいな雰囲気が漂っており、我々が抱くジャグのイメージとはかなりかけ離れているように感じるのであるが。土器だろ、これじゃ。

|

« SING SING SING | Main | Malvina My Sweet Woman »

Comments

あぁ、これは間違いなく土器ですね。
弥生時代前期のものでしょう。
縄文期のものより音が良いそうで、コレクターのあいだでは高額で取引されて....
え?
いい加減にしろ?

すません .....。
しかし、
これで音が出るのだろうか? 疑問です。

Posted by: ken-G | Dec 15, 2008 at 23:54

縄文期より弥生時代前期の方が音が良いのは
縄文期にはお酒を一切飲まないという時期が
あったという事に起因しておる
という学説が先日発表されて学会で波紋をよびましたネ

しかしコレは最近ホームセンターで売られておる
寄せ植え用の植木鉢にも見えます
おそらく弥生時代のブツからデザインされたのでしょう

よほどの剛の者が修行を積まない限り音が出ない
というのが定説、以前ドキュメント盤で聴けましたが
現在はCDRで我慢して下さい
という記事を目にした事があります。

Posted by: ドクター | Dec 16, 2008 at 06:07

> ken-Gさん

これを持って吹いている図って、ほとんどほら貝を吹いてるようにしか
見えないような気が。
山伏か、おれは!って、一人で突っ込むしかないねぇ。

> ドクター殿

そんな返答に困るようなコメントを付けないでよ。
ドキュメントといえば、CDとCDRの違いについて未だドクター殿が
口を閉ざしたままなので、何かあるに違いないと私も買うのを
やめているところです。

Posted by: (や) | Dec 16, 2008 at 09:44

えッ、僕が?この喋べたんの男が口を閉ざしてるって・・
(そういう事ぁ陛下さまの方がよくご存知だとばかり)
あの、ドキュメント盤に関しては全然CDRで問題ないと
僕ぁ思いますデス、
と・あるCD屋さんで購入した1枚のCDRモノが
3曲目くらいからブぅ~ヴィ~って電子音みたいなのが
(鳴りっぱなし)ま、僕ぁ度量の大きい人間ですから
そんな事ぁ・・・・・(カネ返せヨ!)

どこのCD屋さんとは この場では申しあげられません!
(CD 10枚分くらいの値打ちがあるブツを)
オマケしてもらってるからデス(てへへ)

と・いぅ事で上部に空間があります!
ココから音が逃げるワケですネ
(だから修練を積んだ剛の者でないと吹けない)
この空間にオワン(又は)茶わんをミュートして
音を出すという事は至難のワザなのですヨ。 

Posted by: ドクター | Dec 16, 2008 at 20:43

じゃあ、これからは安心してドキュメントのCDRも買うことにします、って
もうあまり欲しいのもないんだけど。

ところで、ベン・ウェブスター好き?

Posted by: (や) | Dec 16, 2008 at 22:39

ベン・ウェブスター?
(あ、はいセーラー服より好きかな)
咆哮されるときよりバラードがイイですよネ
ズズズゥ~ってシブぃ!
(どっかでエア漏れ起こしてるデ)
という感じでしょうか?

テイタムさんとのヤツもやっと手にいれましたが
探してる時「ソウルヴィル」も買ってしまいました
「ソウルヴィル」で聴く限りピーターソンって
ブルース・フィーリングの欠如って感じました

サックスといえばトリスターノ絡みで
リー・コニッツももっと聴かにゃならん
てなこと思ってます、
それでは近日中にウェブスター絡みを
エントリーしますワ。

Posted by: ドクター | Dec 17, 2008 at 16:28

ベン・ウェブスターは好き(嫌いではない?)ということで
メモしておきます。
しかし、いろいろ買って聴いてるんだなぁ。

シダー・ウォルトンのピット・インでのライヴ盤を探してるんだけど
もし見つけたら(CDでもLPでも)教えてください。

Posted by: (や) | Dec 17, 2008 at 22:43

いろいろ買って聴いてるんだなぁ

(安もんばっか)
デフランコのヴィージェイはヤメとけヨ
(ひとこと忠告欲しかった) sad

ネットやエサ箱こつきで まったり音楽に浸る本来の姿
(来年は立ち戻りたいッス)

それでは全国のカフェソファンのみなさまも御一緒に!
シダー・ウォルトンの「赤い風船」メモしましょうネ。

Posted by: ドクター | Dec 18, 2008 at 06:30

デフランコはMGMの『風と共に去りぬ』、そしてVerveの一連の作品
(中でも『Mr.Clarinet』が必携)を揃えればいいんじゃないかと。

そうです「赤い風船」です。(浅田美代子じゃないよ)
さすがよくご存知で。
見つけたらご一報ください。

Posted by: (や) | Dec 18, 2008 at 08:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/43354958

Listed below are links to weblogs that reference ジャグ・バンドのレコード (8):

« SING SING SING | Main | Malvina My Sweet Woman »