« 文庫手帳2008より (1) | Main | 文庫手帳2008より (3) »

Jan 03, 2009

文庫手帳2008より (2)

Money_jungle

スイングジャーナル増刊『幻の名盤読本』に、私の好きなジャズ評論家、粟村政昭氏のコラムが掲載されている。タイトルは「粟村式円盤蒐集心得帳」。
で、その冒頭部分にこう述べられている。

--------
ジャズの場合、いわゆる「名盤」と目されるレコードはかなり多いから、特定のミュージシャンの吹き込みだけを対象に集めているといったケースを除けば、やはりSPで一万枚、LPで五千枚といったあたりが、コレクターを自認他認するための最小有効在庫量ということになろう。もっともこう大きく出たのでは、巷のジャズ・ファンの9割以上は~(後略)
--------

この後に、筆者自身この範囲には入らない…と続いてはいるのだが、それにしてもLP5千枚というのはどうなんでしょう。私が知っている範囲では仙台の佐々木健一さんくらいか。
昔、音楽之友社から『音の書斎』というムック本が出ていた。名だたるコレクター諸氏のレコード棚が写し出されており、その中に5千枚超という数を誇るものもあったがその光景たるや尋常ではなかった。
その『音の書斎』には佐々木さんの書斎も載っていたのだけれど、初めて見たときの衝撃。度肝を抜かれるとはこのことで、まさに圧倒的だった。
ちなみにその写真に小さく写っているファッツ・ウォーラーの10吋盤は、今は私が所有者となっている。

ところでLP5千枚というのに対し、SPが1万枚というのでは、ちょっとSPに甘くはないか。LP1枚に平均10曲収録として、5千枚だと50万曲を所有していることになる。これをSPに直すと1枚に2曲だから、LPと同じ曲数ということでいえば2万5千枚必要になると思うが。ま、あり得ないか。いや、金の問題よりもそこまでいくと収納場所の問題が発生するか。普通の6畳間ではまず無理だな。

上の画像『マネー・ジャングル』はオリジナル・ユナイテッド・アーティスツ盤。エリントンのレコードはオリジナルでもそれほど高い物はないが、これだけは別でおそらくエリントンのものの中では一番高い値が付くのではないか。もちろん、私が買えたのはラッキー価格だったからである。

Oto_no_syosai

|

« 文庫手帳2008より (1) | Main | 文庫手帳2008より (3) »

Comments

LP1枚あたりの平均価格を2000円として
5千枚集めたら・・・。一しぇん万円dollar
しがない庶民にとって、夢のような値段です。
ということで、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

Posted by: バビロン | Jan 03, 2009 at 17:59

まあ、あまり金額に換算するのはやめましょ。レコード蒐集なんてのは、
しょせんは道楽であると、粟村氏も前述のコラムの中で申しております。

バビロンさん、あけましておめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。

さて、本来なら私自身、皆様のブログにお邪魔して新年のあいさつを
しなければならないところ、出不精なため、まことに不義理いたして
おります。この場を借りてお詫び申し上げます。

Posted by: (や) | Jan 03, 2009 at 19:34

道楽とは数奇・好きから発生して あまりにその戒め
がキツかったから江戸時時代頃から?
道楽と呼ばれるようになったらしいです ンが・・

換算するから「マネー・ジャングル」かと・・・
しかしエリントンもさることながらミンガスも
前衛的、かつ立派にプレイしているから感心
(見直しましたデス)
この人の魅力はもちょっと別なトコロにもありますナ、

しかし圧倒されるコレクション・ルームですが
(陛下さまトコもこんな感じ)でしょ?
こういう話になると思い起こすのが「五味康祐 」
の友人だったか音楽の達人が切り捨て切捨て
(いつも100枚前後しか所有されてなかって)
五味氏自身(驚かされた)という話、

ま、アプローチの仕方の違いってより
そんなに潔く切り捨てられっかヨ!
という思い入れの方が重いッスよねぇ
(段ボール使用者が喋り過ぎ?)
酔うと饒舌に、どうもスンマ・・・・・。

Posted by: ドクター | Jan 03, 2009 at 21:40

エリントンのピアノを聴くという主旨でレコードを選ぶとすれば、
この『Money Jungle』とパブロの『This One's For Blanton!』、
そしてキャピトルの『Duke Plays Ellington』の3枚が圧倒的かつ
絶対的名盤となっております。

私のトコロが? なわけないでしょ。つうか、こんな広さないし。
私の部屋、5畳(中途半端!)っすよ。

常に百枚ねえ。机の上だけでも常に200枚はCDが載ってるけど、私。

Posted by: (や) | Jan 03, 2009 at 23:10


 ぼくの場合
 老後の蓄えとして
 レコード蒐集しております
 ヤクザな商売をしております故
 いつ収入が絶たれるや知れたものではありません
 年金も払っておりませんし

 んで
 いよいよ喰えないという時に
  さ いい人のところへ行くんだよ
 などと曰いながら
 お別れにウイスキーを傾けながら
 A面B面をゆっくり聴くんですな
  きみと出会えてよかったよ
 なんて語りかけながら

 そうして
 1枚また1枚とお別れし
 なんにもなくなったところで
 ポテチンとあの世へ逝こうと思ってます

Posted by: がちゃこ | Jan 04, 2009 at 18:18

ブルースのLPって、一部を除いて今あまり高く売れないでしょ。
時々ヤフオクをのぞくけど、よく知られたオリジナル盤は
それなりの値段を付けて出てはいるけど、何周しても
まるで買い手が付かなかったり、そうかと思えば
けっこう苦労して手に入れた盤が千円くらいで
出てたりして、トホホな気分になったり。

でも枚数持っていれば、1枚500円でもそれなりに
まとまった金額になりますからねえ。
え~と、5000枚だと……。

遅れましたが、今年もよろしくお願いします。

Posted by: (や) | Jan 04, 2009 at 20:34

激しくご無沙汰しておりましたが、今年もよろしくお願い致します。
いづみやのおやぢさんの部屋はこの写真に写っていない、逆サイドの方に圧倒された記憶があります。
読みかけというか、気になる部分をそのまま開いて伏せてある状態の本がこうモサ~~ッ!!っと積まれてて。その上にFrankie Jaxonの7吋盤が何気に置かれてて・・・。

はぁ。また遊びに行きたくなってきました♪

Posted by: chicekn reel stomp | Jan 06, 2009 at 22:25

どうもどうも、あけましておめでとうございます。
佐々木さんからは、昨年暮れに電話をもらったのですが、
ちょうど留守にしていまして。
ま、用件は分かっておりますが(苦笑)。
もし行くことがありましたら、よろしくとお伝えください。

では今年もよろしくお願いします!

Posted by: (や) | Jan 07, 2009 at 22:28

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/43622982

Listed below are links to weblogs that reference 文庫手帳2008より (2):

« 文庫手帳2008より (1) | Main | 文庫手帳2008より (3) »