« 文庫手帳2008より (4) | Main | Sweet Nothin's »

Jan 12, 2009

文庫手帳2008より (5)

Clambake_seven

いつまでも昨年のことを引っ張ってても仕方がないし、キリもないので今回が最後。というわけで、トミー・ドーシーのクラムベイク・セヴンのこのアルバムは、ドーシーのコンボも愉しめるが、要はイーディス・ライトなのである。
"The Milkmen's Matinee""Having Wonderful Time""Am I Dreaming"の素晴らしさ! 分かるかなあ。
結局のところ、ヘレン・フォレストにしろ、マキシン・サリヴァンにしろ、サラッと軽くスウィングしたヴォーカルが好きだなんだな、私。
"Head On My Pillow"におけるドーシーの涙チョチョギレのトロンボーン・ソロもグレート!

|

« 文庫手帳2008より (4) | Main | Sweet Nothin's »

Comments

アレ?きのうは遅くなったんで覗いてなかったんですけど・・・
(やっぱトミー・ドーシーで当たってたのかぁ)

おそらく、いやコレぁ間違いなくジャケ買いでしょ?
素晴らしいジャケットですがナ
(LPの魅力ってコレなんですよネェ)

ま、(言うたモン勝ち)理不尽なことが
まかり通る昨今の風潮に対し、1本筋を通すというか
世の中に常識良識のバランスを保つ
こういう事がこれからの世の中には重要ですナ
(オマエが言うな?)
あ、はい。

Posted by: ドクター | Jan 13, 2009 at 09:27

ビロードのようなと言えば、そりゃドーシーしかいなんじゃ…。
こんなジャケが好き? あれ?デブ専、もとい、豊満好きだったんじゃ。
あの実は私、これもう1枚持ってるんですが、
ところが中身は違うレコード(ドーシーのベスト)が
入ってるという…。
最初聴いたときは気付かなくて、2,3回聴いてるうちに
あれ?なんか変だぞと。
もしよかったら差し上げますけど。

Posted by: (や) | Jan 13, 2009 at 09:52

もちろん僕ぁ筋金入りのデブ・・・いや豊満好きですが
長くてキレイな脚もたまらんッ!
えッ?いつもいただいてばっかりで気がひけます
(せやけど欲チぃ)
ちなみにジミー・ドーシーのクラにもハッとさせられる
事もあるんですヨ
そんな事より僕また歯が取れました
今から出勤やのにエライことです
(歯医者行ってこ) run

Posted by: ドクター | Jan 13, 2009 at 12:10

近いうち送っときます。
中身は違えど、内容は素晴らしいので
一度はぜひ耳にしてください。
 
どうぞお大事に。

Posted by: (や) | Jan 13, 2009 at 12:48

ありがとうゴザイマス!
(おかげさまで歯はくっつけてもらいました)
それではいつものように体内からアルコールを抜き去り直立不動 
もしくは正座して拝聴させていただきます(ウソ)
それではお礼のしるしとして僕のエロ詩吟を・・・
(聞きたくない?)
あ、そうですか僕も安心しました。

Posted by: ドクター | Jan 14, 2009 at 10:15

私も昨年奥歯を1本抜きましたが、ようやく違和感がなくなってきたところ。

なるべく早く送りますので、しばしお待ちを。
ドーシーのまったりとしたサウンドに和んでください。

Posted by: (や) | Jan 14, 2009 at 21:36

着きました!
メールでお礼を言おうと思ったんですが・・・
ブログ読者も いまか・今か?(まだかいナ)
と気をもんでおられる事だと思いここに発表させていただきました、

バニー・ベリガンやデフランコさんのクレディットもあって
(嬉チぃ~なぁ~)
あの・・僕ぁ今月誕生日なんですヨ birthday
コレぁ誕生日プレゼントとして有難く頂戴しときます
(勝手にさらせ?)
ま、そうカタイ事おっしゃらず(言ってない?)
いつもド・厚かましいオッサンで恐縮してます

やっぱこのジャケ・脚・たまッらんッ!
この女性 実物見るとめちゃカワイイですネ heart02

ありがとう御座いました happy01

Posted by: ドクター | Jan 17, 2009 at 22:11

確かにクレジットにはそう書いてありますが、
何度も言いますように中のレコードは違いますので。
どうかそこを勘違いされぬよう。よろしく。

誕生日おめでとうございます。
まあ、おめでとうって歳でもないか。

Posted by: (や) | Jan 18, 2009 at 20:52

おひさしぶりです♪いつも拝見し勉強しております。
いやー素晴らしく魅力的なミイン(韓国語で美人)ジャケですね。これは、仮に僕が脱サラでカフェでも開いたら、間違いなく壁に飾るなあ!LPは入手難しいですか?

Posted by: ち~旦 | Feb 01, 2009 at 11:43

私の方こそ、いつも勉強させてもらってます。

Tommy Dorsey And His Clambake Seven - Having Wnderful Time
(RCA LPM-1643)ですが、
別にレアなものではないので入手は難しくないと思いますが、
かと言って、中古レコ屋を回って探すのは難しいかも。
でも、ち~旦さんなら探せるかなあ。
海外の通販サイトかeBayなら簡単に買えると思います。

脱サラしてカフェ、やっぱり憧れますね。

Posted by: (や) | Feb 01, 2009 at 21:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/43717612

Listed below are links to weblogs that reference 文庫手帳2008より (5):

« 文庫手帳2008より (4) | Main | Sweet Nothin's »