« 蒐集ノート/2009年夏 | Main | グッドマンに捧ぐ »

Sep 26, 2009

ジャグ・バンドのレコード (9)

Jug_band_9

久しぶりにジャグ・バンドのレコードです。今回は2枚。1枚目はCoralのEP盤「ジャズ・ミュージアム・シリーズ」から。
『Early Jug Band』とタイトルされた本盤は、オールド・サザン・ジャグ・バンドとフィリップス・ルイジアナ・ジャグ・バンドの二組が収められている。内容的には別段珍しいものではない。両バンドともRST盤、ジャズ・パースペクティヴ・シリーズの『クリフォード・ヘイズ&ザ・ルイヴィル・ジャグ・バンド』のそれぞれ第1集と第4集で簡単に聴ける。余談になるが、ジャグ好きは全4枚からなるこのシリーズはぜひコレクションしておいた方がいい。あるうち買うときや!だ。
CoralのこのEP盤シリーズはもう1枚、アラバマ・ウォッシュボード・ストンパーズ/アラバマ・ジャグ・バンドをカップリングした盤も手元にある。が、これらのバンドは当ブログでは散々取り上げてきたので、今回は省くこととします。

2枚目は、これは果たしてジャグ・バンドといえるか。なぜなら、ジャグ奏者がいないから(ただ、チューバ奏者がいて、これがジャグ的な効果を上げてはいるが)。
では、なぜあえてこれを「ジャグ・バンドのレコード」として取り上げるかというと、中村とうよう氏の次の一文による。
--------
最後に、ストリング・バンドとジャグ・バンドとジャズとのかかわりがそのまま戦後まで生きつづけてすばらしい音楽を生んだ稀有な実例として、ブラインド・ジェイムズ・キャンベルのレコード(Arhoolie F1015)をぜひお聞きになるよう推薦しておく。
「ジャグ・バンドをめぐって」/『ブラック・ミュージックとしてのジャズ』(ニューミュージック・マガジン社)
--------
こう言われれば、とりあえず聞かないわけにはいかない。
「稀有な実例」かどうかは当方、浅薄な知識にて何ともわかりかねるが、「すばらしい音楽」かどうかは、趣味の問題と絡んで意見の分かれるところではないか。私見ではやや平均的。

Early Jug Bands 1924/1930 (Coral 94262)
Blind James Campbell And His Nashville Street Band (Arhoolie F1015)

ガス・キャノンのスタックス盤、ニア・ミントとはいえ、ウィニング・ビッドが800ドルだって。あー。

|

« 蒐集ノート/2009年夏 | Main | グッドマンに捧ぐ »

Comments

山崎さん

ご無沙汰しております、木下です。
先々週、出張で、大分に行ってきました。九州はまだ夏でした。まあ、それはどうでもよくて、、、ガス・キャノンのスタックス盤がオークションに出てましたか?
最近、コレクトに対するやる気が低減気味で、ほとんどオークションもチェックせずじまいなもので、、、、。

しかし、まあ、$800かあ〜。
確かに、このレコードはレアですけどね、$800であれば、私は降ります。
ガス・キャノンのミントの78rpmで、その値段であれば、借金しても買いますが、ちなみに。

Posted by: 木下 | Sep 26, 2009 at 16:50

私の方は先月、実に久しぶりに東京へ。
もちろんレコードを買いにではありません。LPもCDも一枚も
買わず、どころかレコ屋自体行っておりませんのですよ。
渋谷のタワレコをちょっとのぞきはしたけど、これもただのぞいただけ。
というわけで、私も最近はコレクト熱が低迷気味であります。
たまに「おっ!」と思うようなブツに出会いますが、
「でも手持ちのもので聴けるしなあ」とパスすること度々。
リイシューCDも各レーベル行き詰まっている感しきりで、
何だか人生に張りというものが…。

SPなら800ドルでも! その情熱、あやかりたいものです。

Posted by: (や) | Sep 26, 2009 at 18:43

大分と東京(クロス・オーヴァーしたワケか)
SPに情熱を燃やす青年、
行きつくところまで行ったおっさ・・マラソン・マンか

800ドル?僕ぁ800円に情熱を注ぎこんでおるのです
(見たか オトコのロマンを・・) punch
見たくない?失礼おば致しました。 run

Posted by: ドクた、 | Sep 26, 2009 at 22:49

ドクた、殿

800円のレコードも100枚買えば、あっと言う間に80000円すよ。そして、ドクたの部屋には、唸るほどの枚数があるのでは、、、、。

来月は、金沢、京都へ出張です。うまいこと、金曜日に京都にて業務終了と目論んでいたんですが、残念ながら月曜日から金沢1泊、京都1泊のトンボ帰りっす。残念!(古い?)

Posted by: 木下 | Sep 27, 2009 at 02:14

> ドクた殿

行き着くところまで行っていればいいのですがね。
富士山の三合目辺りで早くもリタイアといったところでしょうか。

僕もつい先日、1000円でいいレコード買いました。パーカーです。
来月は山中千尋の新録が出るし、実に楽しみであります。

> 木下さん

800円のレコードを100枚買うか、80,000円のレコードを1枚買うか、
これは実に悩ましいテーマであります。
以前ほんの一時期、安レコ排斥運動の先頭に立ち「1枚1万円」の
看板を掲げましたが、実際これでは一カ月に2枚も買うのが精一杯。
ある程度量を聞きたい人間には無理な話で、早々に看板を下ろしました。

Posted by: (や) | Sep 27, 2009 at 10:07

山崎さん

私も、どちらかと言うと、興味ある新着音源は何でも聴きたいほうで、CDも、わんさか買います。でも、Ituneにぶち込んで、即、手放します。これにて、結果的に安価に、沢山の音源確保と相成ります。結構、こういうことやっている人、多いんじゃないかなあ、って思いますが、いかがなもんでしょう。
CD付属の解説書?そんなものは、スキャンして電子ファイルにしてしまいます。
(そもそも、CDプレイヤーなるものは、手放してしまい、持っていない。)

でも、LPは、そうもいかないですよね、流石に。レコ屋に行くと欲しくなってしまうので、LPを置いているレコ屋には極力行きません。

Posted by: 木下 | Sep 27, 2009 at 11:54

何だか往復書簡みたいになってきました。
近年、CDは売れなくなってきていると各方面より耳にしますが、
確かにiPodなどで音楽を楽しむのであれば、必要な音源のみを
ダウンロードすれば事足りるわけですしねぇ。
ドキュメントのCDなんか、昔はほんの2、3曲のために1枚買ったり
しましたが、今ではそんなバカバカしいこともしないで済むわけです。

しかしLPはホント安くなりましたね。
売りたくても二束三文、そのうち値段も付かなくなるんじゃ。
財産という視点で考えれば、800円100枚よりも80,000円1枚の方が
断然資産価値は高いですね。

Posted by: (や) | Sep 27, 2009 at 19:49


 最近eBayに
 Lightnin'のFIRE盤 NM ちゅうのが
 出てました
 武富士に走ろうかと思いましたが
 思いとどまりつつ成り行きを見学
 最終価格は$1480でしたねぇ...

 円高が進んで
 $=30円ぐらいにまでなったら
 入札に参加することに決めています

Posted by: がちゃこ | Sep 29, 2009 at 00:30

『MOJO HAND』私もウォッチングしておりましたよ。
ファイア盤は、状態のいいやつはほとんど見ないので、
久しぶりの“NM”がどれくらいまで行くかと思って見ておりましたが、
それにしても、でした。
同じくヘラルド盤(NM)も出てましたが、落札価格はファイアの
3分の1程度で、いくらヘラルドと言えどやはりファイア盤とは
「格が違う!」でありました。

実は私、同じ出品者が出していたダグ・クァトルバウムの
ブルースヴィル盤を密かに狙っていたのですが、
こちらは落札価格388ドル。
100ドルなら、と考えていた私なぞお呼びでありませんでした。

Posted by: (や) | Sep 29, 2009 at 09:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/46299803

Listed below are links to weblogs that reference ジャグ・バンドのレコード (9):

« 蒐集ノート/2009年夏 | Main | グッドマンに捧ぐ »